多言語をバックグラウンドにした総合サービス。
昔は「翻訳業です。」と自己紹介していた会社の社長ブログ。



最初に中国の大連に行ったのは10年以上も前になるのですが、当時は中国入国をするにはビザが必要でしたので、ずいぶん前から手続きをした事を覚えています。

北京市には仕事で毎年のように行っていたのですが、大連市はまったく違う都市のように感じたものでした。空港に降りた時の独特のにおいも印象的でした。

大連に行ったのは仕事だったのですが、一日は観光することにして市内の主だったところを訪れ、そして旅順まで足を延ばしました。旅順では有名な203高地をはじめ日露戦争の戦跡を見てきました。

大連ではいろいろな会社を訪問させてもらうなど、忙しいスケジュールをこなしたのですが、夕食のあまりの豪華さにビックリしたのも良い思い出です。

あれから毎年何回も大連に行くのですが、当初の新鮮さはまったくなくなり、通常の仕事の場になっています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 中国市場で会... お兄ちゃんに... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。