相撲談義

相撲王国石川・能登から発信

〈H28年秋場所〉9日目 豪栄道全勝、1敗に日馬と遠藤

2016-09-19 19:26:26 | 2016-09大相撲秋場所
2016年9月-大相撲秋場所9日目

全勝 豪栄道
1敗 日馬富士、遠藤
2敗 稀勢の里、琴奨菊、高安、隠岐の海、琴勇輝

豪栄道が全勝を守って初優勝に1歩前進した。むろん勝負はこれからだ。明日10日目は照ノ富士、以後⑪稀勢の里、⑫鶴竜、⑬日馬富士戦が予想される。千秋楽は琴奨菊だろうが、豪栄道にとって明日からの4日間がまず最初の大勝負となる。ここをどういう戦績で乗り切れるか。

日馬富士は明日は碧山戦で、11日目が高安、それから3大関(⑫琴奨菊⑬豪栄道⑭稀勢の里)と連戦が続いて千秋楽が鶴竜となるだろう。今場所もいい動きで気迫も見せているが、残り全勝でいくのはちょっと厳しいか。ただ、白鵬を除くとこのなかではもっとも優勝経験があるし、なんといっても横綱である。

明日、2敗同士の対戦が2番組まれていて、稀勢の里-琴奨菊の大関戦と高安-隠岐の海戦で、ここで敗者が脱落することになる。綱取りの稀勢の里にとってはもう1番も落とせない状況だが、11日目以降も大関、横綱戦が続いていく。高安は上位では日馬富士戦を残しているが、隠岐の海は上位戦が終わっている。高安も隠岐の海も上位を倒して成績を残しているだけに勝ち残りたい。

1敗の遠藤は明日が佐田の海戦だが、勝ち続ければ、隠岐の海、高安、それに大関の稀勢の里や豪栄道戦も組まれるかもしれない。今場所の遠藤は動きもいいし粘り腰もあるから勝機はあるが、まだ100パーセントの状態ではないのではないか。不安感もあるが、充分に期待感も抱かせる。遠藤とはそういう力士だ。

十両は阿武咲が1敗を守り、2敗に大輝が1人、3敗の7人が追う展開で、幕内同様ちょっと予想がつかない。

遠藤〇 よりきり ●蒼国来
遠藤、今日は前に出られなかったが、土俵際で下手投げで相手と体勢を入れかえて寄りきった。8勝で平幕最初の勝ち越しを決めた。明日は佐田の海戦。

輝〇 つきおとし ●豊響
輝はあたってから左にいなして突き落とし。6勝目。明日の相手は好調琴勇輝。

幕下で高立と宝龍山の3勝同士の直接対戦があった。上手投げで高立が勝ち越し。

【石川県出身力士の成績】
東前頭14☆遠 藤〇●〇〇〇〇〇〇〇(8勝1敗)
西前頭14  輝 ●●〇〇〇●〇〇〇(6勝3敗)
西幕下41 栃 登-●-〇-●〇-〇(3勝2敗)
東幕下45☆高 立〇-〇-〇-●-〇(4勝1敗)
西幕下47 宝龍山-●-〇〇--〇●(3勝2敗)
東三段26 能登東-●-〇〇-●-〇(3勝2敗)
東三段56 駿 馬●--〇●--●-(1勝3敗)
西三段91 鰤の里-●-●〇--〇-(2勝2敗)
西序二27★突光力(休場)
西序二53 橋 本-●〇--●●--(1勝3敗)
東序二63★綿 谷●--●-●●--(4敗)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈H28年秋場所〉8日目 遠藤、... | トップ | 〈H28年秋場所〉10日目 全勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016-09大相撲秋場所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。