goo

■ 田川浦温泉(みどり湖温泉) 「湯元 田川浦温泉旅館」

 

田川浦温泉(みどり湖温泉) 「湯元 田川浦温泉旅館」
住 所 :長野県塩尻市金井672
電 話 :0263-56-2567
時 間 :要事前確認
料 金 :500円
紹介ページ (長野の温泉宿(求人ジャーナル社))
※ 営業状況・時間・料金・TELなどは、原則としてUP日時点の最新データに直してありますが、掲載内容を保証するものではありません。ご利用の際は必ず事前に各施設にご確認ください。

信州、諏訪盆地と安曇平の境を画する塩尻峠の西麓には、みどり湖と田川浦湖のふたつの湖があります。
ともに釣りのメッカで、ヘラブナ釣りで有名なみどり湖に対して、田川浦湖は多彩な魚種が釣れることで人気があるようです。
この田川浦湖の湖畔に自家源泉の一軒宿田川浦温泉旅館があります。

塩尻市あたりは、温泉王国、諏訪のすぐ北で、かつ、北に安曇・小谷や白骨などの名湯エリアを控えているため、温泉好きもついつい通過しがち。
このエリアに目をつけた好き者(笑)も、たいていは崖の湯方面にいってしまうので、ここはエアポケット的に地味なお湯となっています。
わたしも以前から気にはなっていましたが、入湯は遅れに遅れました。

要事前確認ながら日帰りも受け付けています。
みどり湖とおくの田川浦湖にはかなりの釣り客が入り込んでいて、やはり人気の釣りスポットかと。

 
【写真 上(左)】 サイン
【写真 下(右)】 対岸から

葦が生い茂る湖尻に、低層赤屋根の昭和にタイムスリップしたような外観で、雰囲気は下諏訪の「高浜温泉旅館」に似ているかな。(ただし、リニューアルされているようで、館内は綺麗。)
この手の湯宿にハズレはすくないので、期待が高まります。

ここは「長野の温泉宿」(求人ジャーナル社)によると創業100年を越える老舗で、ふるくから痔疾に特効のあるお湯として湯治客をあつめていたようです。
いまは”みどり湖温泉”と呼ばれることもあります。

 
【写真 上(左)】 泉源?
【写真 下(右)】 泉源?から流れる源泉

玄関前の築山には祠が祀られていて、そのあたりから流れる流水で、地面が赤茶に変色しています。祠のあたりが泉源では?
帳場で受付。帳場のおく廊下をわたって左が女湯、右が男湯。
こざっぱりとした館内は、さすがに信州の湯宿です。

 
【写真 上(左)】 渋いサイン
【写真 下(右)】 玄関

脱衣所、浴室ともこぢんまり。
浴室は二面採光のあかるいもので、天高が保たれこもりがないのも好感。

 
【写真 上(左)】 浴場入口
【写真 下(右)】 脱衣所

手前に主浴槽(石枠タイル貼6-7人、やや熱)と、おくに赤茶色に変色したステン浴槽の小浴槽(1人)の2槽。
主浴槽はたっふりふかめで入りごこちのいいもの。

 
【写真 上(左)】 男湯
【写真 下(右)】 主浴槽

カラン6、シャワー・シャンプーあり、ドライヤーなし。
連休15時で独占。

 
【写真 上(左)】 主浴槽の湯口
【写真 下(右)】 主浴槽の湯色

主浴槽は水車風湯口からやや熱湯を大量投入でオーバーフローはほとんどなく、湯底からの自然流下 or よわい吸引。
うすく茶色ににごったお湯は、酸化鉄らしい赤茶の浮遊物をうかべています。
味不明、金気系の温泉臭。

 
【写真 上(左)】 結晶を浮かべる小浴槽
【写真 下(右)】 ザンザコのあふれ出し

小浴槽は逸品です。
木箱の湯口からつめたく透明な源泉を投入し、槽内注排湯はなく全量を全面オーバーフローのかけ流し。
身を沈めると入ると内床が池になるほどのあふれ出し。
一時的に槽内の湯量がへっても、投入源泉が多いのですぐに回復します。

 
【写真 上(左)】 小浴槽の湯口
【写真 下(右)】 一浴後の小浴槽

20℃ほどの絶妙な冷泉は、緑がかった赤茶色を呈し、黄土色の浮遊物が大量に舞っています。
この浮遊物は湯面にも結晶をなしてただよいすこぶるよさげ。
金気だし味と収斂味(+微酸味)があって、めずらしいことに収斂味が卓越しています。
こげ臭+金気貝汁臭+収斂臭。
鉄泉系のぎしぎしとした湯ざわりとともに、肌にしみわたるような浴感も感じます。
鉄泉系のあたたまりよりも、収斂感を感じます。

分析書を見ずに入ったときは、てっきり緑礬泉系の泉質だと思いましたが、浴後スペックを確認すると、Na・Mg-HCO3(重炭酸土類泉)型の単純温泉。
本来あたたまりがつよいはずですが、このふしぎな収斂感はひょっとすると炭酸の効き(炭酸冷感・炭酸収斂感)によるものかもしれません。
(遊離炭酸=409.1mg/kgは温泉法規定の250mg/kgを優に越えている。)

 
【写真 上(左)】 洗い場
【写真 下(右)】 案内板

よさげな事前情報をGetしていたので、さりげに期待して(笑)いきましたが、その期待を上回るお湯。
個人的にはこの手のクセもの湯は好物なので、どうしても評価が甘くなってしまいます。

↑のとおり、湯めぐり天国、諏訪の北側ということでいまいち行きにくいエリアですが、温泉マニアはわざわざ尋ねていく価値があるかもしれません。

〔 源泉名:田川浦温泉 〕 <S44.1.25分析>
単純(温)泉(Na・Mg-HCO3型) 18.9℃、pH=6.2、湧出量不明、成分総計=1317mg/kg
Na^+=130.6mg/kg (51.40mval%)、Mg^2+=32.10 (23.89)、Ca^2+=41.43 (18.71)、Fe^2+=5.480、Cl^-=48.66 (12.78)、SO_4^2-=0.635、HCO_3^-=570.6 (87.10)
陽イオン計=227.9 (11.05mval)、陰イオン計=619.9 (10.74mval)、メタけい酸=53.52、メタほう酸=6.090、遊離炭酸=409.1

<温泉利用掲示>
加水:あり 加温:あり 循環ろ過装置使用:あり 殺菌剤使用:なし

※小浴槽
加水:なし 加温:なし 源泉かけ流し(放流式) 殺菌剤使用:なし

■ブランドグルメ
〔 塩尻産レタスアイス 〕
日照時間が長く、寒暖の差がはげしい塩尻はレタスの栽培が盛んで、「塩尻産レタス」としてブランド化されています。
これをつかっためずらしいレタスアイスクリームが開発され話題を呼んでいるよう。
改良を加え「昨年度より味に改良を加え、レタスの風味も爽やかにマイルドな味に仕上げました。」とのこと。未食ですが、道の駅などで売られているようで、いちどは食べてみたいものです。
(「塩尻ブランド」HPなどを参考。)

〔 2012/06/03UP (2010/07入湯) 〕


E138.0.16.790N36.5.13.930

【BGM】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ■ 川俣温泉(... ■ 石橋温泉 「... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。