わたしんちの医学革命と雑多な情報

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

感染学の大御所も勘違いか。コッホの三原則を基礎にした現代医学の感染対策の危うさ度100パーセント?

2009年09月18日 | 医学と健康

『培養できない微生物たち -自然環境中での微

パスツールが単なる不潔恐怖症だったかどうかはおいといて、

彼が死の直前に自分の細菌についての考えの誤りを認めていたという。ゆえにパスツール以後のパスツール一派(菌の自然発生否定説をはじめ、細菌病源説など)

だったとしたら、それを元して近代医学の細菌学のまたまた中興の祖的にみられてるゴッホ、いや、コッホとも言うらしいけど(このヒト頑固ねえ、一度ゴッホと決めたら死ぬまでゴッホらしい)

このコッホの三原則とかいうのがあるそうで、この中で「培養して固定する」というのがひとつの重要条件になっているらしい。(素人なので調べてもいないけど)

とにかくだ、(まあこの程度で誤魔化す)

近代科学的医学(的というのがミソ)によると、ひとの感染症に対して、どうやらこの「培養して固定する」事が必須条件になっているらしい。

しかし、この「培養できる細菌」というのはごく少ない方のやつであって、ほとんど大半の細菌とは別物だというのだ。それが自然界の中の細菌の姿だという。

すると、医学で「培養できる細菌」というのは?

人間世界でもある生物界一般に言えることだが、何か一部特殊の部類のものが存在する。その割合はまったく少数であり、特殊な環境に育つような部類である。

それを観察者が特殊なものを選んで、その性質を生物全体の性質としてしまうようなものだ。

自然界に生きる細菌とペレットなど人工的な環境にだけ生きる細菌を(それも反自然な方法でしか観察できない顕微鏡では)まったく同じ様にしてしまったことに、大きな勘違いが発生したようだ。

 

ここでも「ボタンの掛け違い」「土台の曲がり」が進歩すればするほどそのおかしさが目立ってくることになる現象に行き着く。

インフルエンザは細菌ではなく、ウイルスとなったが、そのウイルスに対する基本的考え方も同様なきがしてならない。

ゆえにその「掛け違い」を元にして、ワクチンやら抗ウイルス剤などが出来上がったとしたら。

その結果は人間の体内で実行される、実効される。

 

今回も改行、強調文字は勝手にさせていただきました。

 

追記音声読み上げ「コッホの三原則」は破綻していた!?

 ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

 

『培養できない微生物たち -自然環境中での微生物の姿-』
(Rita R. Colwell,学会出版センター)

 もしも目の前に感染症を疑わせる患者がいたら,どのようにするだろうか。

症状である程度あたりをつけ,血液検査などを行い,同時に細菌検査を行うはずだ。
そして喀痰や糞便を採取してそれらを寒天培地などで培養し,そこで培養できた菌を感染起炎菌と考え,抗生剤を投与して・・・という手順を踏むはずだ。あまりにも当然過ぎる手順である。

特に,「細菌は培養して同定する」というところに疑問を持つ医者はほとんどいないと思う。細菌は培養できるもの,というのが常識だからだ。

 ところが,この20年くらいで,微生物の専門家の間では,この「常識」が完全に否定されている。

自然界には「生きているが培養できない細菌 Viable But NonCulturable (VBNC)」がたくさんいて・・・というより,圧倒的多数の細菌はVBNCの状態で存在していることがわかったからだ。

 

つまり,培養できる状態の細菌は自然界の例外中の例外の細菌だったのである。

 


 その例外的細菌を相手に,ああでもない,こうでもない,と治療法を探ってきたのがパスツールを祖とする細菌学であり,医学だったのである

 

要するにこれは,ミツバチの研究家が,たまたま巣からはぐれたミツバチを見つけて研究し,「ミツバチは巣を作らず,単独で生活するハチである」と結論づけるようなものだ。



 パスツールは偉大である。最も尊敬すべき科学者の一人である。しかし,彼が余りに偉大過ぎたため,その方法論を無批判・盲目的に受け入れてしまったことが,近代から20世紀後半までの細菌学の悲劇だったのだ。


 細菌学は当初,感染症の原因菌,つまり病原菌を探ることから始まった。それは大腸菌にしろブドウ球菌にしろ,浮遊している菌である。細菌がいると思われる液体(膿汁,喀痰,糞便など)を養分を含む寒天培地に塗り,温度を37℃に保ち,そこで育ってくる細菌を単離精製し,増やした細菌を健康動物に接種することでその疾患が発生することで,その細菌がその疾患の原因と判定できる,という「コッホの三原則」に帰結した。



 では,この過程のどこに問題があったか,おわかりだろうか。それは「培養し」という部分である。

実は「培養」という操作自体が,細菌をセレクトしていたのである。つまり,培養そのものが実験系のバイアスだったのである。

 これは古細菌と呼ばれる細菌(私の記憶が間違っていなければ化学独立栄養細菌,メタン生成菌,硫酸還元菌などがそうだったと思う)で以前から指摘されていた。
こういう細菌は,実験室のあらゆる培地で培養できなかったからである。
しかし,顕微鏡を覗くと,そこには無数の細菌がいる。しかも,ATP生成を調べると,明らかにその細菌たちは生きているのである。このような知見から,VBNCという概念が1980年代に提唱され,現在では揺るぎない事実として認められているのだ。



 なぜ大部分の細菌は生きているのに培養できないのか。

 

 

これには様々な要因があるらしいが,そのほとんどは環境からのストレスだ。

温度の変化(低下や上昇),食料の減少,PHの変化など,あらゆる環境の変化はもろに細菌に直接的に影響する。このようなストレスを受けると細菌は矮小化する(容積あたりの表面積が大きくなるため,表面からの物質浸透に有利となるためと説明されている)。同時に代謝活性を低下させる。ある細菌は条件がよくなればまた代謝を再開させるし,別のある細菌は不可逆的な変性のため半死半生となっている。
これらをひっくるめて「生きているが培養できない状態 (VBNC)」と呼んでいるらしい。


 ではなぜ,自然界の細菌のほとんどがVBNCなのだろうか。

 


それは,土壌中の細菌も海水中の細菌も,その大部分が飢餓状態にあるためとされている。世の中,甘くないのである。この過酷な自然で生きていくための戦略がVBNC化なのである。
逆に言えば,培養できる浮遊菌とは要するに,養分が豊富にある特殊状況のものなのである。


 同時にこのことは,なぜ自然界のバクテリアが浮遊状態でなく,バイオフィルムなどの固着状態で生きている理由が明らかになる。栄養が使い果たされた環境におかれたバクテリアは,何かの「表面」に固着しようとする。物の表面は帯電しているために有機物を吸着しているからだ。その有機物をねらうなら表面にとにかくくっつくことだ。だから,表面があればそれに固着するのがバクテリア本来の生き方であり,基本戦略である。


 そのわずかな吸着有機物を利用し,次第に代謝が活発になり,次第にそこに複数の細菌が集まり,やがてそれはバイオフィルムとなる。

つまり自然界のバクテリアたちは,バイオフィルムで生きて行くしか道がないのである。

要するに,細菌たちはこの変化しやすい地球環境に生まれたときから,バイオフィルムを作って生き延びてきたわけだ。
生存のために最高度に発達したシステムがバイオフィルムである。しかも,そのバイオフィルムの中でさえも,大多数の細菌は飢餓状態であり,培養できないVBNC状態にあるのだ。

 


 となると,「バイオフィルムがあると抗生剤が効かない」という理由も明らかになる。
厳しい自然界で生き延びるために,自然環境の変化をもろに受けないような避難所であり,安全な生活の場がバイオフィルムだからだ。実際,細菌を試験管内の浮遊状態で調べた抗生剤の感受性と,バイオフィルムでのその細菌の感受性は全く別物である。単独浮遊細菌で有効だった抗生剤濃度の1000倍以上を投与しても,バイオフィルム内の同じ菌には効かなかった,という実験は有名である。

 そしてこの本でも,バイオフィルムの驚くべき姿を教えてくれる。バイオフィルムは複数の細菌が生存している場だが,それは「単細胞生物がたまたま集まったもの」ではなく,高度の組織化された多細胞生物に類似した機能を実現しているのである。

 バイオフィルムのマトリックス間には水が循環しているが,これは最も原初的な「循環システム(腔腸動物などの開放血管系の始まりですね)」であり,互いに代謝物をやりとりをしている様は機能分化である。これらの機能はホルモンやフェロモンに類似する化学物質のシグナルで精妙に制御されているのである。まさに多細胞生物そのものである。

 しかも,バイオフィルムの分布拡大は,フィルムから離脱する浮遊細胞によって行われているが,これはようするに,植物が成熟した胞子や種子をまき散らすのと本質的に同じだ。だからこそ,浮遊細胞は培養できたのだ。


 また,VBNCの知見はさまざまな細菌による感染症に対する見方を変えてくれる。

 例えば,コレラ菌は流行期には水の中から検出できるが,非流行期には全く検出されない。後者はVBNC状態である。ところが,この状態でもコレラ菌は毒性を失っていないのだが,なんと,人体の腸管を経由することで,培養可能な状態となり,感染力を有して復活するのだ。
同様の「人体を経由するとVBNCから培養可能型に回復する」現象は,病原性大腸菌でも検証されている。


 恐らく,この「VBNCから培養可能型へ」の変化はどんな生物の腸管でもいいわけではないだろう。恐らく,ある細菌にはある特定の動物の腸管,という対応になっているはずだ。となると,コレラ菌をその地域から一掃するのは,きわめて難しいということになりそうだ。

要するに,コレラ菌と人間は同じ生態系で生きていて,万年飢餓状態に置かれているコレラ菌が増殖するためには,ある種の動物の腸管にもぐりこむことが必要であり,たまたまその動物として人間を利用しているだけだからだ。



 また,大腸菌を海水中で培養すると急速に培養できなくなる。
従来はこのデータから,未処理の下水を海洋に投棄しても安全,とされてきたが,実はこれも,単なるVBNCであり,大腸菌は検出できない状態で生き延びていたのである。

大腸菌交じりの糞便を海水に投棄すると大腸菌が死滅しているわけではないし,大腸菌が検出されないからといってきれいな海水だというわけでもないのだ。
このあたり,かなり怖くないだろうか。

 



 このような知識に出会うと,医学界での抗生剤や消毒薬に関する従来の知見は,全て見直す必要があるのではないかと思われる。

従来,抗生剤の効果は浮遊菌を対象にさまざまな濃度の抗生剤を作用させ,その半分が死に絶える濃度で求められてきた。

しかし,上述のように浮遊状態は細菌の特殊な状況であり,自然状態ではVBNCが基本である。

要するに,浮遊細菌という,「最も活性が高く,最も抗生剤が効きやすい」状態で実験されてきた物である。
ここからして既に,不合理なのである。


抗生剤が有効なのは炎症を起こしている元気な細菌だけであって,VBNCにある大多数の同じ細菌には効いていない。これを繰り返していけば,やがて抗生剤は効かなくなるはずだ。

 

 


 これは消毒薬も同じだ。

消毒薬の効果を調べるためには,試験管や寒天培地に細菌をばらまき,それに消毒薬を作用させ,それを新たに培養してコロニーを作った数で調べている。しかし,本書でも繰り返し述べられているように,VBNCの細菌は全て死滅しているわけでもないし,復活できる菌が含まれている。

 まして,殺菌効果を生理食塩水に浮遊させた細菌で調べた場合,消毒薬は失活しにくいことは明白だ(生理食塩水では消毒薬は失活しない)。
一方,線維芽細胞などの人体細胞に対する毒性(作用)を調べる際には,血液培地などで細胞を培養し,その上で消毒薬を作用させるが,この実験系は最初から,消毒薬が失活しやすい条件で行われているのである(培地そのものが消毒薬を失活する効果を持つ)。


 従って,このような条件が異なる実験データを比較して,「人体には安全な消毒薬の濃度」なんて議論をするのは愚の骨頂である。


 いずれにせよこれは,多くの医療関係者に読んでいただきたい良書である。特に,院内感染の専門家を任じている先生方には,必読の書だと思う。

間違った知識(=従来の常識)を前提に感染管理を論じることは,根本から間違っているからである。


TITLE:新しい創傷治療:読書とエッセイ
DATE:2009/09/12

URL:http://www.wound-treatment.jp/next/dokusho153.htm

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

 

上記の公式から現代医学をみてみましょう。

 

間違った知識(現代医学の基礎から始まった勘違い知識)を前提に

感染管理(新型インフルエンザをはじめ、あらゆる感染症対策=予防法、予防接種、治療薬)を論じることは

根本から間違っているからである。

 

そうすると、その結果が今現在出てきていることになる。

 

それも何世紀分が一挙に噴出し始めているとしたら・・・・

 

実験室の医学と自然界の様相は根本から異なっていたのですから、ボタンの掛け違い医学としては元に戻るにはかなり時間がかかりそうです。

いえ、もう戻すには進みすぎたのかも知れません。

一旦、チャラにして白紙からやり直さねばなりません。
世界の医学産業化してしまったため、産業そのものが崩壊してしまうからです。

しかし、このまま放っておいても自滅するのは自明ですし、その間だれがその悪影響を受けるかというと、わたしやあなたです。

 

そうなると、産業体がどうだとか組織がこうだと言っても詮無し、結局「私がそこに参加しない」という決意だけで、簡単に抜け出せるのですが・・・

 

それには出来上がった社会組織構造から抜けるというデメリットもあるわけです。

最後はあなたの勇気と智慧にかかっております。はい。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャーナリズムの終焉はすで... | トップ | 知っていてやれば犯罪、知ら... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
管理人 (管理しろよ)
2012-02-29 23:29:33
ゴッホ?
コッホの間違いだろ!

ゴホンゴホン
あいや、
コホンコホン

どっちも咳なんだけどなあ
でも、おとなしい咳にしようか・・・

こんな所に書くなら題名書き換えろよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL