ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



こんばんは↑

今日は曇り空の大宮でしたが、それでも暖かかった1日でしたね↑↑↑



今日も15時から自主筋トレに行きました。

今日は上半身中心のメニュー。


・インクラインダンベルプレス
28キロ×10回×5セット(インターバル2分)


・ダンベルフライ
16キロ×10回×5セット(インターバル2分)・・
※インクラインとダンベルフライのインターバル中には内転、外転の筋トレをしにいきます※


・サイドレイズ
14キロ×10回×5セット(インターバル2分)
※インターバル中に腸腰筋を鍛える腹筋※


・フロントショルダープレス
45キロ×10回×5セット(インターバル2分)
※インターバル中に台が傾斜になる腹筋20回ゆっくり※


・アームカール
40キロ×5セット×回数はできなくなるまで
(インターバル2分)
※インターバル中に片足デッドリフト24キロ×左右2セット×8回※


・イスに座りながらのアームカール
12キロ×3セット×回数はできなくるまで
(インターバル2分)
※インターバル中にフロントランジひねり10キロを持って※



これが今日のメニューです。

1時間半ちょいで終わりました。
インターバル中(休憩)に、細かいトレーニングもいれているので、1時間半ほぼ休むことなくトレーニングになるので、呼吸が上がった状態でのトレーニングになりますが、上手く呼吸を整えながらみっちり1時間半。

今日のメニューはこのメニューでした(UP)



ご参考までに!!!





このメニューだって、誰かが監視をしているわけでないですし、しなくたって誰に怒られる訳でもないです↑↑↑

でもただ、ただ先週のトレーニングした自分に負けたくないんです。

自分との闘いそのものです。


クラブハウスでも、若い弟達、(今日はこうた、慎太郎)がいて、自分の体幹トレーニングと足首のトレーニングをしながら、熱い言葉をかけたりします↑↑


体幹トレーニングしながら叫ぶ………『アップ(こうたのこと)、アシベ(慎太郎のこと)ライバルは周りでなく、自分なんだ!
自分に打ち勝て。
試合に出てる、出ていないなんて関係ない。
ただ、自分に打ち勝て。
自分の心に打ち勝て。
今日の心は、昨日の自分の心に勝ったかを、毎日心に聞くんだ。
そんな毎日が勝者になるんだぞ。
どれだけ本気で毎日を過ごすかだ。

結果に囚われず、日々の過程を大切に。

最後は神様は必ず、見ているから。

自分に打ち勝て。』

と話し…………。


体幹トレーニング、休憩中にまた二人をこっちに集中させて話す。

『こうた、慎太郎、鏡はどういう風に使うか知ってるかい!?こういうふうに使うんだ。

鏡に向き合い、自分のハートを強く握り締めた拳で、3、4度叩き、グーを更に握り締め【“俺は強い”“俺は強い”“俺は強いんだ”“俺は成功する”“俺はもっと強くなる”】と自分で自分を鼓舞するために使え。
そして両手を強く握り締めファイティングポーズだ(魂)

誰が褒め、誰が高める!?
自分で自分に言葉をかけて、自分を鼓舞しないで、誰がかける。

これは、ファイターがやるメンタルトレーニングだぞ』
と心に燃え上がるような言葉を話しました。


今日はこうたと慎太郎でしたが、いつもこんな感じです(心魂)


その後は、慎太郎に瞬発系のトレーニングのフォームと筋トレを教えて、クラブハウスでのトレーニングは終了。。

『慎太郎、俺はこれからまたGYMに行く。。

ついてこれるか!?

俺は二十歳の頃から、これ以上やっていたかもしれない。
だから今ももっとやる。
若い時の行動が、追い込めなければ、歳を重ねる毎に追い込むという未来はないな。

質は年々上がる。
しかし、若い時の追い込みなくして、後に追い込むということを覚えていくことはないだろうな。



若い時の誰よりもかいた汗、若い時のベースなくして………輝かしい未来はないぞ。

今の時期を大切にするんだぞっ!』

と先にクラブハウスのジムを後にしました。。






大宮アルディージャの選手は、僕にとって戦友であり、そして今の自分にとっては、全ての選手が“弟”です。

なので、どの選手にも水を差し出すタイミングをしっかり見極め、完全なるベストタイミングを見極め、水が一番美味しく感じるタイミングで言葉という水をプレゼントします↑↑↑


全選手、一人一人の性格と心を知るように心掛け、いつも気にかけ、見ています。






皆さんも、鏡を上手く活用してくださいね!

自分で自分に向かって、最高の言葉をプレゼントしてくださいね↑↑↑


今日も熱くなりすぎて、2時間もかかってしまいました(魂燃)










【ほっかもの本日のメッセージ】

人生の最高は、どれだけ仕事をしたかではなく、どれだけ自分を磨いたかにある。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )