6月30日 ヤナギイボタ ― その2

ヤナギイボタ〈柳水蝋/別名ハナイボタ〉(モクセイ科イボタノキ属) 花期は6月。
西日本にまれに生え、高さ5~8mになる落葉小高木。樹皮は灰色。
葉は対生。やや薄く、長さ6~13cmの狭倒卵形、両端長くとがり、側脈が目立つ。
円錐花序を頂生し、白い小さな花を多数つける。
果実は長さ8~10mmの楕円形で黒紫色に熟す。

きょうは曇り時々晴れ、夕方撮り直してきました。(ISOは200です)

【花序を】

07年6月30日 撮影
「花序は円錐形で大きく、長さ10~20cm」

【上の画像を拡大しました】

07年6月30日 撮影
「花冠は白色、長さ約5mm、裂片は筒部と同長かやや短く、開出してやや反曲する。花糸は花冠裂片よりやや長く、花柱は長さ約4mmで花筒より突き出る」

【枝を】

07年6月30日 撮影
【上と反対側の枝を】

07年6月30日 撮影
【上の画像を拡大しました】

07年6月30日 撮影
「やや薄く、長さ6~13cmの狭倒卵形、両端長くとがる」

※ 日記に書いている花期は、私が秋吉台で調べてきたものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月29日 ヤナギイボタ

ヤナギイボタ〈柳水蝋/別名ハナイボタ〉(モクセイ科イボタノキ属) 花期は6月。
西日本にまれに生え、高さ5~8mになる落葉小高木。樹皮は灰色。
葉は対生。やや薄く、長さ6~13cmの狭倒卵形、両端長くとがり、側脈が目立つ。
円錐花序を頂生し、白い小さな花を多数つける。
果実は長さ8~10mmの楕円形で黒紫色に熟す。

一昨年から見てきた、秋吉台に1本だけ確認されているヤナギイボタ、
昨年は花がつかず、今日、初めて花を見ることができました。


【木の高さは約2.5m、花序は一つだけ】

07年6月29日 撮影
いつも薄暗い林内ですが、きょうは雨で午後1時過ぎでも暗く、
カメラのISOを800にしました。

【ヤナギイボタの花】


07年6月29日 撮影
“秋吉台のやまんば”さんによれば、一昨年は花がたくさん咲いたそうです。

【上の画像を拡大しました】


07年6月29日 撮影
「花冠は白色、長さ約5mm、
裂片は筒部と同長かやや短く、開出してやや反曲する。
花糸」は花冠裂片より長く、葯は長さ1.5~2mm」

とにかく暗くて、数枚撮った中でこれが一番ましな画像なのです。

【こんな時もありました ― つぼみの期間が長かったこと!】


07年6月20日 撮影
一週間おきくらいに撮っても、ほとんど変化が見られませんでした。
この日も、その前の時の画像も、雨で葉が濡れていました。

【枝と葉を】


07年6月29日 撮影
【一枝を】


07年6月29日 撮影
「葉はやや薄く、長さ6~13cmの狭倒卵形、両端長くとがり、側脈が目立つ」

※ 日記に書いている花期は、私が秋吉台で調べてきたものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月28日 ハイハマボッス・ハナヌカススキ

ハイハマボッス〈這浜払子/別名ヤチハコベ〉(サクラソウ科 ハイハマボッス属) 
                                    花期は5~10月。
ハマボッスに似ていて茎がやや地を這うことによる。
海近くの湿地にまれに生える高さ10~30cmの多年草。全体無毛。
茎は分枝して斜上し、細い。葉は互生し、長さ2~6cmの倒卵形~広楕円形。
先は円頭形で、基部は狭まって柄に流れる。
まばらな総状花序に10~20個の白色の花をつける。
花は直径2~3mm。柄は1~2㎝で斜開する。果は球形で、直径2.5mm。

ハイハマボッスは、載っているどの図鑑にも「まれに生える」とあり、
環境省と山口県の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。


【5月17日に開花確認しました】

07年5月17日 撮影
溝のふちで水に浸かりながら生えて、ここではこれだけです。

【今日、群生しているのを見つけました】

07年6月28日 撮影
草地の中の小さな窪地、水はたまっていませんでした。

【1本だけ撮るのは不可能に近い状態で】

07年6月28日 撮影
元気よく、生き生きと咲いていました。

【花を ― まとまりのない画像ですが】

07年6月28日 撮影
「花は直径2~3mm」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ハナヌカススキ〈花糠薄〉(イネ科 ヌカススキ属) 花期は5~6月。
河川敷などの荒れ地に生える高さ10~40cmに1年草。
円錐花序は長さ5~11cmで、細かく枝を分ける。
花序の枝はほぼ平滑。
小穂の枝は普通小穂の2倍以上の長さがあって、ざらつく。
普通第2小花のみに芒があるが、まれに両方の小花に芒がある。
外花穎は長さ約1.5mm、褐色で、内花穎を抱く。

芒が1本のハナヌカススキをやっと昨日見つけましたが、花は終わっています。
「もう、枯れた状態なんだけど、『見つけた花』にしては、まずい?」
「いいよ。許す」と、電話の向こうで、笑いながら“秋吉台のやまんば”さん。


【見つけました、ハナヌカススキ】


07年6月27日 撮影
秋吉台で見てきたヌカススキの草丈は、20cm足らずが多くて、
見つけたハナヌカススキは、ヌカススキより草丈が高いのです。

【近づいて】


07年6月27日 撮影
【上の画像を拡大しました ― 芒は1本】


07年6月27日 撮影
ヌカススキを見るたびにルーペで芒を見てきましたが、いつも2本ありました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月27日 コヌカグサ

コヌカグサ〈小糠草〉(イネ科 コヌカグサ属) 花期は5~7月。
路傍や草地に生える高さ50~100cmの多年草。
明治の初めに牧草として導入され、逸出「した。原産地は不明。
葉は幅2~7mmの線形で、白緑色を帯びる。
花序は長さ15~20cm、節から3~6個の枝を輪生状に出す。
小穂は長さ2~2.5mmで、緑色または淡紫色を帯びる。

様々な姿で、ずっと私を悩ませたイネ科は、コヌカグサでした。

「たこさんが来ぬか来ぬかとコヌカグサ」と、
6月21日に “秋吉台のやまんば”さんに教えていただきました。

【林縁で】


07年6月21日 撮影
教えていただいてから一週間、あちこちでコヌカグサを確認してきました。

【駐車場のそばで】


07年6月26日 撮影
【上の画像を拡大しました】


07年6月26日 撮影
【咲き始めたばかりの、帯淡紫色の花序】


07年6月27日 撮影
【上の画像を拡大しました】


07年6月27日 撮影
「内花穎は外花穎の半分より長い」

【緑色の花序】

07年6月27日 撮影
【上の画像を拡大しました】


07年6月27日 撮影

イネ科には苦労していますが、コヌカグサはもう大丈夫です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月26日 マタタビ

マタタビ〈木天蓼〉(マタタビ科 マタタビ属) 花期は6~7月。
山地に生える落葉つる性木本。雌雄別株。
つるはほかの木や岩などにからみついて長く伸びる。葉は互生。
広卵形で先は鋭くがり、基部は円形~切形、ふちには刺状の小さな鋸歯がある。
枝の上部につく葉は花期に表面が白色になる。
本年枝の中部付近の葉腋に芳香のある白い花を下向きにつける。
花は直径2~2.5cm。

サルナシの上方のつるに何か見えるので、300mm望遠レンズで撮ってみたら、
マタタビの雌株でした。


07年6月26日 撮影
サルナシと一緒に、今年はマタタビの雌株を見ることができました。

【上の画像を拡大しました】


07年6月26日 撮影
「果実は液果で長さ2~2.5cmの長楕円形。塩漬けや果実酒にする。
マタタビバエが果実に産卵してできた虫えいは木天蓼と呼ばれ、漢方薬にされる」
                                                   
虫えいですね。

【花の名残もありました】


07年6月26日 撮影
「雌雄別株。雄花をつける株と、雄花と両性花をつける株がある」
両性花ですが、これも虫こぶになりかけています。

「一つだけ、間近で見えたこの花、サルナシと思ったのですが」

07年6月26日 撮影
【上の画像を拡大しました】


07年6月26日 撮影
マタタビの両性花ですよね? 果実に育ちますように。
* * *

【毎年見てきた雄株 ― 望遠レンズで】

07年6月26日 撮影
この株は果実を見たことがないので、花は全て雄花と思います。

【枝の1つを ― 望遠レンズで】

07年6月26日 撮影
【これも望遠レンズで】

07年6月26日 撮影
* * * * *
※ 日記に書いている花期は、私が秋吉台で調べてきたものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月25日 オオバギボウシ・ササバラン

オオバギボウシ〈大葉擬宝珠〉(ユリ科 ギボウシ属) 花期は6~7月。
ギボウシは、若いつぼみの集まりが橋の欄干につける擬宝珠に似ていることによる。山地や丘陵の草地などに生える花茎の高さ60~100cmの多年草。
葉は根生し、長い柄があり、卵状楕円形。
基部は深い心形、裏面の脈は隆起し、脈状に微突起がある。
花茎の上部に白色~淡紫色の花が横向きに多数つく。
花は長さ4~5cmで、1日でしぼむ。

毎年6月半ばに開花してきたオオバギボウシ、やっと今日開花確認できました。
6月11日には、かたいつぼみ。22日、「そろそろ開花か」と行こうとしたら、
腰まで伸びた草藪がびしょびしょで、帰り水に近づけず、23日・24日もまた。

【①ずっと開花確認してきた株】

07年6月25日 撮影
2~3日前に開花した様子です。

【①の花】

07年6月25日 撮影
【② ― ①より帰り水に近い所の株】

07年6月25日 撮影
この株は、今日開花ですね。

【②の花】

07年6月25日 撮影

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ササバラン〈笹葉蘭〉(ラン科 クモキリソウ属) 花期は6~7月。
日当たりのよい草原に生える多年草。
葉は狭長楕円形で、長さ8~16cm、縦縞が顕著で鋭尖頭。
花茎は高さ20~30cmで直立、
汚紫色ときに黄緑色の花をまばらに多数つける。

毎年見ている場所のササバランが、今日開花しました。
一足先に開花したクモキリソウとコクランは、林の中で咲くので、蚊と戦いなが
らの撮影ですが、ササバランは日当たりのよい草原で咲くので、大好きです。

【昨日はつぼみでした】


07年6月25日 撮影
【上の画像を拡大しました】

07年6月25日 撮影
咲いた花は一つだけ、それも開いたばかりのようですが、
私の気持ちをお裾分けします。


※ 日記に書いている花期は、私が秋吉台で調べてきたものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月22日 スズサイコ・コカモメヅル

スズサイコ〈鈴柴胡〉(ガガイモ科 カモメヅル属) 花期は6~9月。
つぼみが鈴のようで、全体の感じがミシマサイコに似ていることによる。
日当たりのよいやや乾いた草地に生える高さ40~100cmの多年草。
葉は対生。細長く、やや厚い。
茎の先や上部の葉のつけ根に黄褐色の小さな花をまばらにつける。
花は直径1cmほど。花は早朝に開き、日が当たると閉じる。

朝から雨の今日、草原のあちこちでスズサイコがパッチリと開いていました。

【①花が黄緑色に近いスズサイコ】


07年6月22日 撮影
【①の花】

07年6月22日 撮影
【②花が褐色に近いスズサイコ】

07年6月22日 撮影
【②の花】

07年6月22日 撮影
「花は早朝に開き、日が当たると閉じる」
ですが、秋吉台では今の時期、17時半ごろには開き始めます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
コカモメヅル〈小鴎蔓〉(ガガイモ科 オオカモメヅル属) 花期は6~8月。
山野の草地に生えるつる性の多年草。茎は細くて長く伸びる。
葉は対生し、三角状卵形~卵状被針形で、先はとがり、基部は浅い心形。
花序はよく分枝し、大きくまばらに散開して普通その付け根の葉よりも長い。
花は直径4~5mmで暗紫色。

細いつるでほかのものにしっかりと巻きついて伸びるコカモメヅルの花も、
スズサイコ同様、日が当たると閉じ始めますが、きょうは朝から雨なので、
この林縁には午後2時ごろに来たのに、パッチリと開いていました。

【①細いつるでほかのものにしっかりと巻きついて】

07年6月22日 撮影
【②薄暗くてピントは合っていませんが・・・】

07年6月22日 撮影
【②の花序】

07年6月22日 撮影
花序はよく分枝し、大きくまばらに散開し、花は直径4~5mmで暗紫色」

【昨年の画像です】

06年8月17日 撮影
【上の画像、右上の花序】


06年8月17日 撮影
* * * * *
日差しがある昼には開いた花が見られない、ガガイモ科の花を2つ書きましたが、
日が当たってきても、コカモメヅルの方が、花の閉じるスピードは緩やかです。


※ 日記に書いている花期は、私が秋吉台で調べてきたものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月21日 ムクゲチャヒキ

ムクゲチャヒキ(イネ科 スズメノチャヒキ属) 花期は5~6月。
ヨーロッパ原産の高さ40~100cmの1年草または越年草。
北海道、本州、九州に帰化するが、あまり多くはない。
葉身は長さ10~20cm、幅3~9mm、両面に軟毛がある。
下方の葉鞘は軟毛を密生し、上方の葉鞘はほとんど無毛。
円錐花序は枝が長く散開し、長さ10~25cm、
枝はかたく、直立または先がやや垂れ下がる。
小穂は6~10小花からなり、長さ10~25mm、無毛、熟すと小花が落ちやすい。
外花穎は楕円形で無毛、長さ8~11mm、
先は長さ7~10mmのかたくて直立した芒となる。

遊歩道わき、川の柵の内側の草むらで見つけたのは6月12日、
キツネガヤと入り交じって生えていました。 「見たことがないイネ科!」
柵内にカメラを差し入れても2m離れている場所、何度も通って撮り直しました。
結論がムクゲチャヒキですが、
北海道、本州、九州に帰化するが、あまり多く
はない」し、山口県の記録にないので、イネ科の達人“秋吉台のやまんば”さん
に、あらかじめ説明して同行願い、「間違いないよね」と、意見が一致しました。

【ムクゲチャヒキです】

07年6月19日 撮影

【1本は】


07年6月16日 撮影
【花序の1枝を】


07年6月19日 撮影
「円錐花序は枝が長く散開し、枝はかたく、直立または先がやや垂れ下がる」

輪生状に花序の枝が出ています。

【上の画像を拡大しました】


07年6月19日 撮影
「小穂は6~10小花からなり、無毛。
外花穎は楕円形で、先は長さ7~10mmのかたくて直立した芒となる」


【下方の葉鞘と葉裏】


07年6月21日 撮影
「葉は両面に軟毛がある。下方の葉鞘は軟毛を密生」

柵の外からでは、これが撮れなかったのですが、やまんばさんは、
いとも簡単に柵を乗り越えて、1本採集されました。 さすが・・・。

新しく見つけた花ですが、これまで見つけていた中に誤りを発見したので、
その番号をムクゲチャヒキに付けましたので、種類は増えないのです。
こんなことは、過去に何度かありました。
一つ一つを確実に把握して、イネ科やスゲ属に自信を持てるようになりたいです。

※ ムクゲチャヒキの花期は、図鑑の撮影日と私が見つけた日から想定しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月19日 キンシバイ

キンシバイ〈金糸梅〉(オトギリソウ科 オトギリソウ属) 花期は6~7月。
中国原産の常緑または半常緑低木。
根元からよく枝分かれして、高さ1mくらいになる。
古くから庭などに植えられ、野生化したものも見られる。
葉は対生し、長さ2~4cmの卵状長楕円形。裏面には腺点がある。
枝先に直径3~4cmの黄色の花をつける。
雄しべは多数あり、約60個ずつ、5つの束になっている。


今年1月30日に小川のふちで見つけたキンシバイが開花しました。

【草刈りが2度行われ、やっとこれだけ生き残りました】

07年6月19日 撮影
【花が咲いた茎を】


07年6月19日 撮影
【上の画像を拡大しました】


07年6月19日 撮影
「花はカップ状。雄しべは花弁より短く、
多数あり、約60個ずつ5つの束になっている」

【こんな時もありました】

07年1月30日 撮影
今日開花した株です。同じ小川の反対側にも見つけていましたが、
そちらはつぼみの時に全部刈られて、今年花は咲きそうにありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月15日 ホッスガヤ・ヒメシラスゲ

ホッスガヤ〈払子茅〉(イネ科 ノガリヤス属) 花期は7~8月。
日当たりのよい河原の砂地の上に生える多年草。長い地下茎がある。
稈は太く、高さ1~1.5m。葉は幅3~7mm、白緑色。
花序は密、長楕円形、長さ20~30cm、一方に傾き、白毛が著しい。
小穂は長さ7~8mm、小花は長さ2.5mm、小花の基毛は銀白色の綿毛状。

先日“秋吉台のやまんば”さんと歩いていて目に入り、何か分からないままでした。
今朝「公民館祭りに使うワラビを探さなければならなくなった」との電話があり、
ワラビはほとんど終わって、あちこち歩かなければ大量に採れない思って、
車で移動しながら探すことを勧め、迎えに行ったら、先ずこの林道に行くことに。
そして名前を教えていただきました。

【林道わきで、こんなかたまりが点々と】

07年6月15日 撮影
【禅僧が使う「払子」に似ているのでホッスガヤ。なるほど似ています。】


07年6月15日 撮影
「花序は密、長楕円形、長さ20~30cm、一方に傾き、白毛が著しい」

【上の画像を拡大しました】


07年6月15日 撮影
「小穂は長さ7~8mm、小花は長さ2.5mm、小花の基毛は銀白色の綿毛状」

【茎と葉を】


07年6月15日 撮影
全体は白っぽい緑色で、節の部分は紫がかっています。

毎年見てきて調べる気さえ起きなかったホッスガヤの分布は、北海道と本州北部。
「この林道がつくられた時に入ってきたのだろう」と、やまんばさんが。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ヒメシラスゲ〈姫白菅〉(カヤツリグサ科 スゲ属) 花期は5~6月。
深山の林内に生える多年草。匐枝がある。
茎は高さ15~30cmで、鋭い3稜があってやややわらかい。
葉もやわらかく、幅4~8mm、緑色、葉鞘は淡色で、糸網はない。
頂小穂は雄性、線形、淡緑色で長さ1.5~3cm。
側小穂は2~5個ついて雌性、雄小穂とほぼ同じ長さで、直立し、短い円柱形。
雌鱗片は淡緑色、鋭頭、果胞より短い。下方の苞は葉状で斜開する。


【一人で見つけ、同定できたスゲの2種目です】

07年6月15日 撮影
高さ20cmほどのスゲが、束生せず、まばらに生えているのが、
“秋吉台のやまんば”さんを自宅に送った後、やって来た湿地で目に入りました。

【1本を】


07年6月15日 撮影
【雌小穂と雄小穂】


07年6月15日 撮影
「雌小穂はほとんど柄がなく、茎の上部にかたまってつき、
ふつう雄小穂は直下の雌小穂より短い」

【根元を】


07年6月15日 撮影
「基部の鞘は淡色」

「イネ科とスゲは苦手」から脱却できるよう、
これからも、一つ一つを確実に把握していくつもりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ