DM ドリームメーカー

デュエルマスターズというカードゲームに子供より嵌ってしまった親父ブログです。

Simply Red - Holding Back The Years

2016年10月13日 23時14分22秒 | デッキ
Simply Red - Holding Back The Years


初めてのドラグナーを楽しんでいます。

カードを選ぶときには、色々欲張ってしまいます。

カードの内容だけ見ると、なんかいい感じだなw・・・と思いますが・・・

実際に使ってみると期待していたほど動かないこともよくあります。

結局速さを追及すると、単純な赤単が安定するみたいです。

グールと革命チェンジは今度の楽しみにとっとこ・・・


で、ライドンを再び入れてみたんですが、


1.ライドンが場に出たとき、アンタップしてるアイラを重ねるときもドラグハートウェポンはライドンに引き継がれるのか?

2.もし引き継がれるのなら出したばかりのアイラについてたプロトギガハートが龍解するとき、召喚酔い扱いされるのか?

どなたか、教えてもらえないでしょうか?

もしいけるのなら・・・

1ターン ブレイズクロー
2ターン オニチャッカリ爆ゾウ
     ブレイズクロー 1パンチ
3ターン ライラフィズ+プロトギガハート
     爆ゾウ攻撃時にライドン侵略でライラフィズとギガハート 4パンチ
      (なんか踏んでもオウギンガに龍解)
     ブレイズクロー 止め

って、3キルルートも可能ですよね?

『アイラブ赤単』
4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
2 x 螺神兵ボロック
4 x 斬斬人形コダマンマ
3 x 爆襲 アイラ・ホップ
3 x 爆煽動 アイラ
4 x 音速 メテオ08
3 x 龍覇 アイラ・フィズ
3 x ライラ・アイニー
4 x 鬼切丸
3 x オニチャッカリ 爆ゾウ
3 x デュアルショック・ドラゴン
4 x 音速 ライドン
2 x 斬鉄剣 ガイアール・ホーン/熱血龍 ザンテツビッグ・ホーン
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 熱血剣 グリージーホーン/熱血龍 リトルビッグホーン



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラグハートバージン | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (シルク)
2016-10-14 16:34:02
お久しぶりです。復帰されてからも毎回楽しく見させて頂いております。
さて、質問の件ですが、後者は総合ゲームルールや過去の回答を参照し、前者については本日事務局確認を行いました。

1:ライドンが場に出たとき、アンタップしてるアイラを重ねるときもドラグハートウェポンはライドンに引き継がれるのか?
回答:「音速 ライドン」がウエポンを装備した状態になる。

場から場への移動の為、1度も場を離れていないので、ウエポンが外れるといった現象が起きない。
今回の場合、音速 ライドンの下にウエポンを装備しているアイラを下に置く際、そのウエポンはアイラに装備状態を維持したまま下に置かれ、結果としてライドンがウエポンを装備した状態となる。
(アダムスキーの場から場へのS級侵略と大体同じ。)

2:もし引き継がれるのなら出したばかりのアイラについてたプロトギガハートが龍解するとき、召喚酔い扱いされるのか?
回答:ドラグハートは場に出たターンに龍解しても召喚酔いをする。

あくまでサイキック・クリーチャーや進化クリーチャーはルールによって「その状態である限り、召喚酔いの影響を受けない」というものであって、ドラグハートは召喚酔いが解けるルールは存在しない。
(なので、例えば出したターンに覚醒したサイキック・クリーチャーは、そのターンに解除されると召喚酔いに戻る。)
ドラグハートはウエポンとして場に出たターン、あるいはフォートレスとして場に出たターンに龍解しても召喚酔いをしている。
ウエポンの状態、またはフォートレスの状態で1ターン経過してから龍解した場合は、召喚酔いをしていない。

なんだか難しくなってしまって申し訳ないです。

ちなみに、先日の記事で「超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン」の入ったデッキを公開されていましたが、少し難しい裁定にはなりますが、侵略を使うと出したターンにMMB6を行える面白いコンボがありますので、もしよろしければ是非ご覧下さい。
http://deneblog1.blog50.fc2.com/blog-entry-5281.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。