Small gardens(小さな庭から)

小さな庭で初心者ながらも 色々植えて育てています。
雪国の為、夏限定の栽培日記と日々の事、思った事など。

意地悪?

2017-07-08 07:51:11 | 些細な日常の独り言

私と同じ時間帯でフロアで働くHさんは勤務歴数年。
独身女性で年齢もまだ若い。
とはいえ、女の子 という年齢ではなく
女性 という言葉がしっくりくる20代後半(*^^*)

でも中身は10代と変わらないかも知れない………(^_^;)

持っている本質と言うものは
本人が問題意識を持って改善しようと思わない限りは
変わる事は無いのだと思うけれども

一風変わった捉え方をするので
例えば 何か注意を受けたり苦言を呈されると
意地悪された と思うらしい( ;´・ω・`)

つい最近では
私が10代のフロアの女の子に
「何故 事前に在庫チェックしとかない?」と注意した一場面を見て
私がその女の子に意地悪してると思ったらしい(((^^;)

当の女の子は恐らく意地悪とは受け取って無いと思うのだけれど
Hさんにとっては それすらも意地悪になるらしい(;´A`)

勿論 その注意も初回からキツイ言い方はしない。
初めの数回は教える様な形で
出来るだけ優しく話すのだけれど
何度となく同じ失敗を繰り返すと少しキツイ口調で言う。

一人の作業で完了する仕事ならば
どうぞご勝手に で済むと思うけれども
私達の仕事は 一人の力だけで完了出来ない。

失敗はしても構わない。
それを経験として自分の力に変えてくれるなら
むしろ失敗は良いチャンスとも思う。

ただ それを中々出来ない子が多いのが
最近の私の悩みでもある(^-^;


まぁ話を戻すと
私が意地悪を言っていると思って
こう言ってたんですよ、とディナーフロアリーダーに話したらしい。

そのリーダーはHさんと同年齢だけれど
こちらは女性と言う表現が似合う精神年齢。

Hさんとプライベートでも仲が良いけれども
その分 Hさんの性分も理解しているので
話を丸ごと信用したりはしない。
むしろ自分の事も 
自分の想いとは違う方向に曲げられて拡散される と嘆いている。

Hさんに悪気は一切無い。
感覚がちょっと違う人であり
こういう言い方をするとディスってる感じになっちゃうけれども
表現するならば 幼児のまま身体だけ大きくなったが相応しい。

意地悪言ってる と拡散されたとしても
私はキチンと誰に対しても順序だてて説明出来るので
一向に困る事はないし
Hさんにも それはあなたの思い違いと話す様にしている。

仮にマネージャーやエリアマネージャーに問われても
私自身は何の不都合もなく
度の越える様な叱り方はしていない自負がある。

捉え方の違う人間に
思い違いを説明する労力というのは半端なく大きい。
相手が理解するように説明するのは本当に大変だ。
それでも 彼女は半分も理解出来ていないだろう。

なら 黙ってこっちの言うことに従ってくれたなら良いのだけれど
それはそれで 数年勤務というプライドが許さないようだ。

何が一番ガッカリか と言われたならば
この子にとって 私は意地悪キャラなんだなぁ というとこかも。

いや 私だけじゃなく
フロアリーダーも仲良くしてても意地悪キャラになっちゃうし
彼女にとって注意をする人間は意地悪。


だから人間的に成長しないのだろう と
ガッカリ感が一層 増してしまった(*´・ω・)

旦那様に言わせれば
そんな程度の低い奴に構う必要は無い‼と
バッサリ斬られる(笑)
そんで、何故かお説教が始まる(。-∀-)

自分の時間やエネルギーを使う必要の無い相手に
それらを使うのは無駄というものだ と。

でも同じ時間帯で働いてる以上
全く無視とはいかないのだよ、旦那様(^-^;

言わなければ言わないで
私だけに何も教えてくれない と拡散された事あったなぁ……。

言えば意地悪。
言わなくても意地悪。

私は別に困らないけれども(いつでも理由を説明出来るから)
自分の為に そろそろ成長したら良いのに(´・д・`)


……………と思ってる事さえ
きっと 意地悪になっちゃうんだろうな(((*≧艸≦)ププッ


さて、意地悪おばちゃんは
そろそろ出勤です♪v(*'-^*)^☆

良い一日を|*´∀`)ノシ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今宵は手抜き&ジブリ映画でま... | トップ | 君の素直さは君の良いところ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

些細な日常の独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。