美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

スブリゾローナ

2017-09-20 19:57:00 | 仕事


アーモンド
とうもろこしの粉
小麦粉
バター、卵、レモン、ラード
砂糖

で作った

ピエモンテ?だったかな焼き菓子です。

師匠の大好物だったので
昔は良く作ってました。

久々に作りました。
というのも
スーゴロっていう
葡萄ジュレを作ったので。

スブリゾローナとスーゴロ
お決まりセットのお菓子になります。

明日から食後にお出ししようと思います。

スブリゾローナはそのままエスプレッソや

カントゥッチ同様

ビンサント(ビーノ、サント。vino sant=ワイン 聖なる、セイント)

聖なるワインという、甘いワインと合わせても美味しいですよ。

にくい食べ方をするもんですね。

さて。
本日は静かな一日でした。

ま、昨日の遅れを取り戻せたので良しとします。

明日は定休日。
夜はご予約頂きましたので
仕事します。

昼の間もリフレッシュしながら仕事するつもりです。

料理は好きな事です。
それが仕事になってます。
だから仕事は苦痛でも何でもなく。
喜んでい料理作ってます。

好きだから仕事にした、
という流れではなく
上手く乗せられて仕事をして
その評価が嬉しくて料理が好きになった。

が正しい。

ま、どうでもいいか。

自分の為だけの料理は作る気がしないってのは
そういうことなのかなと思っています。

誰かの為に作る。
喜んで貰いたから。

それが私の好きなことになりました。

今では、生活する為の私の術であります。

好きな事が仕事なので幸せ者なんだと思っています。

来月ある朝霧ジャムのキャンプ料理は
大好きな友がとにかく喜んでくれるから
嬉しくて作りたいだけだし

普段も何か作ろうって思うとき
妹に食べさせたい!
あの何時もの喜ぶ反応させたい!が一番強く思い、

お客様の美味しいの言葉が欲しいばかりに

コツコツ仕込みしております。

有難いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんこ

2017-09-20 14:05:57 | 仕事
生クリームよりも

断然あんこ派であります

十代、二十代は、生クリームでしたけど

もう 三十代ぐらいから

自分で買うお菓子は和菓子ばかり

頂いて断然嬉しいのも、和菓子であります。

良くないけれど
洋菓子に興味がなくなってしまいました…



あんこの甘さは

何でしょう

身体が喜ぶ

そして

やはり粒の方が好き

日本人で良かった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加