狭間に揺れて

どうか英雄とならぬように。英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。‪‬‬‬‪‬(芥川龍之介)

乱れる政治の言葉(毎日新聞 2017年6月9日)

2017-06-09 | 虚しきもの(時事・国内)
安倍晋三政権の閣僚の言葉が崩壊現象を起こしている。被災者の思いを逆なでする復興相、憲法違反の疑いをそらすために言葉を言い換える防衛相、重要法案の答弁ができない法相……。安倍首相の言葉もまた、論点外しや感情的な言い回しが目立つ。政治家たちの言葉はなぜにこうも雑で、また無頓着なのだろうか。



国民に語りかける真摯さ欠如 ①不破哲三・日本共産党前議長



安倍晋三政権の空虚な言葉の背景には、政治に対する真剣さの欠如がある。国会での質疑や記者会見は、野党議員や記者の後ろにいる国民を意識して語りかける場だ、という真摯(しんし)な姿勢がない。講演や身内の集会になるとなおさらだ。「何を言っても平気だ」という意識が、失言や暴言を生んでいる。

「共謀罪」法案を巡る金田勝年法相の答弁が批判されている。与野党対決法案の成立を目指す時、以前の首相は担当閣僚の人事は慎重に行ったものだ。だが、今の与野党の力関係なら成立可能と踏めば、法律を知らない法相でも平気で任命し、熟慮なく国会に臨む。

最近驚いたのは、「共謀罪」法案について国連の特別報告者が安倍首相に、プライバシーや表現の自由の制約を懸念する質問の書簡を送ったことに対し、菅義偉官房長官が記者会見で「内容は不適切で強く抗議した」と述べたこと。「国連ごときが何事だ。日本の政治に口を出すのか」と言わんばかり。国際社会ではあり得ない。自民党政治の末期症状だ。

僕は55年体制下の1969(昭和44)年の衆院選で初当選し、その後、党書記局長として、歴代首相と多くの国会論戦に臨んだ。当時の自民党の首相は、もっと国会の討論を大事にしていた。

たとえば田中角栄元首相。自らの政治の弱点を野党に突かれた時も、そこに重大な問題があると思えば、逃げずに機敏に対応した。

74(同49)年の衆院予算委で、米原潜の放射能測定データの捏造(ねつぞう)を追及した時には、首相自身が「万全の体制をつくるべく全力を傾けたい」と答弁。新しい測定体制が確立するまで、183日にわたって原潜の日本寄港を停止させた。二十数年後に米政府の公文書公開で分かったことだが、キッシンジャー国務長官(当時)から「この事態は日米安全保障条約の重要部分の廃棄に匹敵する」など強硬な抗議が寄せられていた。それでも体制確立まで頑張ったわけだ。

福田赳夫元首相には78(同53)年、米軍が千葉県柏市に設置を計画した「柏ロランC基地」について質問した。原子力潜水艦が自らの位置を測定するための基地で、米国の軍事文書には「核戦争になれば真っ先に攻撃される」と書かれていた。このような基地を首都圏の人口密集地に置くことの是非をただすと、福田氏は「よく調査して決定する」と答弁。基地は1年後に撤去された。

どんなに激しく対立しても、当時の自民党は野党の指摘にも対応する姿勢があった。安倍政権が沖縄県の普天間飛行場移設問題で「辺野古が唯一の選択肢」として耳を貸さないのとは大きな違いだ。

そう言えば、当時は折に触れて与野党の党首会談があった。特に日米首脳会談などの重大な事案がある時は、歴代首相は野党党首とも事前の意見交換をした。そういうゆとりも、今は失われている。

70年代は国民の支持率で自民党は今よりはるかに強かったが、国会での論戦にはそれなりに真剣な対応をした。政権党に不可欠の、国会と国民に対する誠実さの欠如が、安倍政権の言葉の乱れ、政治姿勢の乱れを生んでいるのではないか。



「議論こそ本質」分かってるのか ②金田一秀穂・杏林大外国語学部教授



「皆さん、私の声が聞こえますか」。フランス支配下のベトナムで1945年9月、国民を前に独立を宣言したホー・チ・ミンの"第一声"だ。仏語が当然の状況下、ベトナム語だった。政治は「言葉」。そして、そこから出発する「議論」に政治の本質があることを、このエピソードは教えてくれる。

「論語」にこんなくだりがある。「政治で最も大切なことは何か」という弟子の問いに、孔子は「必ずや名を正さんか」と答える。言葉を正しく使うことが統治の基本であると。「言葉の意味が混乱すれば、刑罰など統治は乱れる。人々は正しい言葉に従うものだ」。政治家の言葉は重い。「綸言(りんげん)汗のごとし」とも言われるように、統治者の口からひとたび発せられた言葉は取り消すことはできない。

今の日本はどうだろうか。安倍晋三首相は自らの「そもそも」答弁について「『基本的に』という意味もある」と胸を張った。「辞書で念のため調べてみた」という。そんな辞書が本当にあるのだろうか。だが、その答弁に沿った閣議決定までしてしまう。

同じようにひどいと思うのが、議論を拒絶する姿勢だ。「共謀罪」などをめぐり国連の特別報告者らが日本政府の姿勢を批判した。日本国民の幸福を一生懸命考えて法案をつくったのならば、「喜んで議論しましょう」というのがまともな対応ではないか。それをいきなり「抗議する」と逆ギレする。思い出したのが、戦前、日本が国際的孤立化を深めていくきっかけとなったリットン調査団(32年)への対応だ。日本はまともな反論もせず、ケチを付けられたとばかりに国際連盟を脱退した。それと同じような事態が起きている。

「議論」が民主主義の原則だということを分かっているのだろうか。菅義偉官房長官が多用する「承知していない」「そのような批判は当たらない」などは、議論を止めてしまう話法だ。異なる意見を戦わせて高め合い、よりよい結論を導き出そうという弁証法的な議論をしようとしない。政治学者の丸山真男は、宗教的倫理観など共通の根を持つ「ササラ」型の西洋文化に対し、日本は共通の根のない「タコツボ文化」と指摘したが、その通りなのだろう。議論の仕方が分かっていない。議論しないから過度なそんたくが行われる。

もう一つ言えば、事象の概念を説明するものとして「分析の言語」がある。だが日本ではそれが実践に結びついて解釈されてしまう。実態は「戦闘」なのに、それではまずいからとばかりに「衝突」に言い換える。戦前の「天皇機関説」事件(35年)も同じように、分析の言語として「機関」が理解されずに、不敬だと指弾された。

政治というのはさまざまな価値観があり多層的だ。国民一人一人の人生がかかっている。単純なキャッチフレーズで語ること自体に無理がある。安倍首相の「日本を取り戻す」という言葉だって、本当に取り戻したい日本はどういう国なのか、考えていないのではないか。原爆の平和式典でのあいさつが前年とそっくりだと指摘されたことがあった。思うに「政治は言葉である」とは考えていないのだ。



発言の文案誰かに見せてる? ③デーブ・スペクター 放送プロデューサー



日本には俳句や短歌があって、描写の言葉も豊富で、やる気さえあればいくらでもきれいで印象に残る話し方ができる。なのに政治家たちは日本語を十分に活用できていないと思う。

政治家の失言の多くは演説やあいさつの時に起きている。事前に綿密な準備をせずに思いつきで話すからだろう。僕はあいさつが大好きだから、事前にネタを考えて準備する。ツイッターも思いついたことをそのまま打ち込むことはしない。下書きをして、吟味してからコピペしてエンターキーを押す。思いつきだけで社会問題や時事ネタを話すのは危険。復興相の「東北でよかった」発言も、スピーチの中のアドリブ部分だった。スピーチはよく準備されていたのに、思いつきでしゃべったところで失敗した。

失言の最大の原因は文案を人に見せていないことだと思う。自分の子どもや妻に見てもらえばおかしな表現は見つけられる。国会議員には秘書がいるのに、秘書ですらチェックできていないことが信じられない。

政治家は職業として影響力が大きく、話したことは記録され、後世まで残る。そんな貴重なチャンスを失言で台無しにしてはもったいない。話してコミュニケーションをとることは、国民の代表である政治家の重要な仕事。だから、しゃべりが下手な人は政治家の「資格」がない、「失格」だ、というくらいに考えた方がいい。

もちろん政治家は芸人ではないから話芸や話術がないのは仕方ない。そういう時に頼りになるのが、ことわざや格言、過去の政治家の語録だ。(歴代アメリカ大統領の)ケネディさんやオバマさんのスピーチを勉強してみてはどうか。トランプさんは引用しない方がいいけれど。そういう努力をすれば、印象に残る面白い話ができるようになるはず。

アメリカではあいさつを非常に大切にするから、スピーチライターがいるし、彼らの権威も高い。内容は徹底的にチェックされ、政治家はその通りに話す。日本の政治家も失言が心配なら、もっとスピーチライターを活用し、世界に自分の言葉を発信するくらいのことを考えてもいいのではないか。

安倍(晋三)さんはギャグもうまくない。もし(憲法改正にからんで)「読売新聞を熟読して」と言いたいなら、「皆さん、東スポ(東京スポーツ)を読んでくださいね。あっ、新聞の名前を間違えました」と話せば、聞いている方もニヤリとなる。「『そんたく』じゃないけど『洗濯』は毎日やっています」くらい言えれば、雰囲気がガラリと変わるだろう。

最近の国会中継で、最もしゃべりがうまいと感じたのは森友学園前理事長の籠池(泰典)さん。あの話術は素晴らしい。関西弁のイントネーションと言葉の選び方、声の張りが抜きんでている。内容は笑い話ではないが、しゃべり始めたら思わず全部聞いてしまう。だから、政治家の皆さんは一度真剣に籠池さんの話術を学んでみたらいいのでは。

政治家はあいさつの前はちゃんと準備して、誰かにチェックしてもらう。そして「目指せ、籠池さん」。これが今日の結論です。



持論展開と野党攻撃

最近は安倍首相自身の答弁姿勢のひどさが目にあまる。首相は5月、読売新聞のインタビューで「2020年に新憲法施行を」と発言。国会で追及されると「読売新聞を熟読していただきたい」と突き放した。学校法人「加計(かけ)学園」を巡る問題では、批判的質問には「印象操作だ」と直接答えず、一方的な持論の展開や野党攻撃に終始。5日の衆院決算行政監視委員会では、玄葉光一郎委員長が「質問にお答えください」と首相を再三注意した。



人物略歴

①ふわ・てつぞう
本名・上田建二郎。1930年東京生まれ。東京大理卒。日本共産党書記局長、委員長、議長を歴任。69年から2003年まで衆院議員11期。論戦した首相は佐藤栄作氏以来18人にのぼる。

②きんだいち・ひでほ
1953年東京都生まれ。国語学者、金田一京助氏の孫、春彦氏の次男。東京外国語大大学院修了。専門は国語学、日本語教育など。著書に「金田一秀穂の心地よい日本語」など。

③Dave Spector
米シカゴ生まれ。放送作家。1983年に米ABC放送の番組プロデューサーとして来日し、数多くの番組でコメンテーターを務めている。日課は3~5個の日本語の単語を覚えること。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一志望の企業より、初の内... | トップ | 重要な書類の確認。 »

虚しきもの(時事・国内)」カテゴリの最新記事