素朴で健康な暮らし

素朴で健康な暮らしの日記です。

スマホによる体への負担とは

2017-05-14 01:53:39 | 日記

スマホを使う際、多くの人は顔を前かがみにして画面を操作していると思います。
これは立ってスマホを使う場合は必然的にそのような体勢になりますし、
座って操作しているときも手元にスマホを持って操作するために、
立っている時に比べると角度は浅くなりますが前かがみになります。

前かがみになることによって首にはかなりの負担が掛かっています。
成人の場合、頭の重量は5キロとも言われており、前かがみになることで
その5キロが首に掛かってきます。
首はそこまでの重さを常時支えていられるだけの構造になっていないため、
肩や首のコリ、頭痛などの原因となります。

スマホを使っている間は画面に集中しているのであまり気が付きませんが、
日々、少しずつ首に負担が掛かかりそのダメージは蓄積されていきます。
首に負担がかかれば姿勢も悪くなり猫背になります、そうなると
内臓にかかる負担も必然的に発生するので首だけの問題では収まらなくなり、
全身症状に繋がるとも言われています。

パソコンを使う事でも首などに負担がかかることはありますが、
近年のスマホ普及による「ながらスマホ」が常態化してしまっているので、
今後、首や頭、背中などで発生する症状というのは増加するでしょう。

加えてスマホによる問題はパソコン使用に比べると少し申告だと言われています。
パソコンの場合は、姿勢を正しくして使うことで問題は改善しやすいのですが、
スマホではそうはいきません。
どうしても手元にスマホを置いて操作することになるので、パソコンのように
姿勢だけの問題で解消するほど単純なものではないようです。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうして高齢者に運転ミスが... | トップ |   

あわせて読む