わたしんちの医学革命と雑多な情報

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

10月サプライズ ♪ ベンジャミン吠える!

2016年10月20日 | コズミック・ディスク...

 

どこまで信用していいんか?

でも、面白い。(ここで笑いにしたらいいのか、苦笑いにしたらいいのか?)

 

政治面はともかくとして

医療に関することは、ホント 面白い(笑い

偽癌医療、特に抗がん剤を投与している関係者は首を洗って、いや、首をくすねて待っている・・・のだろうか?(笑い

 

 

 

10月サプライズ

 

 

日本の癌医療は詐欺であると。
しかも、毒殺行為だから、関係者は刑事罰に処する・・と。

う~ん、

確かに抗がん剤は猛毒で有り、治癒効果どころかガンを促進するという情報は、ずっと以前からあったが、みんなで渡れば怖くない式 日本の癌医療だった。

 

それは、需要者がたくさん居るから、供給者がそれに合わせて頑張る(苦笑

という図式だと思っていたら、ベンジャミンは供給者を罰すると言うのだ。

さあ、どうなる?

彼ら供給者は既に知っていることだから、罪になると知れば怖くて手を出さなくなるんじゃ無いのかな?

いやいや、そんなベンジャミンさんの言うような事は妄想だから、まだまだやりますよ♪

となるのか?

 

それは僕には一切関係ない話だから、供給者も需要者(あ、患者さんのことね)も共同謀議ね。だから、罪のなすり愛はイカン背よ。

 

現実は欲しい者が居るから、与える者が存在してくる。

まあ、毒があるから黴菌が発生するのか、黴菌が居るから毒が供給されるのか?

ウイルス、細菌病源論なら、もちろん宿主(患者)側に責任があるのだろうが、それは認めたくないのだなあ。

 自分の非を認めたくないからこそ、現代医療がはびこって来た(あ、言い過ぎでした)わけ。

魔坂、自分の方に非があって病気を起こしていたとしたら、他人に命を助けてなどと身を任せっぱなしには出来なくなるでしょ。

 

 いくら、それが間違っていようが「欲しがる者が居るから、仕方ないんでゴザイマス」

と、裁判で主張するでしょうから、やはり無罪放免かな?

 

そんな事待っているより、はよ、気付や♪

自分のせいで病気になっても、まだ他人や外のせいにして、しかも他人任せの医療に欺されたからと言って、裁判にかけても詮無し。

だから、ポン♪ という音も出ないな・・・・

 やはりビールは瓶に限る。

どこか発泡酒の瓶入りを発売しないかな(他人任せ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「新日本医術書」昭和11年 ... | トップ | コレステロールの真実と嘘の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL