黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

私のトマト

2017年09月23日 | 日記
もう、とっくにトマトの時期は終わっている。家庭菜園やトマト農家も大半は枯れたトマトの木を処分して、別のものを植えているに違いない。

私は強烈な西日が当たる、雪囲の中に、ミツワで買ったトマトの苗を3本植えてみた。雨が直接当たらない場所で、雑草はよく育つので、もしかして? と思ったのだが、あっという間に2本は枯れてしまった。1本だけが、かろうじて生き延びたが、少しも大きくならない。

日に一回、米のとぎ汁をやっていたが、土が悪いので、肥料をやるべき、というワイフのアドバイスで、根元近くに肥料も少々埋め込んだりした。そのうち枯れるだろうと思っていたが、夏が終わりに近づいて、次第に大きくなってきた。黄色い小さな花がポツポツと咲くけれど、実がなる気配は全くない。

「馬鹿ねえ」とあれこれ、言われたが、私は放置。日に一回は見てくるのだが、基本的に放置。すると、見るに見かねたのか、いつの間にか、ワイフが手入れを始めた。余分な芽を取らないと実ができないとかなんとか、いろいろ言っていたが、私の耳は馬耳東風。

ワイフは自分が作ったトマトなど、とっくに終わって始末したあとで、暇になったのだろう。私のトマトは、青々とした木が大きく育っていたが、実のなる気配は全くなかったのだ。

それが、なんとこんな時期になって、青い実をたくさんつけ始めたではないか!

日にわずかしか大きくならないけれど、もうこれだけで、私は満足だ。これが赤くなって食べれるなんてことになったら、奇跡だと思うしかない。はてさて、どうなることか。
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金木犀の香り | トップ | 秋分の日は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。