わたしんちの医学革命と雑多な情報

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

新型インフルエンザ・ワクチン接種にもの申す 日本の先進的な専門家は語る

2009年11月14日 | 医学と健康
※下段に「風邪の原理解明」と「危ないぞ予防接種」のリンクあります。


既にご存じでしょうが、ここでも度々引用させて戴いている母里啓子先生と、現場で実際に診療していられる山本医師。

講師
元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・医師 母里 啓子(もりひろこ)氏

大阪赤十字病院小児科医師 
山本 英彦 氏


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

ワールドブロガー協会は、インフルエンザワクチン接種に対し、
賛成または反対する活動団体ではありません。
 但し、ワクチン接種の問題は国民一人ひとりの健康と生存権に関わる問題であり、
メディア報道が接種に対して推奨一色であることを懸念し、
国民の自主的な判断を公平なものにするために情報提供をしています。


イベント / 取材会

【最新ニュース!】
第3回取材会の動画全編アップ!DVD発売開始!(11.08)



TITLE:
DATE:2009/11/14 09:49
URL:http://www.worldblogger.net/


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


かなり長い時間でしたが全部聴きました。

ようやく、現代医学もここまで来たかということと、まだ現代医学の枠内であるなあという感想です。

ちょっとお喋り音声

そりゃあそうですね。

ボクは岡田茂吉から始まった医学革命ですから。
ちょっと極端すぎると思われるくらい現代医学の基本をひっくり返す論ですから。

しかも・・宗教

宗教と医学をまったく別物の様に考えると分かりません。

しかし、現代医学教の信者さんがたにとっては非常に革新的なお話でしょう。

いきなりゴールに行くには無理なんですね。

こういう意味で今のインフルエンザ騒動は非常によいきっかけを与えてくれたようです。

まずは第一歩はやはり浄化作用の基本中の基本である感冒からですね。

音声読み上げ感冒の原因解剖論

危ないぞ予防接種



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元祖?種痘から始まった病気... | トップ | 医学に騙されている医師に罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL