ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

LEVORG Parts イカリングなんて古い!

2017-07-14 21:43:07 | LEVORG

今週はよく頑張ったのでビールを沢山飲みました!

自分が気になっている、レヴォーグのパーツを紹介する新しい試み!
※個人の意見です!

食べ物のイカリングは好きだけど、、
クルマのヘッドランプのイカリングは嫌いでした。
もちろん、BMWのイカリングであれば、オリジナルなので何も文句はございません。
日本のクルマで、ヘッドランプをイカリングに加工してあるのはどうなんだろう。
なんか、BMWの真似であまり好きではありません。

昔と違って、ヘッドランプの形状や光り方の自由度が高くなったので、今ではクルマのオリジナリティを出すための重要なパーツになっています。

レヴォーグも最初カタログを見たときに、コの字に光るヘッドランプがカッコよくてとても惹かれました。
年改が進む中、パーツも沢山発売されて個性的なパーツがヘッドランプでも発売されています。

その中で、私が気に入っているのはコチラ。

LIBERAL LED HEADLIGHT UNIT JAWS


これは、カッコいい。
コの字型に光るのはそのままで、ハイビーム部分がスラッシュ型に光っている。
とても個性的です。
これは、「ほしぇー」のである。笑

もちろん、車検対応製品で、光量についても、
「Eマーク取得により日本の保安基準の光量(LOW6400cd/HI15000cd)を満たした製品です。」
とのこと。
安心して使うことができますね。
※ただ、やはり車検の基準が場所によってマチマチであるため、通らない場合があるので注意はしたいですね。

一応、LIBERALで車検を行う店舗などに、必要に応じてメールや電話で説明してくれるとのことです。

ヘッドランプにLEDを使用できるようになって、いろいろな色で飾り立てているモノを見かけますが、
法律に抵触する可能性が高くなること、他のクルマに影響を及ぼすもの。そういったものはダメだと思います。

そして最後に気になるのは、「明るさ」です。
レヴォーグの純正のヘッドランプは明るいとは思いません。もう少し光量があった方が運転しやすいのに。と思うこともあります。

このヘッドランプは1灯でロービームとハイビームを兼ねていますので、明るさどうなんだろう。と思っています。

でも、(再び!)カッコイイね!

レヴォーグに装着してみたいパーツです。

ジャンル:
ドレスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEVORG 思う事 | トップ | LEVORG 撮影 視点を変えてみる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。