We Want The FUNK

ギターと音楽に関する雑感

Windows10のフリーズ問題

2016-11-05 | 日記

Windows10にアップグレードが半強制的に始まったとき、その難を免れた人も多かったんですけど、上司や支部の人たちを含め何台かが10になってしまったため、その対応の意味で自分も10にしようと決めてみたものの…。

マイクロソフトのオフィスを使っている際に、タスクマネージャーも開かないという完全なフリーズ状態に陥ることが何度も起きるようになりました。ひどい時には一日に5回程度も。まったくフリーズしない日もありましたが、一度フリーズすると頻繁になってしまうので、別のノートパソコンを使う時もしばしば。

特にワードを使っているときに発生していました。

取り引きのあるシステム業者さんに聞いて原因を探り、「10とオフィスのバージョンの違いによることなのかも」ということでしたが、いくつか策を講じても一向に治りませんでした。

ところが、やはり同じことで悩まされている人もいたため、もう一度原因を探ることにしたところ、10の「セキュリティとメンテナンス」の「セキュリティ」から「信頼性履歴の表示」を確認すると、その原因が分かるということを突き止めました。

ここの下段にある「重要なイベント」内に「igfxHK Module」がありました。

どうやらこれが問題の発生源でありそうなので、検索してみると、ディスプレイアダプターに関係していることが分かりました。

いくつか参考にしたブログでは、ディスプレイアダプターを最新の状態にするということも書かれていたので、「デバイスマネージャー」から「ディスプレイアダプター」の中の「Intel(R) HD Graphics 4400」のプロパティを開き、ドライバーを更新して再起動。これで治るかと思いきや…結果、まったく変わらずフリーズ。

そもそも、オフィスを使っていないときにはほとんどフリーズしなかったこのパソコンで、なんでディスプレイが関係しているの?という疑問は残ってましたが、信頼性履歴からは「igfxHK Module」が原因なのは間違いないので、思い切って「デバイス」を無効にしました。ちなみに、画面が表示されなくなってしまうのが怖いのでアンインストールはしませんでした。

それ以来、フリーズしていません。

何ナノこれ?

私はコンピュータの専門家ではないし、すべては結果論でしか書けないのですが、同じような症状で悩まされている方は、試してみてはいかがでしょうか?

ただし、ディスプレイに関係することなので、省電力モードで画面が消えた後から戻すのに少し時間がかかったり、動画の再生が少し荒くなったり、ブラウザが一瞬チラついたり、何らかの影響はあるかもしれませんので、自己責任でお願いします。

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« David Bowie | トップ | A DIFFERENT STORY 『ジョー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL