ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

LEVORG Parts 穴の大きさの話

2017-07-16 18:19:48 | LEVORG

家族でローストビーフ食べ放題!に行ったら、一皿だけだった。景表法違反で訴えてやる! (。-`ω-)
※ローストビーフサンドは食べ放題だった。(しかしチラシは「ローストビーフ」)

食い物の恨みは恐ろしいのである!(笑

ずーっと前にこのブログで。「穴の話」をしたことがあります。(どこで書いたかは探してね。)
スバルのターボ車であれば、フード(ボンネット)に穴が開いているのは当たり前。
昔はレガシィ、インプレッサ、フォレスターなどに穴がありました。
でも、WRX STIの穴は違っていました。
ひときわ大きく、ドライバーズシートからもフードの真ん中が盛り上がっているのを確認できたくらいです。
(邪魔なくらいでした。笑)
しかし、穴の大きさは、パフォーマンスの良さを意識させ、私はカッコいい!と思っていました。(ホレボレするくらいに)
その穴の大きさは、レガシィやインプレッサはおとなしめだったのです。

ところが、レヴォーグは。どうか?
予約時点で穴の大きさを見ると、BM/BRレガシィと比較しても大きく。存在感があり。
密かに(ウッシシッ!)喜んでいました。
そして、ついに試乗する機会を得たときには、穴が大きいのに、ドラバーズシートから見たときには、
その大きさを感じる事はありませんでした。
これが、進化なのだと思ったくらいです。
たぶん、レガシィやインプレッサはドライバーズシートからの視認性を良くするために「控え目」な穴だったのでしょう。
※WRX STIはハイパフォーマンスカーなので、そんなこたぁどうでもいい!(笑

この穴、呼び方は、エアスクープ、エアバルジ、などと呼ばれています。
バルジとは、「突出部、でばり」という意味です。
※ヨーロッパ戦線でのバルジ作戦(ドイツ軍側はラインの守作戦)の呼称と同じ意味。


レヴォーグのエアバルジをもっと主張してしまおうというパーツが、
CyberRのビッグバルジ


とても存在感があり、(漢ならではのモッコリ感が素晴らしい。)自分のレヴォーグに装着したいと考えている商品です。

しかし、フード部分からの風の流入量は計算されているはず、
※1.6Lには内部に遮蔽版あり、2.0Lにはなし)
なので、どう考えてもこのパーツをつけると流入量は多くなるので、影響はないのでしょうか。
この部分をためらっていて装着できないでいます。
webサイトでは、「効率アップを目的に作られたパーツ」とあります。

でもカッコいいなぁ! 存在感がアップするスタイルだけなら文句なしのパーツです。


振り返ってみれば、LEGACY B4 tuned by STIに乗っていた時に、
こちらの会社の、カーボンエアスクープを装着していたのです。
WRブルーに黒のエアスクープはバッチリ目立っていて、カッコよかったです。

懐かしい写真1

懐かしい写真2


レヴォーグに装着してみたいパーツです。

ジャンル:
ドレスアップ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEVORG 撮影 視点を変えてみる | トップ | レタッチ「アンシャープマス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
穴のかっこよさ (surfelse)
2017-07-27 17:10:10
初めまして。

レヴォーグD型を7月頭に申し込み、そわそわわくわくしながら納車を待っている者です。

ボンネットの穴、かっこいいですよね。
言葉では言い表せないロマンというか、力強さのようなものに憧れていました。

今回、初めて車を買ったのですが、周囲からは穴空いてるのはどうなの?という反応もちらほら。
みんなどう思っているのか知りたくて、ネットの海を漂っていたところこちらに辿り着きました。

これから過去の記事を読みたいと思います。
穴の理由もわかると (ak)
2017-07-27 20:44:22
surfelseさん
こんばんは。

初めまして。
D型の納車が待ち遠しいですね。

どうしてボンネット部分に穴があるのか理由やターボの仕組みも分かると、もっと良さがわかると思いますよ。
1.6Lだとダウンサイジングターボ。
2.0Lだとハイパフォーマンスターボ。といように排気量でもその性質が違っています。

コメントを投稿

LEVORG」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。