狭間に揺れて

どうか英雄とならぬように。英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。‪‬‬‬‪‬(芥川龍之介)

1週間前のコンサートについて。

2017-08-12 | 響きあるもの(音楽)
アレヨアレヨと言う間に、加藤登紀子さんのコンサートから丸1週間が経ってしまった。そろそろ記憶が怪しくなってくるので、備忘録程度にまとめる。

この日に僕が陣取ったのは、地元にある民営のホールの前列中央部。前から2列目だったので、加藤さんが朗々と歌う様子を間近に見ることができた。

コンサート終了後、急いでアンコール最後に歌った曲を収録したCDを探した。タイトルは『蒼空』。目当てのCDを見つけて買い、サイン会に臨んだ。

加藤さんは、『「今どこにいますか」(演目の1曲)が好きなの?』と一言。それに対し、『イチオシだった「蒼空」も素晴らしかったです』とお返事。

そのまま握手をしてくださり、『あなたの表情を、見ていましたよ』との大変貴重な言葉。母も『30年振りに聴くことができ、光栄です』と添えた。





実は、母も加藤さんのコンサートを祖母と聴きに行ったことがあるらしい。世代を超えて聴き継がれる加藤さんの歌は力強く、人々を支え続ける。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 快適な睡眠を求めて。 | トップ | 【世界】超長距離フライト、... »

響きあるもの(音楽)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL