ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

LEVORG 先々の予定

2016-12-13 22:09:06 | LEVORG



新型インプレッサのシャシーがSGP(スバルグローバルプラットフォーム)と呼ばれるもので、
新しく導入されたものであることはスバルが好きな人ならば誰でも知っていますよね。
この次世代(もう発売されちゃったので現行になってしまいましたが)プラットフォームが素晴らしいので、
新型インプレッサの走行性能(はしる、まがる、とまる)が高いわけです。

Carviewのニュースで、
富士重工業が2020年に新プラットフォームを全車種展開!
ちょっと引用--------
 2020年をめどに同プラットフォームを全車種展開する計画のようで、
衝突回避ブレーキなどの運転支援システム「アイサイト」に加え、
車両本体の性能向上により「安心・安全」を訴求する考えとか。
------------引用おしまい。

ニュースなのに、「とか。」 で終わるのはどうなんでしょうか。(笑

密かに、レヴォーグはD型でいきなりSGPを使用してくるのではないか。と読んでいた私の想像はハズレですね。

2014年 A型
2015年 B型
2016年 C型 STI Sport 発売
---------------------→ここまでが前期型、以下後期型
2017年 D型 tS 発売予定   (´・ω・`)
2018年 E型 S501? 発売予定   (V)o¥o(V)
2019年 F型

つまり、2020年にレヴォーグのプラットフォームはSGPになるという事でしょうか。
来年後期型に変わる時に、エクステリアが大きく変更されなければ、
レヴォーグはE型までで終わる可能性もあると読んでいます。

レヴォーグと少しずれて、発売された、S4もWRX STIも同じ流れを踏むことになりそうですね。

しかし、今のクルマ業界で、4年後を読むのは難しいですよね。
日産が、三菱の技術を使用してEVに力を入れてきており、間違いなく近い将来はEVが主流になるのかと。。。
カルソニックカンセイの売却も、将来のEV化に向けてと論説している記事もありました。
EVはモーターですから、その時に水平対向エンジンどうなっているのでしょうか。
アイサイトは自動運転モードを備えているかもしれません。(笑

"運転が楽しい"なんて言っているのは、今だけかもしれません。

ちょっと悲観的な書き方になってしまいましたが、
レヴォーグのSGPの採用。楽しみに待ちたいと思いました。

あくまでも予定は予定、難しいですね。 

『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEVORG 遅く起きた日曜日は。。 | トップ | STIアンブレラ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流れは確実に (tokiokatoshio)
2016-12-14 16:29:09
スバルも電気自動車でしょう!ただ他メーカーと違うのは四輪ホイールインモーターで起死回生を狙うでしょう!そしてバッテリー大型化は辞めて超小型水平発電機用エンジンを搭載かな?日産のノートのイメージかな?
SGPは楽しみだけど (yohda60)
2016-12-14 17:19:13
akさん、こんばんは。

右に倣えで、EVが今後の主流になるのはやむを得ないのかもしれませんが、ちょっとつまらんな、という気がします。ハイブリッドもそうです。レンタカーで乗ってみましたが、どうも「機械に走らされている」という感じがどうも違和感ありです。
私の考えが古いのかもしれませんが、少なくともスバル車が好きな人は、EVとかは好まないと思います。
いずれにしても、レヴォーグ+SGPは楽しみですね。ところで、価格.comの書き込みに、2L→1.8L、1.6L→1.5L?なんてのもありましたが、このあたりはどうなんでしょうか・・・
本当にわかりませんよね・・・ (Ron_STI)
2016-12-14 21:08:31
akさん、こんばんは。

私もブログに書きましたが、スバルはさらにダウンサイジング化を推し進めるようで、次期レヴォーグやS4にはSGPと共に今より排気量の少ないエンジンを搭載する可能性がかなり高そうですね。
そういう意味ではパワーと燃費を両立している今のエンジンのレヴォーグやS4は貴重かも知れませんね。

STI に至ってはD型でEJ廃止という可能性も少なからずありそうです(泣)
そうでは無くても次期モデルでは今のようなとんがった車では無くなる可能性もありそうですね。

本当に先は読めませんね。
動力は一つあればいいでしょう~ (ak)
2016-12-14 22:16:36
tokiokatoshioさん
こんばんは。
エンジンの代わりとなるモーター動力は一つあればいいですね。(笑
デフで動力を4輪に伝える方が4モーターよりも効率的だと思いますー
でも、夢がありますね。

しかし、早い時期に水平対抗エンジンというアイコンを捨てるようには思えないので、ほかの方がコメントしているようにダウンサイジングターボとハイブリットの混合になることが考えられます。

しかし、トヨタ、日産はEVに舵を切ってくるでしょうから最終的にはどうなっているかわかりません。
本当にできるのかな(笑 (ak)
2016-12-14 22:27:15
yohda60さん
こんばんは。
スバルはお金が無いので、エンジンのラインナップを複数揃えたり、ボディを変えたりという事が出来ません。(これまでは。)
しかし、ダウンサイジングターボの波はスバルが乗るべき波だと思っています。
レヴォーグに2.0、1.6にそれぞれ1.8、1.5だと思いますが、過給で1.7くらいかけることができれば、1.8Lは4L超、1.5はほぼ4Lと同じ動力性能を得ることができますので、悲観はしていません。

内燃機関の将来 (ak)
2016-12-14 22:34:15
Ron_STIさん
こんばんは。
内燃機関エンジンの将来は暗いですよね。
発電するだけのために使われる時代が来そうです。
スバルのターボ技術は抜き出ていますので先ずはダウンサイジングターボが主流になるかと。
また、国の排ガス規制や、高燃費実現のハードルも年々高くなってきています。
我々の年代からすると寂しさはありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。