Choose To Be Happy-自分が楽しけりゃ勝ち組♪-

アメリカ在住女子のアメリカ生活日記/南米に惹かれ、将来の夢はhippieです。

Not my president。

2017-01-28 23:17:06 | アメリカ生活



毎日毎日新しくexecutive orderを出し、世界中の国々にケンカをしかけているリアル金髪豚野郎。

メキシコやイスラム教の国々を敵に回し、国家間のテンションをヤバくさせている。

昨日はメキシコ国境に壁をつくる。最初はアメリカ人の税金で払うけど、後からメキシコに払わせるってさ。

それでメキシコのイケメン大統領が「払うわけないっしょ。」と声明を出した。

中東の国々の方々が今日、アメリカ中の空港で足止めをくらっている。

グリーンカードや労働ビザがあるのに、だ。

シリア、イラン、イラク、イエメン、サウディアラビアなんかも入国禁止だってさ。

サウディアラビア?まじか?サウディの王様の息子や娘(一夫多妻のため子沢山)たちは、ビバリーヒルズに豪邸を持ち、プライベートジェットでいきなり飛んできては、高級車を買いあさり、ちょっとだけ乗って、またプライベートジェットで帰国するという生活をしている。

アメリカにとってもサウディはお金をたくさん落としていく「お得意様」でしょう。サウディにはイスラム教のメッカがある。でも、サウディ敵に回しちゃう??

っと思ったら、トランプはサウディの王様に電話していた。結局サウディは対象国に入らなかった。それで、後から「いやいや、これは宗教を対象にしてるんじゃ無い、テラーを対象にしている。」だって。サウディ、イスラム教だからね、王様の怒りに触れてはいかんって。

そして外国人への労働ビザを規制するって。これでシリコンバレーのIT企業が優秀なエンジニアを世界中から連れてくることができなくなる。

でもあいにく、アメリカ人にはインドほど頭がいい人口がいるわけじゃ無い。ってことは技術開発が遅れる。

アメリカを守るためだってさ。

トランプに投票した人のインタビューを観た。

「息子がストリートドラッグで死んだ。メキシコ国境に壁を作りドラッグが運ばれないようにして欲しいから、彼に投票した。」って。

いやいや、アメリカ国内のドラッグディーリングを取り締まれよっ。だいたいヘロインとかはアメリカ国内で製造されてるじゃん。そして若者達が知識も無いのに、自分たちでカゼ薬混ぜたりして、死に至る新種のドラッグ作り出してるんじゃん。

「テロリストを国に入れちゃダメ。」

いやいや、そもそも何でテロが起きるようになったか考えようよ。他国では空爆でその日生きれるかどうか分からない方々がいるのに。9/11後に、なぜかイラクを侵攻して、イラクの一般市民を虐殺してったのはどこの軍隊だよ。大体、アフガニスタンにロシアとの冷戦中に武器を大量に渡して戦わせたのは、どこの国だよ。

「私はクリスチャンだ。」って。

聖書読めよ。何が一番大切か書いてあるっしょ?

「互いに愛し合いなさい。許しなさい。悔い改めなさい。」

だいたいそんなにお金があってアメリカの事を誰よりも考えているなら、結局自分に還元されるチャリティーやらずに、アメリカ中の家や親のいない子供達、家族のいない老人の生活を守る助けとか、ネイティヴアメリカンの居住区を守ったりしろよ。

内陸部の保守的クリスチャンの支持をキープするために、「私はクリスチャンだ。」とか軽々しく言わんで欲しい。金を儲けるのも権力を得るのもいい、だけどクリスチャンなら正義の為に使わなければいけないのに、私利私欲だけのために彼は生きている。

本当、彼のエゴとウソにもううんざりだよ。

アメリカ国内も海外の国々もひっちゃかめっちゃかにして。

本格的な戦争、始まるんだろうな。。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Women's March 女子のパワー... | トップ | ポリサイのクラスを思い出す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL