花乙女

akkoのイラストなど

またひとり

2013年09月30日 21時19分39秒 | 日記
なじみのお客さんがまたひとり逝ってしまった。
くも膜下だって。70歳。

その人のお友達が知らせてくれた。
危険はひたひたと忍び寄るね。

例の体操をすると腰の具合がいい。
夜寝る前にやるのだ。
慣れてきたのであんまりきつくなくなった。

これはランニングに代わる健康法になるかもしれない。
続けてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋だね

2013年09月29日 18時13分03秒 | 日記
気持ち良い陽気に土手を歩いたら、
ススキが黄金色に輝いて、秋だなあ。

外ばかりいたカメちゃんが家に戻ってきた。
半袖をしまって長袖を出した。

「物のあはれは秋こそまされ」

活字で読むより、毛筆の徒然草はしみじみするなあ。
この味わいは何ともいえない。

「ひとり、燈のもとに文をひろげて、
見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。」

昔の人はどんなくずし字でもちゃんと読めたんだなあ。
「有」も「道」も「庭」もくずし字にすると、おんなじ字に見えちゃうよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くずし字で

2013年09月28日 13時16分45秒 | 日記
正徹本は難しかったよ。

本屋さんへ行ったら、

古文書入門 くずし字で「徒然草」を楽しむ
 中野三敏 著 角川学芸出版

という本が出ているじゃないか。
江戸時代の木版本の写しだよ。

一字一字がしっかりしていて読みやすいよ。
濁点が振ってある。句読点もある。

正徹本を読んだ後だから、すらすら読めるよ。
ご親切に左ページに現代の活字で書いてくれてる。

楽しめるなあ。

「いまだ誠の道をしらずとも、えんをはなれて身を閑にし、
事に預からずして、心をやすくせんこそ、
しばらくたのしむともいひつべけれ。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒くなった

2013年09月27日 21時46分44秒 | 日記
朝晩が急に寒くなったよ。
それでさっそく足元にミニコタツ設置。
今年は足を冷やさないようにしよう。

池袋の地下通路に成城石井ができたの。
ここのところ、チョコレートに飢えていたから
スイスのチョコレートを見つけて買ってきた。
あー、うれし。

猫さんが朝やってくるのは6時になった。
やれやれ。

ヒョウちゃんはまたどっか行ってしまった。
代わりに知らない子が時々顔を見せる。
猫の世界はわからんよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルペス

2013年09月26日 21時47分43秒 | 日記
おなじみさんが突然やってきて、
お嬢さんが帯状疱疹が鼻から眼にできて困っているから
どこかいい眼科を教えてほしいと言ってきた。
今行っている眼科はどうもイマイチらしい。

皮膚科には通っているが眼はまた特別なことがあるらしい。
それでいつもお世話になっている大学病院の眼科の紹介状を書いた。

皮膚科から紹介状をもらえばいいのにね。
そういうのは言いにくいのかもしれない。

私のところはものを言いやすいのね。
それに私は恥も外聞もなく、すぐ紹介しちゃうものな。

最近口の中もヘルペス多いよ。
やっぱり「ほ」のせいかな。

ぽつぽつと健康被害はあるけれど、
まわりのほとんどの人は元気そうだから、
こんなに苦労して自炊する必要あったのかな、
と思うこともしばしばある。

産地偽装された野菜や果物を食っているかもしれないから、
もしかしたら意味ないのかもしれないとかも思うのだ。
それに呼吸からの被曝が大きいから食事に気を付けてもしかたないかなあとも。

外食は楽だからなあ。
定食屋のほっけ定食はうまいものなあ。
から揚げ定食もいいぞ。
ファミレスで季節のランチもいいよなあ。

脳に「ほ」が行って、気が緩んじゃってるなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨降り

2013年09月25日 17時41分40秒 | 日記
静かな雨はいいなあ。
台風が来るそうだから今夜は荒れるかな。

道端でおなじみのお客さんにあった。
すごくやせてしまってびっくりした。

1ヶ月入院して今月胆石の手術をしたんだって。
それで8キロやせたそうだ。

昨日90歳になられるご婦人から
昔の話を聞いたの。

関東大震災の8日後に生まれたそうだ。
この一角は建物が壊れずに残り、
畑で作物作っていたから、
家族が避難してきた人を助けたんだって。

そういえばこの辺は大きな硬い岩盤の上にあると聞いたことがある。
本当かもしれない。

自宅で地震に会うより職場で会ったほうが助かる確率は高いかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏おわり

2013年09月23日 20時01分52秒 | 日記
長く暑い夏がやっと終わるようだ。
猫も家の中に帰ってくるだろう。

「つくづくと一年を暮すほどだにも、こよなうのどけしや。」

正徹本を読むコツは
小さい「の」があったら「か」もしくは「り」もしくは「る」と読む。
縦棒がまっすぐなら「し」、
ややS字になってカーブしていたら「ら」、
途中で斜め右下に曲がったら「え」、
下の方が短く直角に曲がっていたら「に」、
真ん中で小さな輪を作っていたら「と」と読む。
「を」と書いてあったら「せ」と読む。
「つ」とかいてあったら「へ」と読む。

平仮名は速記のためにあったと思えるよ。

「手などつたなからず走り書き、」

そうね、走り書きするためなのだね。

出かけにカラスが家の前でおねだりするから
ゆで卵をあげたら黄身だけ食べて白身は残した。
贅沢なやつだ。

10月は本当に危なそうだ。
無事にお正月が迎えられたら、いうことないな。

「ただ今の一念、空しく過ぐる事を惜しむべし。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正徹自筆本

2013年09月22日 17時03分25秒 | 日記
図書館で「正徹自筆本徒然草<上>」を借りてきた。
家でゆっくり読もうと思ってさ。

以前見たときは全くチンプンカンプンだったが、
今では相当読める。勉強した甲斐があった。

大体が平仮名で漢字は少しだけ。
この平仮名が読めないんだよ。
続けて書いてあるから。みみずのようだよ。

こんなに平仮名が多いってことは
宮廷の人たちのための娯楽として気軽に読まれたんだろうなあ。
女房達も夢中で読んだに違いない。

宮廷には無常観が蔓延していたろうから
結構人気があったかもしれないね。

私にはまるで暗号解読だけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニコタツ

2013年09月21日 21時05分01秒 | 日記
寒くなると足先が冷えるから、
ミニコタツを買ってきた。
一辺30センチの立方体だ。

以前は机の下にセラミックヒーターを置いていたんだけど、
これは埃を舞い上げるため長時間使うと咳き込む。
去年は電気あんかにしたんだがちっともあったかくない。

今年はミニコタツを机の下に置いてみよう。
母に云わせると似たものは昔もあったそうで、
その時は炭を中に入れたそうだ。

まあ、無事に10月が過ぎたらの話だけど。
10月はたいそう危ないそうだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また3連休

2013年09月20日 22時35分49秒 | 日記
今週は短かったね。また3連休だ。

夜はアリさんにバナナとかナシをあげて見てるの。
アリさんがセッセセッセと働いてバナナに土をかぶせていく。

その共同作業している様子が面白くってさ。
いったいどのアリが親方になって指示しているんだろうね。

朝になって見に行くとすっかり泥粒でうずめてあるんだ。
たいしたものだ。このコツコツやるところは見習いたいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加