勝手なつぶやき

今日あった事、見たり聞いたりして感じた事、
ふと思い出して記憶がよびさまされた、そんな事を呟いてみようか・・

歯の治療その後

2018-02-23 18:34:41 | Weblog
歯の治療が長引いている。
初診以来今日で8回目になってしまった。
完治はまだ先になるらしい

腫れがひかず7回目から若先生から大先生に代わった。
大先生はレントゲン写真を見ながら説明して下さった。

私の歯は永久歯の頃から中央の前歯二本の並びが悪い。
左の歯に右の歯が少し重なっている。
特に気にもしてなかった。

しかし歳を重ねるごと、前より突出してきているようだと思っていた。
先生の説明では加齢とともに歯茎も痩せて緩んで下がってくるそうだ。

腫れは細菌のせいでこれとは別の問題だけど。
同時に出ばって来た歯の治療もすることになった。

21日の治療は歯を削って下の歯との噛み合わせを調節して
薄く短くした。

まだ仮歯だけど鏡を見てびっくり
歯並びが良くなってる!
治療はまだ続く。

  
   待合室が満員で座る場所がなく立っていたら「奥にどうぞ」と言われた。
   こんなキッズルームのようなのがあるなんて知らなかった。
   ふかふかソファで快適でした。
        
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

放射能汚染土回収

2018-02-16 21:11:13 | Weblog
あの未曽有の震災から間もなく7年が経とうとしている。
この地も放射能を撒き散らされ、どの家も少なからず汚染された。

各戸何度も放射能値を測定され、敷地のどの辺りが最も高いかを調査していったものだ。

我が家で一番高かったのは駐車場に敷いていた小石の下の土だった。
市に(東京電力?)雇われた除染作業員が石を洗って下の土を削り、
汚染した土は黒いビニール袋に詰め、庭の隅に穴を掘って埋めていった。

何処の家でもとりあえずということで家庭保管をさせられていた。

今年に入りそれを回収すると市から通知がきた。
歓迎です!やっと廃棄物処理場に運んでもらえる。

地域ごとなので、今私たちの町は作業員とトラックだらけです。
今日は我が家から運び出した。

午後から狭い庭に作業員が6人、軽トラックまで入りこみ掘り出した。
寒い中作業員の方達は大変です。

数日前、事前説明に来た一番下っ端らしいお兄ちゃんに、
「東電の爆発事故がなかったらよかったのにねぇ・・・」と言ったら

「・・・でも、それで仕事があるわけで・・・」

そっか、なんとも複雑な問題ね。

口には出さなかったが『きつい仕事だろうけど頑張ってね』と言いたかった。
孫のようなお兄ちゃんにお小遣いでもあげたかったな。

     

          あらら、和室の額がアヤメのままだった。
          お内裏様とお雛様に替えました。
           
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

おらおらでひとりいぐも

2018-02-11 23:24:10 | Weblog
若竹千佐子著「おらおらでひとりいぐも」が芥川賞を取る前、
この本のことを新聞の読書欄で知り図書館に予約を入れていた。

興味をもったのは本の題名だった。
「おらおらでひとりいぐも」
ん?題名は少し考えて?東北弁だとすぐにわかった。私も東北人ですから。

芥川賞を取ったとニュースで知った時は予約しておいてよかったと思った。

昨年の12月31日の予約時に11人待ちだったこの本は今日で91人待ちになっている。
順番が来て昨日借りてきた。

偶然に今朝、「マイ朝ラジオ」でご本人がお話になっているのを聞いた。
「おらおら」だから方言で話されるのかと思ったら標準語でした(⌒▽⌒)アハハ!
24歳から東京にお住まいだそうで当然ですね。

読み始めたばかりで思ったことは、東北地方と関係のない県の方には読みづらいかもしれないなと。
東北弁は言葉に濁点が多く付く。

例えば文中の一例をあげればこんなふうに。
【だども、あのどぎがら。あのどぎっていづよ。あのどぎだばあのどぎよ、恐れでいだ最悪のごど・・】
ねっ、こんなふうです。

本は全文が東北弁ではないが、濁点が邪魔ですらすらっと読めなくて時間がかかる。

話題の本だから面白くないわけがない。
あすから集中して読みます。

    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旬の物

2018-02-07 21:07:14 | Weblog
果物大好きです。

その季節の実りの物、旬の物を食べます。
季節外れは値が高いしね

林檎ばかり飽きもせず食べ続けていて、今店頭には柑橘類が豊富に並んでいる。
柑橘類は種類が多いので2、3日で食べきれるように箱詰めでなく袋詰めの物を買う。

昨日まで「イヨカン」を食べていたので今日は「デコポン」にしようかなと値段を見たら
二個入ったパックで650円もする。

「デコポン」が食べたいけど「ポンカン」にするか・・で、「ポンカン」を買った。

なんと!驚いたことに、午後に嫁ちゃんのお母様が「デコポン」を持って来てくれた。
年甲斐もなく、わ~~~い

朝、テーブルの上に「イチゴ」の差し入れもあって、うれしい悲鳴です。











































コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

さっさと行くべき

2018-02-02 21:07:14 | Weblog
1ヶ月くらい前だったかフランスパンを噛みしめて食べた後で前歯が痛くなった。
自己診断で虫歯ではないようだ、フランスパンを噛みしめたせいだろうと
思っていた

その日によってズキズキ痛かったり次の日はなんでもなかったり、
歯医者に行かない口実をつくって放っておいた。

前歯を使わないようにして噛めば痛みは酷くない。

一昨日、歯磨きのあとで指で口内をさぐっていたら歯茎が腫れているように感じた。
さすがに、これは拙いかもしれないとかかりつけの歯科医院に行った。

やっぱりね。
歯茎の中で炎症がおきていると。
先生は「穴を開けて膿をだします」なんて恐ろしいことを仰る。

あの椅子に座ったら俎板の上の鯉です。
されるがままに治療をしてもらった。
怯えた割には痛くなかった。

重い腰をあげて行って良かったとつくづく思い知って帰って来たことでした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クレーマー

2018-01-29 21:21:25 | Weblog
1℃や2℃の日が続いたので今日の3℃は暖かく感じました。
明日は又マイナス1℃の予報が出ている。

先日ベストの肩はぎがほつれてクレームを付けまだ解決もしていないのに
またまた今日は別口で苦情のメールを送った。

ベッド用の「のびのびシーツ」を2枚購入した。
シーツを交換しようと取り付けたら1枚はすんなりマットレスを被ったのに
色違いのもう1枚が裾のゴムが伸びず嵌らない。

思い切り引っ張ったらピリピリ~とゴム糸がほつれて切れそうになった。
縫い目も少し綻んだ。
調べてみたらゴムの縫い付けが悪くて一部伸びない部分がある。
伸びないのだからマットレスを覆えない。

ベッドのシーツ交換は労力がいります。

我が家の寝室は狭いので片側を壁にぴったりつけている。
マットは重いし交換するときはいつも疲れて腰が痛くなる。
そこにもって今日は入らないのだから何度も力任せだった。

疲れて諦めるのでなく怒りはメーカーに向かった
すぐさま購入した通販にPCからクレームのメールを打った。

購入歴も長く信用している通販だから返信は早いだろうと思った。
思ったとおり返信は早かったが「回答まで時間を下さい」だってさ!

わたしゃ、すっかりクレーマーになってしまったわい

      




















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

予期せぬ出来事

2018-01-23 17:11:16 | Weblog
昨日は夫の姪が41歳の若さで亡くなり告別式で千葉へ行って来た。
夫は足が弱り遠出はしないので、K家として(夫側の親族)私と、世代交代した姪二人と三人で
参列して来た。

22日は大雪警報が出ていることは数日前から知っていて天候の不安はあった。

三人で、終わり次第なるべく早く帰ろうねと話していた。
式の開始が9時半と早かったので朝一番の始発の新幹線に乗った。

告別式が終了し千葉を出たのは2時過ぎだった。
その頃から雨は雪に変わり東京駅に着いた時にはかなりの降り様で構内は混雑していた。

なんとか座席も取れ定刻に発車した電車は進むごとに窓外は真っ白。吹雪いている。

宇都宮駅を過ぎたころ息子から「宇都宮→郡山間で遅延発生だそうだ」と
メールが入った。

「順調、なんともないよ」と返信した直後、一瞬電気が消えて緊急停車しますとアナウンス
架線に雪が積もり点検していると説明があった。

この時は10分くらいで電車は動いた。
しばらくして又緊急停車した。
この時が長くて不安だった。

息子にメールをした。
「どこだかわからない所に電車が止まっている」

しばらくして返信有り「白河で点検中」と一行だけ。
調べてくれたらしい。

白河なら次の駅は「郡山」だから近くまで来ていることで少し不安は薄れた。
定刻より1時間遅れて無事帰って来れた。

それにしても、なんの事件にも遭遇したことのない三人がこんな場面の渦中に身を置く羽目になるなんて
人生には思わぬことが起きるものです。

               終わり

追伸 原因は架線に雪が積もり、前を走っていた電車が動かなくて点検に時間がかかったということでした。

          今朝の雪
    
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

不良品

2018-01-19 21:22:40 | Weblog
一月のはじめにネット通販でベストを買った。
今日までに三度着用して今日広げたら肩の縫い目が綻んでいる。
無理に引っ張た覚えはない。
(縫製が不良で端の糸が切れていた)

ニット(毛糸)だから同じような色でからげれば直るかなと極細の糸で
編み目に針を入れたらツツツ~とほどけてしまった。

安くもない値段で買ったのに三度来ただけでなんなんだ!
怒り心頭、頭に血が上った。

すぐに会社の返品や不良品の係りを調べて電話をした。

お客様相談室」とかの担当者に訳を説明して「写真を撮ったので送ります」と言った。

「申し訳ありませんが品物を着払いで送って下さい。工場で見てもらいます」と言う。
名のある会社だし、物言いも丁寧で何度も謝るのできついことは言わなかった。

取り掛かるのが早いのが私の長所です。(ん?慌て者ともいう)

電話を切るや即、コンビニに走り宅急便を出してきた。
できたらお直しでなく新品で返してほしい。

        実物の色はダークブラウン(チョコレートのような)
          
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

しばらくぶりで

2018-01-17 16:05:17 | Weblog
何度かこのブログに不幸続きだった友として登場してもらった友人と
久し振りにランチをしてきた

昨年5月にこちらから電話をしてランチに誘ったとき、
成りゆきで急に農家の世帯主になってしまった彼女は忙しかったらしく
「後で電話をするから」と一言言ってそそくさと切ってしまった。

後でとは、それから8カ月後の一昨日だった!
何かまた不幸なことが起こったのかなとこちらからは連絡せずにいた。

「明日暇?」と、8か月も経ったとは思わないらしい言い方で電話がきた。

久々に会って見れば又一段と農家の母ちゃんぶりが板に付いていた。(彼女は独身)

ランチのお店で二人共スパゲティを頼んだ。
註文を取りにきたお兄さんに「大盛り!」
私、あわてて「普通盛り!」

「口から言葉が飛び出すほど話が溜っているよ」と、喋る喋る

生活がやっと落ち着いたころ、東京で自営業をしていた弟が脳梗塞になり
鬼嫁に保険金も家財も取られ追い出されて、もう半年も彼女が世話をしているそうだ。
気の毒だけど笑うしかないねと言ったら一緒になって笑っている。

彼女12月に足の小指を骨折したというし、
どこまで続く泥濘ぞですよね。

ランチのお店から我が家に移動して5時まで喋っていった。
次回会うのは田植えが終わった頃になるかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大漁船

2018-01-10 20:57:16 | Weblog
こいつぁ春から縁起がいいわい。

大漁船が着きました。
朝ゆっくり起きたらテーブルの上に発砲スチロールの箱が乗っていた。
息子の仕事関係からの頂き物だとすぐわかった。

干物だけが二段重ねでぎっしり入っている。
携帯に息子からメ-ルが来ていた。

『好きなものを取って少し戻しておいてくれればOK』だって。

少しって、こちらもそんなにもらっても食べきれない。
きっちり二等分して冷凍した。

今夜は「鮭のハラス」と「メヒカリ」と「烏賊」を焼いた。

今無性に水が飲みたい。  干物って喉が渇く~!

       

       


          
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加