わたしんちの医学革命と雑多な情報

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

関ヶ原の天下分け目の合戦(大河ドラマではない)

2016年11月08日 | コズミック・ディスク...

 

 意味不明な題名でした。真田丸じゃないぞ

 

 

 アメリカ大統領選挙は天下の趨勢を代表しているかのように

FBI腸管まで巻き込んで、ハザールマフィアと地球同盟ががっぷり四つの大相撲に見せているが

果たして;;;

まあ、これは善悪の闘いというより、悪人同士の闘いなのか、どちらもばらされるとヤバイ傷をもちながらだから、押したり引いたりでなかなか土俵をわる気配は無し

ところで善人と言われる良寛さんだったらどうする?

そっと涙を流してうつむいている::::  そりゃそうだ。善は闘わないというから一見情けない風に思えるし、第一土俵にも上がらないと来た日には:::

 

そてにしても、世界の医療支配はまだまだカバル側の圧倒的勝利により、メディアも医学界も政府もあらゆる機関に浸透してきたわけ。

それが一度にひっくり返るには、どうしてもその前提となる 「金の支配」がひっくり返るひつようがあるらしい。

つまり

「金の切れ目が縁の切れ目」現象である。

いくら強力な団子兄弟であっても、串が無くなればあっというまにバラバラになる。

串=金

串無しの鼻  (くちなしのはな)でも歌いながら、それを待っているバカなワタシ♪

 

現代医学もカバルの支配システムに乗っていたんでしょうかねえ~

そうでなければ、わがニッポン、アチャチャア~ニッポンン!のかけ声も無かったのかも。

それが明治以来、西洋に追いつけ追い越せのスローガンにのっちゃって、いまやにほん人はあほん人とか呼ばれ(あ、一部のひとですよ)、猛毒抗がん剤をありがたがり、劇薬ワクチンを崇拝して、どんな結果がまっていても「ありがとうございました」と去ってゆく。

シェ^--ン カムバック

と叫んでもあの世にいってもうては

 

おっと、いつものくだらなすぎて反吐がでるような書き込みはやめろ!

という声にいやいやながらも擱筆とする。

 

 

コーリー・グッド氏の「よくある質問集」から 転載

 

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

経済リセット/ジュビリー(聖なる年、奴隷解放と借金帳消しとなるお祭りのこと)に関する情報/供給源についてもっと詳しく教えていただけますか?

これから数日内に、その件について最新情報を入手する予定です。地球拠点の同盟が新しい経済システムに取り組んでいます。それも新たな名前のついた借金奴隷システムで別グループの支配による経済システムです。カバルがそのシステムを乗っ取り、崩壊しつつある現システムをこの新たな支配システムに入れ替えようと企んでいます。

SSP同盟は、これが短命なシステムとなることを期待しています。私達がいったん「フルの情報開示」を行い、抑圧されてきたテクノロジーを世に出すことができれば、どんな経済システムも過去のものとなり、「AD文明(AD=After Disclosure 情報開示後)」の前段階の「闇の時代」の遺物となるでしょう。

もちろん、これは「光の勢力」やET、地球拠点の同盟やSSP同盟の活動だけで実現することではありません。私達一人一人にかかっています。

 私達一人一人が「目覚め」ると、私達はパワーを得て集団/共有意識の「共同創造能力」が実現します。経済リセットや新たな経済システムは、大勢の人々にとってポジティブなことです。潜在的な不正やフルの情報開示ができない場合、そのようなシステムがあっても人類の真の自由はあり得ません。

とはいえ、とにかく何かを始めなければいけませんから、地球拠点の同盟の努力を「あっさり否定する」つもりはありません。

ただ、「あなた」がこのプロセスにとってどれだけ大切かはわかっていてください!「あなた」は無価値で無力だと感じさせられているだけで、本当はその逆です。

 『エリート』は私達の共同創造のパワーをツールとして巧みに利用し、私達を奴隷化してきました。もし私がこのパワーに気づけば、私達はそれを取り戻し、フルの情報開示のタイム・テーブルと自由をコントロールすることが出来るのです。

私達は遺伝子レベルでも社会的プログラミングでもエリートを『高次の存在』として崇拝し、従うように出来ています。今はそのプログラミングを克服し、一人一人が私達の運命を決めるリーダーとなる時なのです。それこそが自由を得るためのキーです。

 「真実」や「ETもしくはET救世主」の情報を求めてエソテリックな導師やグルに答えを求めるのはやめてください。それが歪みであり、そのためにプログラミングを破ったり、ずっと私達のものであったパワーを手にすることができないのです。

もうずいぶん前に期日は過ぎていると思いませんか?


2015年6月3日

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

 

これと

 

 

ハザール・マフィアの知られざる歴史

 

こうした勢力を認めて来たのは

誰亜朗

そう、あなたの氏名なのです。

 

え? アタシ女性

じゃ、誰唖嬉子さんにして

 

吾らが創作してきた宇宙的ETも巻き込んでの壮大な夢ドラマだったのでした。

もっとも和紙らも皆ETだったということらしく、

人類皆兄弟  ET皆兄弟

崇拝するなと言われるわけですよ、きっと。

それにしても、この堕落した僕も含まれていたとは、驚愕ガクガクな事実には

なんともはや::

はよ、めぜめよ   ← 叱咤激励の自分

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のっとられていたアメリカの... | トップ | どんなウソも捏造も明るみに... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事は削除しました (ボロ愚主)
2016-11-09 07:10:57
いかがでしょうか?
Unknown (森川正子)
2016-11-15 19:15:06
真実はこういうものであり、私達の想像を遥かに超えたものなのだと驚かされています。

コメントを投稿

コズミック・ディスク...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL