徒然なるままに…
サッカーやF1を中心にニュースまで。
たまに疑問を誰に対してでもなく投げてるので分かれば教えてください!!!
 



決勝は雨模様ということで路面温度18℃、気温17℃である。
タイヤはウェット使用。

スタートは珍しくも何事も無く1コーナーを全車が通過して行った。
タイヤから水しぶきが激しくあがるが、こんな状態ではドライバーの視覚からの疲労も大きいだろう。

2周目佐藤琢磨はチームメイトのバトンをパスした。
昨シーズン移籍騒動のあったバトンは移籍する気配が無いし、バリは来るしで今シートが無いような状態を打開するのはかなりきついことだろう。

5周目にフィジケラがオールージュで手前で一気にクルサードを抜き去った。
あっさりと抜き差もつけた。

8周目にはずっとtail to noseだったラルフがバトンを抜いた。

10周目、オールージュで恐ろしく激しいクラッシュをフィジケラが起こした。
命を落としても不思議ではないほどマシンは大破しているが、フィジケラはすぐさま動けたことで問題ないだろう。
これでマクラーレンのモントーヤとライコネンの大きなリードは消えてしまう。
そして一斉にピットイン。
ウェット用はタイヤ替えてもOKらしい。
ウェーバーが早くもドライタイヤにして、燃料も補給し勝負に出た。
バトンはウェットを履いてコースに戻るもすぐさまウェットに履き替えるため再ピットイン。

フィジケラのクラッシュによるSCが無くなって直ぐに佐藤琢磨がマイコーのおかまを掘ってしまった。
もちろん2台そろってリタイア。
そして再びSCが入った。
後ほど裁定によってマイコーから小突かれた+ブラジルで10グリッド降格のペナが下った。

レースが再開して気がつくとトップモントーヤの後ろにトヨタラルフがぴったりマークし、ライコネンは少し差が開いている。
そして、1コーナーにクルサードがオイルまいてリタイア。

24周目にバトンが長い間連れ添ったヴィルヌーブをアウトから抜き去った。
ここでラルフは給油しタイヤをドライに替えた。
しかしこの選択は大きなミスで、その周のうちにコースオフをしてしまう。
これで他チームはウェットのままでいくだろう。
しかし燃料補給のタイミングであったラルフとしては、このタイミングでピットには入らざるを得なかったし、勝負をかけたがミスった。
すぐさまラルフはウェットに再び履き替えた。
これによってマクラーレンのワンツー体制になり、TOYOTAの初優勝は現実的に厳しいものとなった。

残り15周、カーティケヤンはスーパーショートカットを使ってヴィルヌーブを抜いていった。
実際はヴィルヌーブにコースから追いやられた形だけど…。

残り12周最後のピットインをするアロンソはウェットのままピットを出て行く。
コースは少し乾いてきたが、まだまだ濡れている箇所は多い。
堅実な作戦だろう。
それにしてもマクラーレンぶっちぎりだなぁ。
そこでモントーヤがピットイン。
巧みなチームオーダーでライコネンをトップにもっていった?
ライコンンは速いし、アロンソは抑えられるし巧い作戦だなぁ。
バトンとピッツォニアが最後のピットイン。

残り10周でライコネンがピットインし、ウェットタイヤでモントーヤのかなり前でコースに復帰した。
このままトップでチェッカーを受けそうである。

残り9周となったときにヤルノが単独クラッシュ。
ドライバーは無事だが…やはりタイヤが原因だろうか。

残り8周でライコネンとアロンソの差は23秒にもなる。

残り6周バトンが来期チームメイトとなるバリチェロをパスして4位に浮上した。

残り4周でバリチェロがピットインし燃料補給をしドライに履き替えた。

残り3周になる直前にモントーヤがピッツォニアのトラブルの煽りを受けてリタイア。
ライコネンのサポートとマクラーレンのポイント稼ぎがチェッカ-寸前で消え去った。
ピッツォニアはこの日25歳バースデーらしいがご愁傷様。
こちらの裁定は罰金8000ドルだったかな。
次戦はニックハイドフェルドが復帰する予定のため、グリッドの罰則ではなく金になった。

残り2周でウェットのマシンが2分かかっている中、バトンは1分53秒台を出しアロンソに襲い掛かる。
バトンはファイナルラップでベストタイムを出すが時すでに遅く、ライコネンがトップチェッカー。
アロンソは2位になり、ライコネンとのポイント差は2ポイントしか縮まらず、25ポイント差。
3位に猛追のバトン、4位にウェバー、5位バリである。
ちなみにピッツォニアは完走扱い。


こりゃほんとに来シーズンの佐藤琢磨のシートは無いなぁ。
トップでも表情の暗いライコネンとは対照的にアロンソは2位でも笑顔。
アロンソはちょいとポイントを取ればチャンピオン決定である。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 13 )



« 【天気】天気... 【サッカー】誤審 »
 
コメント
 
 
 
F1佐藤琢磨が悪い (Bitcafe)
2005-09-13 23:16:28


B・A・R Hondaの佐藤琢磨は現地時間(以下、現地時間)11日、サーキット・ド・スパ-フランコルシャン(1周6.976km)で行なわれたベルギーGP決勝に5列目10番グリッドから臨み、一時は6番手までポジションを上げたが、14周目にミハエル・シューマッハ(フェラーリ)との接触でリタイアとなった。

レース後、佐藤はチームのプレスリリースを通じ、「冷えてしまったタイヤやブレーキの影響で、マシンを止めることがとても難しく、運悪く彼に追突してしまいました」と語った。
 
 
 
トラバありがとうございます (naonao7024)
2005-09-13 23:33:58
来期の琢磨どうなるでしょう?

琢磨がいなくなったらF1見てもツマんないなあ。



中島悟のころから日本人ドライバーしか興味なかったですから^^;



今のキミ(ライコネン)はすごいなあと思いますけどね^^。
 
 
 
お初です (HAL)
2005-09-14 00:45:53
とらばありがとーっす。

琢磨はサムライ根性出しすぎっす・・・

確実にポイントを取ってもらいたいっすよね。

無理して仕掛けて自爆ってのが

傍目から見ても多い気がするっす・・・(-(ェ)-;)

ではまた(*'(ェ)')ノ
 
 
 
琢磨君… (r.kimisama)
2005-09-14 11:02:06
TBありがとうですぅ♪

琢磨君…去年までの攻めの琢磨君が、今年は…空回りの琢磨君になってる気が。

攻めではなく、焦りが先行しちゃって…攻め際を間違えてる。

うぅーん。これじゃあ…来期シートは厳しいですよねぇ(x。x)゜゜゜

MCLはツキに見放されすぎで悲しいです↓
 
 
 
TBありがとうございます。 (bitman)
2005-09-14 22:11:01
琢磨も今年は悪運が強すぎるようです。来期が心配です・・・。ザウバーもBMWに買収されたし、ジョーダンもミッドランドに。ついにミナルディもレッドブルに買収されました。来期はどうなることやら・・・・・・。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ベルギーGP 日曜日 決勝 ライコネン優勝! (peculiar-F1-kimi)
1 K・ライコネン マクラーレン 1:30:01.295 10 2 F・アロンソ ルノー + 28.394 8 3 J・バトン BAR + 32.077 6 4 M・ウェーバー ウィリアムズ + 1:09.100 5 5 R・バリチェロ フェラーリ + 1:18.100 4 6 J・ヴィルヌーヴ ザウバー + 1:27.400 3 7 R・
 
 
 
F1 世界選手権第 16 戦ベルギー GP (studio.452 BLOG)
数あるサーキットの中でも屈指の名コーナー、オー・ルージュを持つスパ・フランコルシャンで行われた F1 第 16 戦ベルギー GP。 ここでフェルナンド・アロンソがキミ・ライコネンに 4 ポ
 
 
 
F1第16戦ベルギーGP (erabu)
スパ フランコルシャン サーキット。6.976km×44周。 決勝(9/11)
 
 
 
F1第16戦、ベルギーGP・・・琢磨ノオォォォォー!!! (駄目人間夢日記)
というか、フジテレビの陰謀(ただの選挙)か?放送開始が遅すぎだ・・・仕事中何度も睡魔に誘われた・・・。 F1=ベルギーGP決勝、ライコネンが今季6勝・アロンソ総合Vは持ち越し (ロイター) - goo ニュース  自動車レース、F1世界選手権の今季第16戦、ベルギーGP
 
 
 
ベルギーGP (月光花)
マシンパワーとドライバーテクニック。 その二つの融合として、もっとも高いクオリティが求められると言われているが、このスパ・フランコルシャンサーキットです。 そしてこのレースを難しくするもう一つの要因が、シリーズを通じてもっとも気分屋だと言われている天候。 .
 
 
 
ベルギーGP★どんがらがっしゃん (今日の雄叫び)
予選が見れなかったので、スタート順位だけ確認した。 マクラーレンの1-2スタートか。このまま行った行ったで逃げ切ることができるのか?ミハイルの前にラルフがいるし、今週も面
 
 
 
今年のF1はやっぱり面白い! (みずたま通信)
録画しておいたベルギーGP本戦を、やっと見ましたよ。 今回はコースの難しさに、\"雨\"という要素が入って、最初から最後まで何が起きるか分からない、実にスリリングな44週でした。 クラッシュも多かったしね。 特にモントーヤが2戦連続でリタイアしたために、アロンソ
 
 
 
ベルギーGP(スパ) (のほほん道(たび))
ベルギーGP(スパ・フランコルシャンサーキット)で第16戦が行われました。 スパは高速サーキットでドライバーにとっては…走りがいのあるサーキット♪ 今年はウエット状態で、予選は無難に各マシーン走った感があります。 予選の結果は…こちらから今回は路面がウ
 
 
 
第16戦 ベルギーGP 決勝。もう悲しくなってきた…。 (OdyssEy RB.ISM Blog)
今回はスパ・フランコルシャンでの第16戦ベルギーGPです、例年スパウェザーと言...
 
 
 
最大の敵は、自然 (weblog@stella cadente)
2005 F1世界選手権 第16戦 ベルギーグランプリ / スパ・フランコルシャンサーキット Podium: Winner:キミ・ライコネン(チーム・マクラーレン・メルセデス) 2位:フェルナンド・アロンソ(ルノーF1チーム) 3位:ジェンソン・バトン(BAR Honda) スパと言えば、
 
 
 
F1ベルギーGP (new sentiment)
今週はスパ・フランコルシャン・サーキットですね。 F1が開催されるコースの中で最長です。 山間に位置するために天候が変わりやすくスパウェザーと呼ばれています。 やっかいな
 
 
 
F1世界選手権 第16戦 ベルギーGP 決勝 ライコネン意地の6勝目!! (気ままなNotes...)
 2005年F1世界選手権第16戦ベルギーGPの決勝が11日、スパ・フランコルシャン・サーキット(全長:6.976km、44周)で行われ、天候不順、クラッシュによるセイフティカーの導入などの波乱の中、マクラーレンのキミ・ライコネンが意地の今期6勝目で優勝した。同僚で2位となってい
 
 
 
F1ベルギーGP綴り (ムスビメノマホウ)
 決勝結果 順位 No. ドライバー   チーム  1  9  K.ライッコネン ウエスト・マクラーレン・メルセデス  2  5  F.アロンソ   マイルドセブン・ルノーF1チーム  3  3  J.バトン    ラッキーストライクB・A・R Honda  4  7  M.ウェーバー  BMWウィリ