「私の運勢、昇ったり、上がったり!」Ver.3.58

「実践カバラ大秘術 http://kabbalah-dhj.com」主宰の「あっきぃ」がお送りするフツーのブログ(^^;

占い業界の「双子のパラドックス」って知ってる?

2017-08-09 21:43:56 | Weblog
ブログを復活したのは良いけど、また、長期休載になりそうなので、日々気にして何か書くことにしました(たぶん…(^^;)
しかし、最初が「今日、行ったレストランはさぁ~…」というのもアレなので(^^;
ブログタイトルに近い話題から…。
まぁそのうち、日々の雑談になりそうですけど…(^^;

占い界における「双子のパラドックス」の話をしましょう。
世にあるいろいろな占いのうち、霊感とか、オーラとか、誕生日や出生によらない手法については、まぁ別の機会にしますが、
基本的に「誕生日、氏名、性別」を聞かれる(基本情報にする)占いについては、
前述の「双子のパラドックス」が存在します。
つまり、双子の場合、
・生年月日が一緒(あたりまえ)
・親が一緒(世界で数例違うことあり)
ですから、
・星座が一緒
・歳が一緒
・九世も(ほぼ)一緒
・星回りも一緒
等々、同一点ばかりです。
しかしならが、双子の場合、必ずしも全く同じ人生にはなっていない。
これはみなさんご承知の通り。

わかりやすいので、芸能人でいうよ「まな・かな」の双子姉妹がいましたよね。
未だにどちらが、まな、かな、か解りませんが(^^;
途中までは何から何まで似ていましたが、
方や、先に結婚してお子さんもいますが、其の時点でまったく二人同一ではありませんでした。
これは、ちまたの「占い」というものでは判別不能。
困った占い師達は「顔相が…」とか「オーラが…」とか言い始めますが、
「だったら、最初から、顔相とオーラだけでやれよ!」っと言いたくなるのがごく普通の話。

「名前が違うでしょ!」っという方もいますが、
「Mana」「Kana」です。つまり、長い名前の1文字しか違わない。語感は一緒。
これで大きく人生が違ってくるなら「生年月日とか、性別とか、ハナから関係ないでしょ!」っと言いたくなるのがごく普通の話。

そこを説明できる占い師は少ないですよね。
でも、そこを説明するのが、占い師ではない「運勢コーディネート術」の「カバラ大秘術」なわけです。
日本の人口一億二千万位?かな?理論上、全て区分が可能です。

まぁこんな話を(も?)、
日常の日記的ウダウダブログに紛れ込ませますので、お楽しみに~(;^^)/
ジャンル:
占い
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び、三度?、久々の更新! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。