goo

お宝置き場と紋次郎

代々のアルファには

庭にお宝置き場があって

そこにはいろんなモノが散在していました

たとえば

初代のアルファは牛骨のかけらを隠していたし

二代目はボールがその場所にゴロゴロありました

そして

ちびっこアルファのお宝置き場は

目下のところ

木の下の木陰の出来るくぼみで

そこに

玄関先に敷いた玉砂利を

一つ一つくわえて来ては

貯めていくのです

実は

この石にも彼の好みがあるようで

何でもいいと言う訳ではなさそうです

まあるいコロンとした形を選んでは

運んでくるのですが

趣味はなかなか良さげです

ところが最近は

垣根のカイヅカが気に入ったのか

時折小枝をちぎっては

こんな風に

ウハウハしています

楽しそうに遊んでいるのは

いいのだけれど

しかし

このように大きく手折られては

困ります

 それでなくても

彼のお陰で庭は荒れるのに

毎日毎日枝をちぎることが続くと

そのうち垣根の木は枯れてしまう

石は元に戻せば済むけれど

草木はそうはいきません

お宝置き場に

枝を見つける度に

ため息混じりで

片付けるのですが

木枯らし紋次郎は(古っ)

やめて欲しいですっ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« いつもの場所で Silent Majority »
 
コメント
 
 
 
かわいい (楽しみに見ているおばさん)
2017-05-22 15:14:01
つい書き込みしたくなるアル君の姿。
おぼっちゃまなのに放浪の旅なんかに出るのかな笑
 
 
 
いつもありがとうございます(^^) (アルママ)
2017-05-23 23:22:38
こんばんは。
確かに甘えん坊の小心者ですので
一人旅なんて無理っぽいですね。
そんな勇気は彼にはないです(^o^)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。