プレリサーチ「予備分析」&ソリューション「解決施策」の開発が業務の中心になっています。
以前は「翻訳会社」と自社の説明をしていました。



訪日外国人の6割近くが中国語を話す人々(マレーシアやインドネシアの中国系も含む)という現状を受け、アラヤでは中華圏の文化に精通したネイティブスタッフによるチームを編成し、翻訳だけでは伝わらない文化の違いまで踏み込んだビジネス提案を行いました。

急成長するインバウンドビジネスでの売上は、すでに自動車部品や電子部品の輸出額と並ぶものになっています。

2020年には10兆円の売り上げを目指しているというインバウンドビジネスを、アラヤは積極的に支援していきます。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ネイティブ・... 英文看護の教... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。