プレリサーチ「予備分析」&ソリューション「解決施策」の開発が業務の中心になっています。
以前は「翻訳会社」と自社の説明をしていました。



LAMDAサイクルという考え方は、アメリカにあるMIT大学のアレン・ウォード博士によって開発されたものだそうです。(参照:東洋経済ネット)

このサイクルにおいて伝えていることは、まず現場を見て、その真相を問いかけることにより、背後にあるメカニズムを充分に理解すること。

その上で理解したことを「シンプル」にモデル化(試作品やサンプル、グラフ化、報告書など目に見える形に変換)して表現し、そのモデル化したものをベースに議論を進め、意思決定したものに基づいてアクションを起こすというものです。

→Look(現場を見る)

→Ask(問いかけて、理解する)

→Model(シンプルにモデル化)

→Discuss(議論を進める)

→Act(アクションを起こす)

この理論をベースにアラヤでの新しい仕事のやり方にあてはめてみると、実ににしっくりくる事に気付きました。

Ask、Model、Discussの過程をWBSを使う手法で行っていましたので、これによって理論的な裏づけになり、自信が持って続けていけると感じています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 名前をやっと... 制作・編集ス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。