黄釈子Blog「My Days」By Yoshizumi From 昔

続「今日のTaWa言」:破綻銀行相手に10年戦い抜いて完全勝利した元原告団長の下り坂人生、日々の戯言です。

びっくり2

2017年09月01日 | 日記
この機械に、ロールされた青い稲を乗せて(機械が載せる)、で、ぐるぐる巻きにするのだが、見ているだけでも面白いのに、小柄で痩せた作業員の兄ちゃんが、大柄な背の高い男に機械操作などを教えている。機械が動いているときは、ジェスチャだったが、音が止まった途端に、彼らの会話が飛び込んできた。

英語? 英会話じゃないか! 大柄な見習いの人物が外国人で、若い作業員が、結構うまく、英語で喋っている!

[Jーアラート]:

 国民:あー、びっくりした! 驚くやないですか、やめてくださいよ、こっちだって、忙しいんだから。電車は止まるし、予定は狂うし、冗談じゃないっすよ! ほんと、 あ、だから冗談(Joke)アラート(警報)?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実労30分

2017年09月01日 | 日記
刈るだけなら、30分もかからない。作業者が携帯で、他の現場の段取りする時間の方が、長い。すごいねえ、機械の力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵を産む

2017年09月01日 | 日記
あっという間、小1時間もかけずに、目の前の稲田が機械ですっかり刈り取られてしまった。で、途中で時々、機械の後ろの蓋が開いて、ポロリと、まだ青い稲が籾とともに巨大ロールにされて、排出される。見ているだけでも面白い。あっという間の作業だ。

一枚の田んぼの稲が、7個ほどのロールになって、稲刈りは終わり。今度は、別の機械で、この稲ロールに薄い緑色の幅30センチほどのビニールをかける。クルクル回しながら、包帯を巻くように巻きつけて、こんもり包み込むのだ。これも面白い。

全ては専用の機械で操作する。一人で十分出来るのだ。出来上がった薄黄緑色のロールは、トラックに積み上げて運んでいく。確かに米を作っているのではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステイ・フロスティ

2017年09月01日 | ニュース
By Yahoo:[ 20c/29c/10% 78P67K ] 晴れ

雲一つない夜明け前の青空が広がっている。澄んだ大気に遠くの東の山の端の稜線が幾つか重なって、よく見える。

起床午前5時。気温20度。最後に刈り残された窓の下の、まだ青い稲田を渡る風がザワザワと音を立てる。相変わらず、そこそこ強い「秋風」が続いている。窓を開けると、さあっと家の中を走り過ぎる。半袖では、いささか肌寒い。

9月1日。

(時々、投稿途中でネットが切れていて、文章の大半が消える。こっちの頭が切れそうだ!)

ついに8月が終わって、新しい9月が始まったのだが、まず、この涼しさに先制パンチ。
体調不良などと弱音を吐かずに、心地いい刺激と受け流して、ただちに対応しよう。

長袖のTシャツ、どこにいったかなあ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加