すすめコトノハの道

謎のライター akari のブログ

危うい状態

2017-07-14 14:00:22 | 日記

ときどき、社会情勢や自然災害の情報などを得るために、 「ワイドショー」なるものを見る機会がございます。 できることならチャンネルを合わせたくないのが本音ですが、 必要に迫らせて画面を長時間つけっぱなしにしておりますと、 「メディア悪」が以前にも増して 際立ってきたなとつくづく感じる次第。

これまでであれば、視聴者にわからないよう、 ジワリジワリと仕込んでいた「偏向報道」 「発言の切り貼り」「虚偽の刷り込み」が 特にここ数か月はもはや隠す気もないほどあからさまに露見し、 「そこまでやって大丈夫だろうか…」と 逆に見ているこちらのほうが心配になるほどです。

つまりこれらの傾向は、日本のメディアを牛耳っている組織が、 「それほどまでに追い込まれている」という証拠で、 もはや自分たちの狙いややり口がバレても、 捨て身の手段を選ぶしかないのでしょう。 「この機を逃せば、日本を潰すチャンスはない」とばかりに、 TVや新聞などのマスコミ媒体全てを総動員して、 「日本が某国に侵略されるような状況」を作ろうとしているのですね。

今現在、メディアの情報操作のおかげで、近隣アジア国との関係は、 小康状態を保っているかのようにも思えますが、 実際には「過去にこれ以上の緊張感はない」というくらい、 水面下での厳しい駆け引きが続いております。 恐らく9月~10月あたりになると、新たな動きが出てくるはずで、 私たちは再び「日本が置かれている現実」を思い知らされるのかもしれません。

メディアの情報を鵜呑みにすることはもちろん、 「他人事のままでやり過ごす」ことも非常に危険です。 ワイドショーやニュース番組、新聞(一部を除く)等の連日の報道内容に、 「気持ち悪さ」を感じない人というのは、 実は非常に危うい状態とも言えるのです。 自分だけではなく、大切な家族や今の暮らしを守るためにも、 「何が真実なのか」しっかりと自らの努力で推し量っていただければと。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天秤の真ん中 | トップ | 生を見直す »