勝手なつぶやき

今日あった事、見たり聞いたりして感じた事、
ふと思い出して記憶がよびさまされた、そんな事を呟いてみようか・・

続 桜とラーメン

2017-04-26 16:17:04 | Weblog
桜並木を歩き疲れてお腹がぺこぺこ、すぐにでもラーメンが食べたかった。

ラーメンの町だし市内には120軒のラーメン屋さんがあるはずなのに見当はずれの
所を歩いているのか一軒も見つけられない。
誰かに尋ねようにも住宅ばかりで人も歩いていない。

と、その時、横道から観光客らしき三婆トリオが出てきた。(自分たちのことは棚にあげて)

「この辺にラーメン屋さんはないですか?」と聞いたら私たちも行くところなので
一緒に行きましょうと言ってくれた。

歩きののろい3人より数㍍先を進む私たちに、後ろから「そこ真っすぐ行ったら左、次右」、
曲がったりくねったりを指示してくれる。
観光客にしては詳しいなと思った。

「ここ!」
着いた「F屋」さんは外で並んでいる人が居るほど混んでいた。
3人の中のリーダー格らしき人が「ここのラーメンは美味しいよ」

驚いた 
その人曰く、一緒に歩いていた2人は知らない人で連れて来てあげたんだって。
この店は私の姉の経営だと言った。

帽子をかぶり、バックを斜め掛けスタイルは観光に来た人にしか見えない。
なんのことはない、客引きじゃないの

ラーメンは美味しかったから文句はないけど、いつの間にか居なくなったから
また客探しに行ったのか(⌒▽⌒)アハハ!

       今日のせせらぎ小道。ハナミズキの満開はもう少しかかりそう。
             

             

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

桜とラーメン

2017-04-25 16:33:54 | Weblog
「蔵とラーメンのまち」県内の観光地、喜多方市に行って来た。

喜多方市には廃線になった国鉄日中線跡を遊歩道と自転車道に
整備したという場所がある。
そこに昭和63年、3キロに渡り1000本の枝垂桜を植えたという。
一度観に行きたいと思っていた。

今年はタイミングよくチャンスが来た。
地方紙に載っていた記事によれば、直通の「喜多方ラーメンバス」とやらが出るのだと。
宣伝用に塗りなおしたというド派手なバスの写真には笑えるけど楽しそう!
おまけにこれに乗るとラーメン50円引き券がもらえる。
       HPからお借り 


桜の咲き具合を毎日HPでチェックして、満開には早かったが待てずに
晴天の昨日、友と二人で行って来た。(7分咲き

観に行って良かった。
頭にしなだれかかる桜のトンネルにうっとりでした。
3キロは長い。
お腹ぺこぺこで食べたラーメンは格別で美味しかった。

        

       
            

       
            
       
        
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕食になに食べよ

2017-04-21 20:41:22 | Weblog
今晩の夕食はなんにしようと毎日午前中に考える。
ヒントを得ようとスーパーの折り込みチラシを見た。
今日から北海道フェアだって。
北海道限定、ほたて、いくら握りのパックがおいしそう。
手抜きもできるしこれいいなと思った。

ちょっと待てよ!
いつだったか全国駅弁フェアのとき、これにしよっと決めて午後のいつもの
時間にスーパーへ行ったらどこにもお弁当がない。

店員さんに訊ねたら、「売り切れました」
ブチっ
「早く来ないと買えないの?」
「そうですねぇ・・・」
言わなくてもいいことを言って返した。
「だったら先着〇〇名様限定とかチラシに載せておいてください」

そのことを思い出し午前中に買いに行った。
2パック残っていたが買わなかった。

目移りして同じコーナーにあった「八戸沖 さばの押しずし」「ジャンボいなり」
「太巻き寿司」こっちのほうがおいしそう

アスパラとブロッコリーの焼き浸し、煮物も作り、お寿司も味がよく、美味しい夕食に
なりました

     

      桜は満開になったと思ったら一昨日の暴風であっという間に散りました。
     

     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく遅い春が来た

2017-04-16 20:45:49 | Weblog
洗濯物が外干しで一日で乾くなんて半年ぶりのことではないだろうか。
こんなことに感激です。
桜もほどなく満開になるでしょうね

午後新聞を読んでいて、あれ!今日は市長選挙の日だったと気がついた。
元々行くつもりはなかった。

毎回必ず投票に行く夫が出かけた様子がないので声をかけてみた。
「ん?今日は16日か?」
投票日が16日と知ってはいても忘れていたらしい。

別の市に住んでいる妹の家のご近所に、今回市長に立候補している〇〇〇〇氏の
姉上が住んでいらっしゃる。

その方が妹の家に来て「ご親戚の方に〇〇〇〇をよろしくお願いします」と
苺を置いていかれたとか。
律儀な妹は「よろしくって。苺は家で食べたから」と言った。

よろしく、って、私苺もらってないし・・・
頼まれても行かないから。
国政には必ず行きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仏事続き

2017-04-10 21:39:38 | Weblog
昨日は昨年4月に亡くなった義姉の一周忌だった。
仏事が続いて人疲れお疲れ様と自分で言います

昨日の午前中は小雨の寒い日だった。
関東方面からやって来た親類の人達は、満開の桜を見てきた目で
道中の猪苗代辺りの残雪と枯野と寒さに驚いていた。

仏事のあと案内された料理屋さんにはずっとずっと前に一度来たことがある。
30数年前夫の姪が結婚式を挙げた所だ。

そのときのお嫁さんはこの法事の席にK家の主として列席しているのだから
今は昔の今昔物語です

会津の伝統料理2種、その昔もきっと出されて食べたであろう「鯉のうま煮」と「こづゆ」。
今回も出ました。
お正月や祝い事、冠婚葬祭には必ず出てきます。

     その日に水揚げされた鯉を3時間かけて醤油と砂糖でじっくり煮るそうです。
     鯉の臭みは全くない。
          

     ホタテの出汁で山の幸と海の幸。なぜ浅いお椀なのかいつも不思議に思う。
          
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

春憂い

2017-04-06 18:19:38 | Weblog
気温が上がり暖かい日が多くなると体は勝手に動きます。
寒い間出来なかった家事のあれもこれもと忙しい。

暖かくてもこちらはテレビで観るような春爛漫ではありません。
桜の蕾はまだ固く、我が家の庭を見渡しても冬枯れのまま梅が咲いているていどです。

気分的にはちょっと鬱っぽいかな・・・

先日亡くなった義妹の凄絶な闘病の末の死をひきずっている。
美味しい物を食べたり、お風呂が気持ちよかったり、ぽかぽかの布団にすべりこんだりすると、
Fさんは死んじゃったからこれはないんだなと思ってしまう。

私がK家に嫁いでから数えきれぬほど多くあった冠婚葬祭では席次がいつも隣合わせ、
一緒に飲んだり食べたりしゃべったり。
家風の違う中、Fさんが話し相手になってくれたから早く馴染めた。

思えば、身近で亡くなった親族や知人は、ほとんどが長い辛い治療の末に逝っている。
『あぁいい人生だった、楽しかったな、この世に未練はない。ばいば~い』なんて
逝けたらいいね

ありえないか(笑)。

              
          庭で見つけた蕗の薹20個
 

          

                  



           
        
                 




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ちいさなお葬式

2017-03-30 23:01:15 | Weblog
昨日は義妹Fさんのお葬式でした。
家族葬だった。

Fさん夫婦の二人の息子夫婦と、兄弟、姪、甥だけ20人ほどのあったかい家族葬だった。

Fさんは実家を継いだのが姪だったせいで気を使わず里帰りをしていた。
姪の三人の娘たちを、産まれたときから成人になった今まで、まるで自分の孫ように
可愛がっていた。
三人の娘たちは号泣してました

こちらから出席する総勢7名は斎場まで新幹線~電車と3度乗り継がねばならない。
乗車駅もそれぞれなので打ち合わせて同じ新幹線と決めておいた。

乗車駅の早い人が乗り込んですぐに「4号車に乗ったヨ!」とメールをする。
無事7名は4号車で合流!

黒い軍団で(喪服)移動中、乗換駅で1名行方不明になったり、
乗車券をどこにしまったか忘れてモタモタ探してなかなか改札口を出られなかったり、
スイカのチャージをしてなかった人も1名、珍道中で斎場にたどり着いた

四月は昨年亡くなった義姉の一周忌法要がある。
亡くなって一年も経たないうちに妹を呼んだのねと言ってFさんの早い死を悼みました。

      斎場に飾られたFさんの絵手紙。公認講師の資格を持っていた。
           

           

     今朝起きたらテーブルに苺の到来物が。この色には癒されます。
           
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生かされて生きるとは

2017-03-27 21:27:40 | Weblog
病が重くなり治療しても治る可能性がほぼゼロで元の体に戻れないとなったら
どうしますか?

酸素マスクと点滴で生かされているだけ。
本人に意識はない。

次第に弱り医師から脳死状態と告げられる。
延命治療をするかしないか決断をせねばならなくなったとき、
息子達は母を楽にしてやりたいと延命を止めようという。

夫はそれを押し切って延命治療を望み人工呼吸器を付けさせた。
それから一週間後の昨日、義妹(夫の)は亡くなった。

ここ数ヵ月、今日か明日かと案じながら、近くではなかったので
会いに行くことはしなかった。
来てもらっても、誰だかわからないからと言われたこともあって・・・
病状は義妹の夫が度々知らせてくれていた。

この間に生かされて生きることなど考えていました。

周囲にヤキモキさせて迷惑をかけるのは絶対に嫌だ。
いろいろな機械に繋がれるのは猶更嫌だ。

そして、前から書いておこうと思いながら書かずにおいた「延命治療拒否」する旨の
簡潔な文を書いて封にいれておいた。

法的に通用するようなものではなく、これを見た子供たちが、延命装置をしないことを
後で「後ろめたく」思わないようさえしておけばそれでいい。
夫もこのことは同じ意見なので書くように勧めます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

孫18歳

2017-03-21 20:49:26 | Weblog
晴れて大学生になれることになった孫が海外旅行へでも行くのかと思うような
スーツケースを転がしてやってきた

到着するや否や即二階から漫画の本を10冊くらい抱えて下りてきて待望の炬燵にはいり
漫画に没頭。
テレビをつけたまま、漫画にスマホ、(;´д`)トホホ 不思議な生き物だ。

長い受験戦争が終わり心底清々してるのだろうから大目に見ることにしましょう。

次の日から小学中学時代を過ごした古巣の友人達と連絡を取りあって遊び歩いている。

ばぁばは食事と洗濯の世話をすればいいのだけど帰りが遅くなると気がもめて心配します。
今日も小雨の中出かけてまだ帰ってこない。

3月18日は彼の18歳の誕生日だった。
豪華なデコレーションケーキはないけど、ささやかなショートケーキで祝いました。

      
         
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

当選!

2017-03-16 23:00:44 | Weblog
福島市にある飯坂温泉協同組合では年の始めに「よい宿キャンペーン〇〇〇〇年」と銘うった
キャンペーンを毎年行っている。
応募して当選した人はその年の西暦を宿泊の料金として泊まれる。
今年は2017年だから2017円です。

ただし、条件があり、必ず2名以上で、一人は2017円だけど他の人はその宿の通常の宿泊料金を
支払う。

協賛しているホテル宿から希望の宿を選んで申し込む。
去年はどうせならと高級な宿を申し込んだらハズレた。
今年は中級処を選んで当選した。

地方紙の募集を見落とさない限り毎年応募している。
10年くらい前にも一度当選して泊まってきたことがある。

今回は通常一人17280円の宿なので2017円を足して2で割って
1万円で泊まれる宿もあるから特別安くもないか

当選したということが得な気がするので行くつもりです。

        

   先日姉にケープを縫って送ったらとても喜んでくれた。
   材料代はバイヤステープ380円しか懸ってないのにお菓子を送ってくれた。すまん
        
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加