美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

取り敢えず

2017-06-14 18:44:49 | 仕事
何時も美味しそうだなと思うトマトは

取り敢えず買ってみる。

トマトは必須材料だからいくらあっても構わないし。

早々私の舌が喜ぶトマトに出会えない。

冷たい料理を出すこの季節は

兎に角甘くて程よい酸味と出来たら少しの青臭さがある
好みのトマトを使いたくなる。

冷製フェデリーニは

美味しいトマトがない時

トマトソースだけにしてる。

トマトソースが美味しいからそれで充分だと
師匠は言っていたから
今でもそうしている。

お気に入りのフルーツトマトはもう来年までない。

野菜の旬はあっという間に過ぎていく。

肉も魚も当然メインの大事なものであるが

やはり私は野菜に趣をおく。

野菜で胃を整えてあげつつ食事を摂らないと

翌日の私の腸は悲鳴をあげる。

きっと皆さんも同じだと思うんだ。

野菜は美味しい。

儚い季節もそれまたよろしい。



今日の冷製フェデリーニ。

昨日、静岡市で大師匠と猛スピードで買い物に行った。

そしてザッと見渡して、ザッと綺麗だったので
取り敢えず買ってみたプチトマトがある。

これが大正解。

明日は休んだから直売所に出向いてみようと思っている。

材料の買出しは
仕事なのだろうか。

私の場合、完全に好きな作業なので
仕事だとはあまり考えにくい。

産直市は完全に趣味である。

洋服もカバンも靴もコスメも服飾系の買い物は
実は苦手、
いえ、興味がほぼない。

ショピングは仕入れですなぁ。

明日美味しいトマトが買えますように。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | あれま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。