ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


新年に思うこと

2017年01月05日 | 中学受験 合格力随想

「読書や好きなことをさせて、お子様の情操性を高めたい」と、どちらの保護者の方もお考えになるところですが、実際には、受験勉強の間に読書に没頭したり趣味に力を入れたりする時間は、ほとんどありません。しかし、この両立は本当は簡単なこと。受験勉強を1年、長くても2年間に絞り、集中してやればいいことなのです。

何年も前から受験に向けて学習を詰め込んでおく必要はありません。早めにスタートしなければ間に合わないと言っているのは、本来、学習塾の都合によるものですし、強迫観念に苛まれた保護者の方のチキンレースの為せる業です。受験勉強は合格することを単一の目標とした学習ですから、確かにその期間はほかのことを犠牲にし、全ての能力を振り向けなければなりません。しかし、その期間は短期間あればあるほど、お子様の健全な発育を促す上では良いことなのです。

今の受験勉強、特に中学受験は末期症状にあると言ってよいでしょう。訓練していなければ決して試験時間内では解けないパズルのような問題が出題されます。一度解いていればすぐに解るのですが、初見ではほとんどその場で解き終えることのできない問題も数多く出されます。これを考える問題などと言う方もいらっしゃいますが、こんな問題は、解き方の知識を知っているかどうかだけの問題なので、考える問題とは言えません。そんな問題に対応するために、感受性の豊かな小学生の時期を長時間拘束し、学習以外の自由な読書や体験の時間を削るのはもったいないことだと思います。

公立中高一貫校の試験問題においても、最初は、教科書レベルの学習塾に通っていないお子様も対応できる問題を出すということが建前でしたが、今では私立中学の試験問題と同じように、やはり訓練していなければ短時間では解けない問題が続々と出されています。学習の意義ということを自覚のできた中学2.3年生ぐらいであれば、過酷な受験勉強は本人の成長の糧となるでしょう。しかし、小学生のまだ学習の意味の自覚のない時期に、詰め込めばできるようになる学習に長期間をかけることは、学習への感度の開発という観点からすると、プラスとマイナスの相殺を考えればプラスにはなりません。

これまでは、中学受験が必要だったことも事実です。中学受験で進学校に進んでいれば、学習の 先取りができ、難関大学や医歯薬系の高収入を得ることのできる職業選択も可能でした。また、今では進学系を標榜する公立中高一貫校でも、同じように学習の先取りが行われ、私立中学高校の成功例を追随しています。つまり、現在、公私立中学高校ともに高学歴を推奨する教育システムの道を邁進しています。

なにも私は、やみくもに高学歴や高度な学力を要する職業を否定するつもりはありません。逆に、なれるなら当塾の生徒たちみんなにそのようになってほしいと思っています。それは社会的に意義深く、多くの人々の力になれる仕事につながるからです。しかし、ナカナカそれは難しいことです。人はそれぞれに己が生きる場所があるはずだと思います。

お子様たちの適性の萌芽さえ垣間見ることのできない小学生時に、一つの指向性のみを求めるという教育の流れ、幅よりも深度を追及する教育の姿勢はいかがなものでしょう。大きな体積(ポテンシャル)は、狭い底面積より広い底面積の上に構成される方が安定性が高いのは自明の理です。まさに、この広い底面積こそ、豊富な読書体験ややりたいことにひたむきに取り組む中で得た成功や失敗の経験にほかならないのです。

毎年、小6の受験生が疲れて病んだのかと思える姿で訪れるたび、思います。絶対、早過ぎる詰め込み学習や過度の受験勉強は長い人生を考えるとき、百害あって一利無しなのだと。

ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『信じる心』を信じて | トップ | 国語は気合と理詰めで解く »
最近の画像もっと見る

あわせて読む