わたしんちの医学革命と雑多な情報

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

薬毒2

2017年04月21日 | 岡田茂吉医学論研究会用

 

研究会ですから、検証してください。

 

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

薬毒(二)

『医学革命の書』昭和28(1953)年執筆

 ここで薬毒の症状についてかいてみるが、彼(か)の天然痘における掻痒苦(そうようく)であるが、これは掻痒苦中の王者である。

この病気の原因は薬毒の遺伝であって、これが浄化によって皮膚から排泄されるのであるが、治ってからも醜い痘痕(あばた)が残るので人は嫌うのである。

ところが種痘によってそれを免れるが、これで然毒が消えたのではない。

ただ排除を止めたまでであるから、残った毒は種々の病原となる。

その著しいのが彼の疥癬(かいせん)である。

これに罹るや掻痒苦はなはだしく、症状も天然痘といささかも変らない。

つまり真の天然痘が急性であり、疥癬は慢性であると思えばいいのである。

また蕁麻疹(じんましん)であるがこれももちろん薬毒であって、カルシウムの中毒が断然多く、その際考えれば直にそれと分るが、不思議にも分らないとみえて、腸が原因などという。

察するに魚肉中毒の場合、蕁麻疹的症状が出るので、これと混同したのであろうからナンセンスである。

そうして魚肉の方は放っておいても二、三日で治るが、カルシウムの方は数ケ月あるいは数年も掛かる人さえある。

これについてよくカルシウムには骨の成分があるから、育つ盛りの幼児などによいとしているが実にナンセンスである。

というのはカルシウムのない時代、菜っ葉や米だけ食って漁夫や農民など、骨太で立派な体格であるのはどういう訳か訊きたいものである。


 次に精神病の原因が黴毒としてサルバルサンを打つが、これは事実において逆作用である。

私が長い経験によるとサルバルサンのための精神病が頗(すこぶ)る多いのに驚く。

これは医学で研究すれば分るはずである。

そうして精神病は医療では治らないとしているが、原因は霊であるからで、体のみを攻めても何にもならないからである。

次は胃に関した病気であるが、これこそ薬の作った病気である。

その中でも胃潰瘍は消化薬のためで、消化薬には必ず重曹が含まれており、そのため胃壁が柔らかくブヨブヨになる。

そこへ固形物が触れるので、亀裂が出来出血するのと、今一つは粘膜の薄くなった部分から血液が滲出し、胃底に溜って一時に吐血、または下痢によって排泄される。

また人によっては血液が古くなり、黒色の小塊となって便に混り出る事もある。

ところが厄介な事には医療は流動食と安静にするので、粘膜の損傷は塞(ふさが)り、治ったと思い安心していると、これが癌の初期となる事が多い。

というのは今まで濁血が出るべく集溜する局所が塞がったため、集溜したまま固結する。

それが癌である。

しかしこの癌は真症ではない。

この見分は手術の場合血液の塊があるのは疑似癌で、真症癌には血液を見ないのである。


 次に胃下垂であるが、これも消化薬を飲み、消化のいい物を食うため、胃の活動は鈍化し、怠け者になるので弛緩する。

それが原因であるから、つまり人間の無智が作ったものである。

ゆえに香の物でお茶漬でも食えば、胃が活動しはじめるから、否(いや)でも応(おう)でも治るのは当然である。

次は胆石病であるが、これは背面腎臓外部に固結した薬毒が、浄化によって少しずつ溶け、胆嚢の裏から浸潤する。

それが胆汁と結合して結石となるのである。

これが輸胆管を通過する場合非常な激痛に苦しむ、それが腎臓に流下し腎臓結石となり、次で膀胱(ぼうこう)に入り膀胱結石となる。

ところが始末の悪いのは腎臓も膀胱も、結石が尿中にあるので、尿が付着し育ってゆく。

その結果尿道の出口を石が閉塞し尿閉塞となり、腹部膨満死ぬ事さえある。

この病気について面白い事は、浄霊するや結石は破砕され、砂のようになって排泄簡単に治るものである。

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

 

天然痘は自然に消え去ったというのが真実のようですが、医学では種痘のためと言っています。それについては過去にも紹介したので・・・

 

とにかく、どこまで真実なのかを決めるのはあなたです。

 

浄霊の効果については当時のものであって、現在そのまま当てはまるかどうか、それはあなたの実験でしか分かりません。

他人の経験談がすべてのひとに当てはまるというものでは無いですし。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬毒1 | トップ | 「薬毒について」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL