イタリアより

滞在日記

ベネチアのサンドイッチ屋さん「ティツィアーノ」への行き方

2016-10-16 23:00:43 | ベネチア

こんなベネチアンガラスも

昨年リアルト橋のたもとでスリの被害に遭ったとき、帰り道のお店のショーウインドーで見た…(-_-;)


■2015年12月29日

ガイドブックやネットでも、お勧めレストランやバールなどの情報は沢山出ていますが、それらのほとんどはお店の名前と住所が載っているだけで、そのお店に行くまでの詳しい道のりまでは知ることができません。地図の読めない女は勘も働かないし、ましてや迷宮都市のこの町では迷子になるに決まっている←自信あり。もっとも今はスマホやiPadのナビ機能を使えば目的場所には簡単にたどり着けるから、こんな案内は不要かと思いますが、ひとつの目安にする、ということで(^^)


リアルト橋


「ティツィアーノ」へ行く起点はリアルトから。カナル・グランデを背にして先ずは「カンポ・サン・ボルトロミオ」へ出ます。リアルト橋からすぐです。


カンポ・サン・ボルトロミオ

2015年12月28日


何度も記しているので恐縮ですが、カンポというのは、ベネチアでは広場のことを意味します。地図を見れば、結構あちこちに「campo(カンポ)」という表示が出て来ますが、カンポは、その地区の起点になっていて、町歩きをする時の目安になります。このカンポ・サン・ボルトロミオもそんな広場の一つで、メルチェリアと呼ばれる“商店街”をたどって行けば、サン・マルコ広場に到達します。


赤い矢印:サン・クリストモ通りへ
黄色い矢印:カナルグランデ・リアルト橋方向へ
青い矢印:メルチェリアを通ってサン・マルコ広場へ


ついつい話が脱線してしまいますが、ティツィアーノへ行くには、サン・ボルトロミオ広場から、サン・クリストモ通りへ行きます。上記の写真赤い矢印方向です。そのまま直進、ずっとずっとまっすぐ歩きます。


サリッツァダ・デル・フォンテゴ・デイ・テデスキ


この通りは、フォンテゴ・デイ・テデスキ通りと言います。前述していますが、“サリッツァダ”とは、メインストリートを意味します。といっても、上記の写真のようにとても細い小さな通りです。ベネチアならではの“大通り”。写真の正面に見えるピンク色の建物は、デパートの「coinコイン」です。実は…ヒソヒソ…このデパートの中にはトイレが勿論ありますが、一見の客が探しても、絶対と言っていいほど、どこにあるか見つけられません。沢山の観光客に利用されては困るからだと思いますが、トイレの入り口は見事なほど壁に同化しています。利用したいときは何かひとつ店内で商品を買って、店員さんに聞くのがベスト。探す時間がもったいない^^;


サリッツァダ・サン・クリストモ

正面右に見えるピンク色の教会が「サン・クリストモ教会」です


とまた、脱線しましたが、このデパート「coinコイン」を右に見て、小さな橋を一つ渡ります。そう、ここまで来ると、以前ご紹介した隠れ家レストラン「カンピエッロ・デル・レメール」へ行く道だと気付きます。ピンク色のサン・クリストモ教会が見えてきますので、その前が、ティツィアーノです。何でも知れば簡単なのですが、ベネチアだけは、慎重に。一つ通りを間違えば、即迷子になるのがこの町です(^^)
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネチアのお勧め/ティツィ... | トップ | 列車に乗り遅れた!ミラノ駅にて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはーの その2 (sachi)
2016-11-04 22:45:42
迷路のようなベネチアの街、どうしてそのような街なんでしょう?教えてkazuさん!

敵に責められたときに迷わせるため?とか?
アックアアルタの時には、もれなくどの家も水浸しになるんですか? 絶対に水が来ない場所があるとか??

水浸しになっても、店のテーブルの上に椅子を上げて笑っているベネチアのおじいさん。テレビで見ましたが、ありのままをへっちゃら顔で過ごすイタリアの人々。
羨ましい気質ですね。
今晩は (kazu)
2016-11-07 23:14:47
迷路の町…ほんとですね。干潟に杭を打って作った人口の町というだけでもスゴイと思うのに、ここまでの迷路って普通に考えたら、やはり攻めてきた相手を惑わす為なのでしょうね。ベネチアのバイブルというか、私が暇に任せて読む「迷宮都市ベネチアを歩く」の本の中で、作者の陣内秀信さんが、よそ者が侵入しにくいように防御を考えて、迷宮都市が造り出されたと、と書いておられるけれど、元々が海の水の流れに沿って作らざるを得なかったから、自ずとこんな道になっていったのかも、とも思います。アックアアルタも、恐らく、水位が上がれば、高低差はあっても、ほぼどこも水浸しになるでしょうね。だって、町の中、どこもかしこも運河が走っているから、どの道も水があふれるものね。絶対に水が来ない場所…わーさちさん、難題を出しましたねぇ。昔、潮位が最高値になって、ベネチア全土が水浸しになり孤立したことがあったそうですよ。ユネスコが救援に乗り出したって。

そうそう、サンマルコ広場のことですね。私も実際にこの目で見ましたよ。水の中でテーブルを出して、お茶してる人たち。いちいちアックアアルタに右往左往していてはこの地では生きていけない、うんざりしても、そんな感じなのでしょうね。さちさんのお話で、以前、カモッリで会った日本人のご夫婦から、イタリアに住んでいいことは、こうしないといけない、という観念から解放されたこと、とお聞きしたことを思い出しました。日本人は見習ってもいいかも知れませんね。
最初の写真にびっくりしました。 (なおこ)
2016-11-09 09:22:05
元絵に比べると何だか愛嬌があってかわいくて、ベネチアングラスにも遊び心があるなと感じたのですが、なんとすりに遭われたあとにご覧になったんですね。それは災難でしたね。

ベネチアはきっとわたしよりかずさんの方がずっと行きなれて、歩きなれておいでだと思います。迷子になりやすいというのは本当にそのとおり。

このまま温暖化が進めば、ベネチアがなくなってしまうと、最近イタリアの文化・科学番組でも言っていました。どうかそういうことになりませんように。ところで、南米出身の義弟の奥さんによると、エクアドルでは以前よりも氷河の範囲が広くなり、寒くなっている地域があるのだそうで、ひょっとして、地球の軸自体がずれているけれども、皆北半球のことばかりに注目しているから気づかないだけかもしれないと、ふと考えたりしたのでした。
私の気持ちそのままで・・・ (kazu)
2016-11-11 23:57:47
なおこさん、こんばんは。今なら笑い話ですが、あのベネチアンガラスを見た時は、私の気分そのままで、お店の人から皮肉られているような気分になりました。でも最近のベネチアンガラスは愉快なものも多くて、ショーウィンドーを見るのも楽しみなんですよ。

いえいえ、ベネチアでは過信していると必ず道に迷います。私なんて、ちょっと行ってみようーがいつも災いの元で、お恥ずかしい話題提供に事欠きません。なおこさんは頭の良い方だし、言葉にご不自由がないからどこでも行けて、ほんとに羨ましいです。

温暖化が叫ばれて久しいですが、氷河も科学者の間では懸念材料のようですね。氷の大地が広がる地域もあれば、逆に氷が溶けてホッキョクグマが生きていけなくなる、ということも知りました。なおこさんのおっしゃる通り、限られた場所だけではなくて地球規模でこの問題を考えなくてはならないのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む