業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

格安航空会社(LCC)突然の破綻! 英モナーク航空

2017-10-03 11:18:30 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 英格安航空会社(LCC)のモナーク航空が経営破綻し、同社の旅客11万人が帰国できない事態に陥っている模様です。 破産管財人となった会計事務所のKPMGが2日、同社と旅行代理店モナーク・トラベル・グループを管理下に置いたと発表しました。 航空便や宿泊の予約などはキャンセルされました。 モナーク航空の航空運送事業許可は停止され、運航できなくなり、KPMGは海外に取り残されたモナークの顧客の帰国に向け英国の民間航空行政を担う民間航空局などと連携しているということです。

 モナークは1968年設立。 ロンドン郊外のルートン空港など、英国内6都市を拠点に地中海やスペインのカナリア諸島など、おもにリゾート地へ就航していました。

 今年に入ってから欧州航空会社による経営破綻は、イタリア航空大手のアリタリア航空(現在も通常運航)、ドイツのLCC、エアベルリン(8月に破綻、現在も運航)に次いで3社目となります。 欧州の短距離路線市場はコストの増加、競争激化に見舞われており、欧州LCC最大手ライアンエアーではパイロットが同時休暇を取って多数のフライトをキャンセルする問題も起きていました。

 LCCは早く予約すると、安価なため、早めに計画を立て予約時に同時購入となりますので、今回のようなケースでは全く返金のないことも考えられます。 大切な業務出張には利用出来ず、観光旅行向きとなるでしょうか?



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外務省、ロシアに注意喚起の... | トップ | LCCのスクート、関空/ホノル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

航空券情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。