後悔したくない大学

低偏差値高校から大学を目指し、現役ではMARCH日東駒専1浪してやっと入れたのが中央大学経済学部だった。しかし・・・

中央大学に通ってみて

2017-07-17 17:58:34 | 日記
入学式の日

俺は多摩モノレール中央大学・明星大学駅にいた。
目の前には起伏の激しい山々
そしてまるで山村の集落のような新興住宅街が固まって建っている。

駅前にはわずかにコンビニなど人間の生活に必要なものがあるが、それ以外特に目立ったものはない。
そして白いまるで豆腐のような形の中央大学の校舎が見える。

入試の時に見たものの都会のキャンパス大学とのあまりの違いに思わずのぞけった。

「俺はこれから4年間もこんな未開の僻地で過ごすのか・・・」

悲しくて涙が出てきた。

あのとき青学や立教に受かっていればこれから渋谷や池袋のキャンパスで思い切り青春を過ごせたのに
何が悲しくてこんな山奥の店もないような部落で青春の大切な4年間を過ごさなくちゃならないのか。

「ちっくしょう・・・」

うっすらと一筋の涙が俺の頬を伝わった。

キャンパスの中にはすごい数のサークルの勧誘と思われる集団がいるけど、それが俺の目には何かものすごく白々しく映った。

こういうものは都会のかっこいいキャンパスだから決まるんじゃないか。

こんなド僻地でこんなことやってもぜんぜん格好悪い。

こいつらはただ都会の大学の真似をしているだけ。

でも勧誘してるやつも勧誘されているやつも何かモサイ田舎臭いやつばかりだ。

こんなとこじゃ授業の合間に喫茶店でお茶なんてありえないだろう。
だいたい喫茶店自体皆無
お茶をするのはヒルトップとかいう学食棟くらいしかない。

俺はヒルトップに入ってみた。
たしかにネットでよく中央大学の関係者らしきやつらが自慢するだけあって、いくつも店があって
メニューの数も多い。
でもだから何だっていうのか。
こんなもの全部大学が用意したもので、まるで籠の中で飼いならされている鳥のようなもんだ。

こんなものより街の雑踏の中でもっと刺激のある学生生活を過ごしたい。
俺はそう思った。

でもそんなこと親に言い出せない。

俺はそれから鬱屈した日々を過ごした。

何のサークルにも入らず授業が終わったら速攻で家路についた。

土曜日

一番憧れていた青山学院大学のキャンパスに行ってみた。

渋谷から歩いて10分ほど。
周りは数えきれないくらいの大きなビルに囲まれながらも、その一角だけは深い緑に囲まれていて
正門から伸びた並木道の左右には格式のある歴史のある校舎が建っている。
そこから多くの学生たちが吐き出されそして吸い込まれていく。
まるで映画の世界のようだった。
キャンパスの周りには無数の店がある。
青学生たちは誰も皆笑顔で大学生活をこれ以上ないってくらい謳歌しているのがわかる。

俺はまた
「ちっくしょう・・・」
と小さくつぶやいた。


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1浪してやっと受かった中央大学 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。