HP作成日記
更新情報のせてたのですがHP作成関連ばかりなので。
本編はリンクの本館へ。
 



管理画面を開いて、ネットの接続をオフにしてじっくり日記を書こうと思ったら強制終了になってしまってスキャンディスクが始まってしまいました。なんかgooさんのスタッフブログにそんな苦情があったような・・・。nucleusタイプのブログに特有な、IEの不具合だろうか。

gooさん、そう嫌いでもないんですが、替えどきかもしれませんね。著作人格権も保証されていないし。

さて、梅雨にも入りましたし、このお題。

観光客にひそかな人気! 大原名物「アイスきゅうり」
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091111737549.html
私が店の前に立って食べている間にも飛ぶように売れていて、人気のほどが伺えた。多い日はなんと1日に2千~3千本も売れるらしく、これを食べるためだけに遠方からやってくる人も珍しくないのだとか。「アイスきゅうりはナイスきゅうり、ゆうてます」と、脱力ギャグもまじえつつ誇らしげに語るお店のご主人。ちなみに値段は1本150円だが、何人かのグループでまとめて買うと安くしてくれたりもするようだ。

確かに、観光地って甘いものやこってりしたものしか売ってないから、水分たっぷり、ほんのり塩味、それでいてダイエットは気にしないでもいい、ていう漬物は売れる。きっと買う。

ずーっと思ってきたことですが、オフィス街に「きゅうりや白菜、かぶや菜っ葉」など山盛りの漬物に冷や奴、納豆、味噌汁、ほかほかご飯、というセットメニューがあったらいいのに、と。

女性によくあるタイプですが、私も疲れるとすぐ胃に来て、油物がまったく受け付けなくなってしまう。なのに、オフィス街の食事ときたら、「ステーキ+フライセット」とか(いらん)、「ボリュームたっぷりカツカレー」(もっといらん)とか、見ただけで胃もたれが来そうなメニューばかり。

んじゃ、油の入っていないそばやうどん、となりますが、何だか炭水化物ばっかりで健康にならない気がする。なんか健康にならなきゃいけない気がする。

ということで、「冷やしサラダうどん」みたいなメニューになっちゃったりするわけですが、そうじゃないんだよ、本当はほかほかご飯が食べたいんだよ、ドレッシングのかかったサラダじゃなくて、シンプルなほんのり塩味のきゅうりの漬物をばりばりとおかずにしたいんだよ、と、ずっとずっと夢見てきたわけで。(ああ、ついでに昆布の佃煮もあったらもう何もいらない)

なんだか力説してしまう。その反動か、一時は家に帰ってから、どんぶりいっぱいの白菜の漬物でご飯を食べていた時期がありました。フラストレーションってこわい。

オフィス街は女性目当てといわれますが、なんだかんだ言っても男性向けのメニューや量が基本のような気がする。特に古いオフィス街は。

でも男性も本当にああいうメニューを望んでるんでしょうか。あっさりした煮物とか漬物が恋しくならんのでしょうか。やっぱりスタミナなんでしょうか。

お弁当にすればいい、ということもありますが、ご飯は人の作ったものが食べたいものなのです(わがまま)。

梅雨に入って、さらにさっぱりしたものが食べたくなる季節です。きゅうりって栄養はそんなにないのはわかってるのだけど、夏は食べたくなるのです。なんだかとってもヘルシーなイメージがあるのです。

でも欧米や西の方に行くとあの「きゅうり」ではないんだよ・・・、とまた思い出してしまったのですが、それはまた今度。













MEMORIZERS
日常の中で感じたこと

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ひめゆりと受験 『ナムジ』安... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。