プレリサーチ「予備分析」&ソリューション「解決施策」の開発が業務の中心になっています。
以前は「翻訳会社」と自社の説明をしていました。



ラジオのパーソナリティが対談番組で言っていたことで、ものすごく納得したのは「すべてを語ることが最良とは限らない」というものでした。

ラジオを聞いているリスナーにはいろいろな人がいるし、その情況も嬉しい時、悲しい時、苦しい時などがあるので、ラジオで懇切丁寧に説明するようにしゃべっても正確に伝わるという点では意味がないそうです。

リスナーはパーソナリティの言う言葉を自分の頭で咀嚼して、ある意味で勝手に想像しているのだと言う。それがラジオという媒体の面白いところなのだそうです。

それを我が社の場合に置き換えてみると、営業の場であまりにも自分達のことを語りすぎてはいないかという反省につながります。

少しを語り、お客様がある意味で勝手に想像してくれる姿の方が理想に近く理解していただけるような気がしています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 夜の時計台。 思い切ったデ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。