露天風呂マニアの温泉探索記

主に北海道東部の露天風呂めぐり、
普段なかなか行くことの出来ない、
山奥や、北方領土の探索記録である。

車の傷をDIYで修理

2010年10月01日 | DIY
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村

久々のDIYシリーズ! 本当はそろそろネタ切れなのだ(笑)
縁石に擦りキズが付いたバンパーをDIYで塗装してみます。
かなり痛々しい感じになっています。どこまで直るかな〜

キズの付いた部分のササクレをとりペーパーがけ、
本当は320番くらいのペーパーを使うらしいが、模型用の400番があったので使用します。

ペーパーがけ終了後は、油分を落とすのに中性洗剤でキズ周辺を洗いました。
油分を落とさないと塗料をハジキ上手くいきません。
以前これで失敗したことがあります。

キズ部分に薄付パテを付けます。
ある程度均しましょう。あまり厚いと硬化するのに時間がかかります。

1時間半後、パテが硬化したのでペーパーがけ、
最初400番をかけて、最後に600番で仕上げます。

ペーパーがけ終了

ここからいよいよ塗装作業!余計な部分に塗料が付着しないようにしましょう。

塗料は以前、調色した物があったのでそれを使います。

何回かに分けて吹付けます。あまり吹付けると垂れてきて失敗します。

3回くらい吹き付けて終了。

次はクリヤーを吹付けます。模型用のラッカークリヤーがあったのでそれを使います。
本当はウレタンクリヤーあたりが耐久性もあり良いらしい。

クリヤーも2〜3回吹いて終了〜
パテ作業がイマイチだったので、キズの跡が分かりますね(汗)

応援有難うございます。
源泉掛け流しランキング 1位奪還いつまで維持できるのか!

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村     人気ブログランキングへ





ジャンル:
北海道
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 秋の然別湖 | トップ | 幌別美里別温泉 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんちゃん)
2010-10-01 07:33:53
 露天風呂マニアさん、こんにちわ
色々やりますね〜(苦笑)だからこそ面白いブルグになるんですよ〜(笑)
それにしても可愛い色の車です。
マニアさんの車ですか?
ちょっとパテ跡が・・・残念!

1位奪還おめでとうございます。
今後も応援し続けますので
死守し続けていってください!
まぁまぁかな (ZEP400)
2010-10-01 22:13:25
こんばんわ〜

まぁまぁアリかな〜
最初に比べれば上出来では。
オリジナル色スプレーあるのが凄い!

では(^^ゞ
きんちゃんさん (露天風呂マニア)
2010-10-01 22:29:14
こんばんは〜

うちの妻が縁石に擦ったのです(汗)
前にも一度同じような場所を塗装して直しています。
パテにもう少し時間を掛けるべきでした。

応援有難うございます。
これから1位死守するのも大変そうです〜
ZEP400さん (露天風呂マニア)
2010-10-01 22:31:22
こんばんは〜

遠くから見ると気がつかないくらいなので、
素人にしては上手く出来たかも?
オリジナル色スプレーは、カー用品店で
2000〜3000円?くらいで作ってもらいました。
Unknown (北海昆布)
2010-10-02 02:10:41
最初とパテ後のペーパー掛けを手だけじゃなく、サンドペーパーを100円ショップなんかで売ってたペーパー台のようなものでかけるともっと綺麗に仕上がりますね〜
手でかけるとどうしてもえぐれが出るので、平面を出せるようなものを使用するのが正解だと思います。
凄い! (miy)
2010-10-03 13:43:55
こんなことまでできちゃうんですね〜(笑)
でもDIYでここまでできたら上出来です。
miyの車もお願いしたい〜(爆)

近所の修理工場のおじさんに泣きついてお願いしていますの(^_^;)
北海昆布さん (露天風呂マニア)
2010-10-03 20:19:11
こんばんは〜

そうなんですよ、なんか傷の部分が抉れた感じになりました。
次回はペーパー台を使用してみます。
miyさん (露天風呂マニア)
2010-10-03 20:21:57
こんばんは〜

スプレーでの塗装は、プラモデルで練習していたのでまあまあの出来でした。
でもパテがイマイチな仕上がりでした(汗)
miyさんもDIYに挑戦したら安く済みますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL