黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

世界の巨悪

2016年11月02日 | 日記
罪なき大勢の人々を殺した数で一番大きい、世界の巨悪というのは、ある本によるとルーズベルトとイギリスのチャーチルだという。

勿論、空爆を発明したチャーチルに実行したルーズベルトだ。それまで戦争は兵隊さんがするものだったが、その後方部隊と称して、女子供、住宅からあらゆるものを爆撃して、無抵抗な人間を数多く焼き殺した。

それが、米軍のベトナムから湾岸戦争まで、近代戦で無数の「怨念」をまき散らし、テロに発展している。歴史をたどれば、米英の卑怯な人間の発想がテロを作り出したと言えるのだ。

一般市民を無慈悲に殺傷する空爆は、国際法違反の殺戮であって、テロより罪は重いのだけど、大国が平気で先例を作り続ける以上、誰もそんな「正論」を吐くわけにもいかないし、そんな時代ではないね。

巨悪は他に、2000万人の自国民を犠牲にしたロシアのレーニンから、ブッシュ親子までいるぞ。
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明るい川底 | トップ | Came on man! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。