黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

日々成長

2017年06月14日 | 日記
送信from Y.Yoshizmi 園児バスに送られて戻ってくる隣の「とーまくん」を見ていたら、ついこの間までは、園児もサラリーマン並みに疲れ果てるのか、と思うほど、乗っている子供たちが草臥れて座席で居眠りしている。

起こされて降りてくるから、ふらふらだが、最近は元気溌剌で降りてくる。今日などは、送ってきてくれた付き添いの女先生に、降りてから「さようなら」と頭まで下げている。

園児教育おそるべし。すごいねえ、子供たちは日々成長する。日本も6,3,3の教育制度を見直して、中学辺りから寄宿舎に入るような集団生活をしたほうがいいかも知れない。

いや、小学生の学級崩壊だから、子供時代から様々な学校を認めて、現在の義務教育制度を見直すべきだ。
文科省の改革が必要だろうねえ。

さあ、そろそろ日々成長しないゾンビ達が腹を空かせて帰ってくる。

それにしても、昨夕の私の料理はうまかったのか、最後のデザートのお菓子まで残すものはなく、二人とも全部ペロリと食べてくれて、7時頃には、さっさと寝てくれた。実にありがたかった。
ジャンル:
びっくり
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 快感原則 | トップ | 芦原の風 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛成です (kyon)
2017-06-15 07:16:18
子供らが吸い取り紙のように物事を吸収するのをワタシは子育て中に実感したことがありました・・
そうなんですよ、何でも子供時代からの出会いとか感動とかが大事なんですよねぇ・・・
文部省側の個性の教育云々と盛んに言われた頃、その実態の虚実をとても違和感を持って感じていましたなぁ・・・どこが個性だ?と・・・それほどイッパ一からげの教育システムだった・・・ワタシの時代はもっと酷かったように思うしね・・・
そそ、文科省は変えなきゃならないと、ワタシも常そう思うよ。
柔らかい脳みそを窮屈にしてはいけないのよねぇ・・
はあい (店主)
2017-06-15 18:21:15
難し〜い、問題だから、はい、うん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。