れっちゃん一家の日常、ときどきデンマーク住宅

音楽と猫が大好きなれっちゃん一家。デンマーク住宅(odinhome)が完成し、家族5人とChipieたんの日常記録です

No.1124 ■自分が100%信頼できるハウスメーカーさんと出会えたら最高です♪

2017-03-26 00:38:00 | 住宅について思うこと
先週福岡に行った際、前から訪れたかったハウスメーカーさんをようやく訪問することができました(^^)

以前にもご紹介したことがあるフーセットさんです



住宅街の中に素敵な小路が



レンガ敷きの先には緑と枕木のアプローチが続きます



結構長い小路です

そしてこの奥まった先には



ミモザの樹に囲まれたHusetさんのオフィスがあります



どうですか

素敵だと思いません?

不動産的には評価されない長大な敷地延長部分がこんなに素敵なアプローチになりました!

ちなみに、後で聞いたのですが、この建物は借りているもので、築50年以上の平屋日本家屋なのだそうです

それを自分たちでリノベしてオフィスとして使っているとのこと



デンマークの街中にある雰囲気です(^^)

小路を進んできたら突然デンマークが現れた・・そんな印象を持つ人もいるかも(笑)

Husetとはデンマーク語で家を意味します

英語で言うと「the house」になるようです


以前の記事 → 素敵なハウスメーカーさんとの出会いは運命的

フーセットさんはデンマーク住宅を作られている小さな会社です

これも前にご紹介した記事ですがDFHに参加されています

このDFH(デンマークファミリーハウス)に参加しているところは、残念ながら例外なく小さな会社しかありません

このため、うちを含めたデンマーク住宅はどうしても供給の絶対数がまったく少なく、世の中に増えていくきざしもないのが残念です

そのデザインはあくまでオーソドックスでシンプル

いわゆる奇をてらったような空間や斬新なものはありません

そして、素材を大切にし、メンテナンスは必要ですが(自分ですることが可能)年月がたてばたつほど満足感を得られるものを使用します

なお、メンテナンスをすることができるのと、新品に取り替えるというのはまったく違うものです

新品に取り替えるしか方法のないものは、いわば最初が最高で、その後は劣化するだけと言えます(これに対し、メンテナンスすることで魅力を増すものは経年で価値が棄損されるということがありません)

また、絶対性能基準が高いドイツや北欧の住宅では当たり前と言える、全館同じ温度で一年中快適に過ごせることが普通に実現できます


ところで、注文住宅を建てるとき、多くの方は住宅展示場を訪れると思います

そして、いま展示場に出展しているハウスメーカーならいいものを使って高性能なものが当然できると思ってる方が多いと思います

しかし、残念ながらそうとは限りません

もちろん、住宅の何に重きを置くのかは人それぞれですので、例えば私がいいと思っていることをまったくいいと感じない方もいらっしゃるでしょう

自分でメンテナンスなんてごめんだよ・・という人も多いかもしれません

そのあたりはほんとに感性の部分も多いため何とも言えませんが、私は結果的にいまのデンマーク住宅に出会えたことに満足してます


また、家作りにおけるハウスメーカーや工務店はパートナーだと私は思っています

日本的な感覚だと、施主は発注者あるいは客だという意識の方も多いと思いますが、それだとやはりうまく行かなくなることが多い気がします

同じ共通の目的を実現するためのパートナーとして、信頼しあって進めていくことが出来れば幸せですよね

結婚相手を探すのに似ている気がします(笑)

途中でもし相手のことを信じられなくなったら不幸以外の何ものでもありません

もちろん、そんな風にうまく進められる秘訣や方法があればいいのですが、残念ながら知りません

それでも、今はやるきになれば自分で様々な情報を得ることが出来ますので、まずはやはり十分調べられることをオススメします

自分がきちんとした情報を持っていないと、その相手を信頼できるかどうかも判断できませんよね

そして自分が(相手を)信じられると思ったら、あとはとことん信じきることが大切です

盲目的になれと言っているのではありません

勉強して情報を得たと言っても、私たちは所詮素人です

技術的なところは信用した相手を信頼してお任せすることが大切だとも思います

一方で、現場では予想しなかったことが起きる可能性もあります

それでも、お互いをリスペクトした関係であれば、様々な問題について的確な対応ができ、うまく対処ができるはずだと思います

これから家を作られる方が、自分の理想とまではいかなくとも、感性の合った信頼のおけるパートナーと巡り会えることをお祈りします

そういったところが見つかればいいですね♪

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1123 ■せっかく福岡に来たので・・太宰府天満宮と九州国立博物館(^^)

2017-03-20 12:40:00 | 旅行など
さて、せっかく福岡に来て、しかも翌日休みなのにそのまま帰ったらもったいないということで(笑)



太宰府天満宮に行きました



駅を降りるとずっと両脇にお土産屋さんが並びます

朝10時過ぎに行ったのでまだそれほどすごい人ではなかったのですが、その後どんどん混んできましたね



スタバがなんだかオシャレ?

結構みんな写真撮ってました

今回まわりにいた方の7割以上は韓国、中国の方のようでした

日本語より他の言語の方が優勢です(^^;)



お店では気軽にテイクアウトして食べ歩きが出来るようになっています

その中で気になったのが



あまおういちご大福最中(  ̄ー ̄)ノ



抹茶をchoice!

まいう~♪です(^^)

さらに



太宰府天満宮の名物「梅ヶ枝餅」

その場で焼きたてのアツアツを食べます



これも美味しい!

さて、食べてばかりではありませんよ(笑)







麒麟の像です



こっちが鷽(ウソ)



説明書きがありました



もちろん並んでお参りもしてきました!



こちらは宝物殿(有料)











ここのいいところは、全て撮影OKなのです(もちろんFlashはダメですけど)

ところで、日本のこういった施設はほとんど撮影NGですよね

でも、海外では博物館であろうと美術館であろうと撮影OKのところがほとんどな気がします

このあたり、OKにしてほしい と思いませんか?

何ゆえダメなのか?

もちろんマナーは必須ですし、場合によっては撮影NGの場合もあって構わないです

でも、日本の大多数はただ安易にダメとしているとしか思えないです


さて、この太宰府天満宮のとなりには九州国立博物館があります

ここまで来たのでそこにいかない理由はありません



でーん!



とても斬新で巨大な建築物です!



中に入ると吹き抜けの大空間があり、展示は4階までエスカレーターで上がります



日本に国立博物館はいくつあるか知ってますか?

国立科学博物館などジャンルで分かれているものを除くと、東京、京都、奈良、そしてこの九州の4つということです

中の展示物はその地域性を生かし、中国、朝鮮半島との繋がりを色濃く感じさせるものが多くあります

邪馬台国の存在した場所として畿内説と北九州説があるのは有名ですよね

どちらが真偽はともかく、北九州にそういった優れた文化が存在したことは事実ですし、そちらに重点を置いた展示になっています

さて、この九州国立博物館・・内部の撮影は全てNGです(*_*)

ところで、あれだけ隣の太宰府天満宮にごっそりいた韓国、中国系の観光客の方々は、ここには全くいませんでした

欧米系のYouがちらほらいらっしゃいましたね


ということで、太宰府天満宮と九州国立博物館で5時間以上費やし(くたびれた!)無事に帰路につきました



帰りはもちろん空路(^^)

そして、ひそかに楽しみにしていたスターフライヤーです

この真っ黒な機体かっこよくないですか?



機内もCAも全て黒で統一されてます





これはHPから借りました



椅子のピッチもなんだか少し広いように感じていいです







アメニティやグッズも黒で統一

かっこいいですね♪



快適なナイトフライト(  ̄ー ̄)ノ


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1122 ■せっかく福岡に来たので・・櫛田神社と屋台

2017-03-18 22:15:00 | 旅行など
せっかく福岡に来ましたので、仕事が終わってからいろいろと・・(笑)

しかも翌日は休みですので(^^)



山笠で有名な櫛田神社



Youもいました!



写真撮ってるの見てたら・・そのまま水飲んじゃだめですよ~♪



これが祇園山笠だそうです



でかいです



こっちは裏側



同じ敷地内?に稲荷神社があります



暖かくて梅がきれいです



この小便小僧のようなのは何?(笑)



稲荷神社なので、朱塗りの鳥居があります



伏見稲荷みたい?(笑)


そして、せっかくなので博多の屋台へも(  ̄ー ̄)ノ



建築中?(笑)

春になって無断熱でも暖かかった♪



中洲の屋台街です



まだ早い時間帯だったのですんなり入れましたが、後は結構混んできたみたい



でも、実際に地元の方はこういう屋台って来るんですかね?

何だか思いっきり観光客用の感じがしました



一人屋台だったし・・あっという間に食べて出ました(というより出された)

でも、入っていた他のお客さんも次々と入れ代わります

ワンオーダーで追加出来ないって言われました

勝手がわからなかったのでメニューに書かれているもの適当に頼んで終わってしまいました(^^;)



ビール1本、おでん3品、焼き串4本で1700円!所要時間はおよそ20分

お店の人は忙しくて(どんどん客来るし)話す余裕なし

だからこっちも注文して、出てきたものを食べたらすぐ店を出る感じで余韻も何もなしでした

屋台を食べ歩きとかするんでしょうけど、完全に観光客向けなのかな・・と思いました

1700円でも、もう少しゆっくり食べたかったな





せっかくなので、博多ラーメンも〆でいただきました(笑)



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1121 ■みずほの指定席は座席が広い♪

2017-03-17 00:42:45 | 旅行など
仕事で博多に来ています



それにしても、早朝家を出て9時には名古屋について仕事開始・・

昼過ぎには大阪に移動し、夕方まで仕事

ようやく終わったので同僚と新大阪の「だるま」で串カツ♪



超混んでますね!

一時間の完全交代制で出されます



うまいっ!



プレモルもうまいっ!(笑)

そしてそこで同僚と分かれ(向こうは日帰りで帰京)

私は一人博多へ向かいます



はじめてのJR西日本の車輌



「みずほ」です

そして、この「みずほ」の座席が豪華&ゆったり仕様でびっくりしました



これ、グリーン車ではありません

2席&2席の幅広ゆったりピッチには感動!(^^)


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.1120 ■エコカラットはもちろん素敵ですけど・・

2017-03-12 14:05:00 | 小物・アイテム
家をプランニングしていた当時、気になってぜひ取り入れたいと思っていたものに「エコカラット」がありました

調湿作用や空気をきれいにするといった機能面のアピール(効果の真偽はわかりません)もさることながら、何よりLIXILさんのショールームでエコカラットをはじめて見て、何て素敵なんだろうと思いました

でも、わが家では結果的にエコカラットを採用しませんでした

そして

本物のレンガを一面に貼りました♪



結果、大満足です(^^)



もちろん、一枚一枚手で貼るものです

一枚ずつ形状が違っているので、表情がものすごく豊かになると思います



不揃いな形状が、作り出す陰影をぐっと魅力的なものにしてくれます♪


エコカラットを導入しようと思っている方の多くは、部屋の中にアクセントをつけ魅力的な空間を目指そうとしているんだと思います

レンガや石、またはタイルなど、そういうのをイメージしたエコカラットも多いですよね



玄関入った正面は天然石(トラバーチン)のモザイクストーンを使いました



これも一つ一つ、形も色も微妙に違います

とても雰囲気のある豊かな表情に満足しています



どうでしょう(^^)


エコカラットももちろん素敵なとても優れた素材だと思います

でも、最初からエコカラットありきでプランされていて、こういう方法(選択肢)を考えていない方もまた多いのでは?と想像します

気になる材料・施工費は?

キチンと比較できるだけの材料を持っていないのですが、うちをプランした時はエコカラット採用とたいして変わらなかった印象でした

人それぞれですし、好みの問題なのでどちらがいいとか悪いとかというものではありません

でも、うちでは二重丸の満足ポイントです

ただ、こういうプランニングを提示してもらえないと発想に結び付かない場合も多いのではと思います

本物いいですよ(^^)

もし参考になる方がいらしたらうれしいです


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加