黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

私のトマト

2017年09月23日 | 日記
もう、とっくにトマトの時期は終わっている。家庭菜園やトマト農家も大半は枯れたトマトの木を処分して、別のものを植えているに違いない。

私は強烈な西日が当たる、雪囲の中に、ミツワで買ったトマトの苗を3本植えてみた。雨が直接当たらない場所で、雑草はよく育つので、もしかして? と思ったのだが、あっという間に2本は枯れてしまった。1本だけが、かろうじて生き延びたが、少しも大きくならない。

日に一回、米のとぎ汁をやっていたが、土が悪いので、肥料をやるべき、というワイフのアドバイスで、根元近くに肥料も少々埋め込んだりした。そのうち枯れるだろうと思っていたが、夏が終わりに近づいて、次第に大きくなってきた。黄色い小さな花がポツポツと咲くけれど、実がなる気配は全くない。

「馬鹿ねえ」とあれこれ、言われたが、私は放置。日に一回は見てくるのだが、基本的に放置。すると、見るに見かねたのか、いつの間にか、ワイフが手入れを始めた。余分な芽を取らないと実ができないとかなんとか、いろいろ言っていたが、私の耳は馬耳東風。

ワイフは自分が作ったトマトなど、とっくに終わって始末したあとで、暇になったのだろう。私のトマトは、青々とした木が大きく育っていたが、実のなる気配は全くなかったのだ。

それが、なんとこんな時期になって、青い実をたくさんつけ始めたではないか!

日にわずかしか大きくならないけれど、もうこれだけで、私は満足だ。これが赤くなって食べれるなんてことになったら、奇跡だと思うしかない。はてさて、どうなることか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金木犀の香り

2017年09月23日 | 日記
嬉しいね、玄関先を古い家の内部とガレージを往復するたびに、かすかに金木犀が香り出したのが分かる。よく見ると、小さな花が咲き始めている。この時期、この香りを嗅ぐと、秋の気配を強く感じるようになる。

そして、この時期、いつも何やら私は作業をしている。毎年金木犀は忘れずに花を咲かせて、香りを漂わせるが、その下を動き回っていた私は、いつの間にか、消えていくに違いない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断水予告

2017年09月23日 | ニュース
By Yahoo : [ 18c/26c/20% 59P67K ] 薄曇りのち晴れ

夜、一時的に雨が降ったせいで、午前中の薄曇りは幾分湿度がある。動くと蒸し暑い。しかし、気温が高くないので、作業日和。お二人がデーのお出かけ前から、大工作業を開始して、11時半、予定はすべてクリアーした。

最後は水道菅の止水工事で、目下、家中の水道が止まり、断水状態。作業は終了しているが、雨樋用セメダインが乾くのを気分的に待っている状態。多分大丈夫だと思えるが、念のため、30分間、待っている。

水道菅専用の接着剤もあるのだが、同じ塩ビの雨樋用セメダインは使いやすいし、多少の水気も跳ね除けるようで、接着力も強い気がする。知らないけれど..........。

水道の配管も、電気の配線と同じようにして、大元のメーター、元栓から家庭用でも、2、3ヶ所分配を区分して、第二の元栓を付けてくれると、手直しや修繕は非常にやりやすい。元栓一発で家中のすべての水道が止ってしまうのは、具合が悪い。行政も業者も、誰も考えないのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加