DM ドリームメーカー

デュエルマスターズというカードゲームに子供より嵌ってしまった親父ブログです。

自由な旅人 エピソード1.少年の店

2017年07月26日 20時37分16秒 | 交流の一里塚
日豊本線坂ノ市駅を降りると、そこに懐かしい顔が待っていた。

ガガさんである。

再会を喜ぶ固い握手をした後、『徒歩』でプレイショップロケットパンチに向かう。

お店に入るとそこには、マジンガーZと少女の2ショットがお出迎え。

いつの間にかガガさんはこのお店の店長になっていた。
(社長は、マジンガーZなんだってw顧問はkanjuさんなのかしらw?)

広いそして明るい店内には、すでに元気な子供たちが溢れかえっていた。

VIPルームに引き籠ってガガさんと積もる話をする。

何もかも懐かしい・・・

その内、ガガさんが子供たちにこのオジサンとデュエルしてあげて下さいと声をかけてくれるや

我も我もと列がつく。

赤の他人とデュエルするなんて何年ぶりだろう???

そんな感慨に浸る間もなく次々と子供たちが襲い掛かかってくるw

よーし、おっちゃんは、デッキを10個持って来たんで負けるたびにデッキを変えるよー

我ながら久しぶりとは思えないぐらい、少年たちを煽りながらデュエルを始めた。

余裕だろうと油断すると一気に行かれる。

何しろ向かってくる子供たちの4人のうち3人ぐらいは『ジョーカーズ』である。

ニヤリーゲットは入っていないけど、ナッシングゼロは必ず3ヒットする破壊力w

ジョリーザジョニーは、ブロッカーかいくぐって来るしね。

子供たちが好んで握っていて、それでいて強いんですから『ジョーカーズ参上』以降の商品戦略は大成功ですね。
(中の人いい仕事してますね。)

そんな中で、その日無双の強さを発揮したのは、6個目のデッキとして登場したもう一つのジョリーザジョニー

ガガさんが貸してくれたのは『勝利プリン』と『ジオザマン』だけだったけど・・・

初日はこれで30戦以上負けなかったですねw

ワイルドサファリジョニー
3 x 百族の長 プチョヘンザ
1 x 剛撃古龍 テラネスク
1 x ボルバルザーク・エクス
1 x 無敵剣 カツキングMAX
3 x ジョリー・ザ・ジョニー Joe
3 x トップ・オブ・ロマネスク
3 x 青寂の精霊龍 カーネル
1 x 斬隠オロチ
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
2 x フェアリー・ライフ
3 x 獅子王の遺跡
3 x 超次元フェアリー・ホール
4 x エール・ライフ
3 x 大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル
3 x レインボー・スパーク
2 x フェアリー・シャワー
3 x 謎帥の艦隊
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン

大分の子供たちにジョリーザジョニーは赤い方が強いという間違った知識を植え付けてきましたwww

気が付けば、3時間ぶっ通しでデュエルさせてもらいました。

でも旅はまだまだ始まったばかりである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関門海峡波高し ~プロローグ~ | トップ | 自由な旅人 エピソード2.~G... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

交流の一里塚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。