アラシャン通信(オイスカ阿拉善砂漠生態研究研修センター便り)

阿拉善からウズベキスタンのシルクロードの砂漠化防止活動配信。肉体疲労、更年期、男女不妊には日本最濃の薬味酒、遼伝来福酒!

IoTが環境活動にもたらす変化

2016-12-28 06:01:10 | つぶやき
ここ最近聞く言葉にIoT(Internet of Things)とシェアリングがある。北京や上海などではMobikeなどのアプリで自転車にGPSが付いてどこでも乗ることが出来、また乗り捨てることができる。また物についても所有からインターネットに繋がることで共有という時代に入って来た。さらにシェアリングの効果は、単に安いというメリットだけでなく、皆の力を合わせて物事を進めることが出来る。シェアハウスなどが流行っているのもこうした一例だろう。また物理的な距離をなくし、僻地と都会が不便の格差なく同じように過ごせる時代が来るかもしれない。こうしたIoT元年になった2016年も間もなく終わり、2017年になろうとしている。この変化はプラス面、マイナス面ともにあるが、Win95が出て来た時代を彷彿とさせる。単にコンピューターやスマートフォンだけから、物自身の発信ができる時代になっていく。植林活動一つをとっても、単に植林の時代から現地の降雨量データーや土壌データーなどから播種の時期、剪定、収穫、植えた木々の生長などの発信、将来予測までができる時代になる。またイベント等も微信などのSNSで一気に配信する時代、生産者と消費者が直接に繋がり、これまで規制の枠に守られて来た産業や中間産業が一気に崩されるだろう。こうした部分でのコストメリットが出た分を環境活動に還元するなどというビジネスモデルが出て来るかもしれない。楽しみな2017年がもうじき始まろうとしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 砂漠化の原因の一つ | トップ | 本年もどうぞよろしくお願い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。