Choose To Be Happy-自分が楽しけりゃ勝ち組♪-

アメリカ在住女子のアメリカ生活日記/南米に惹かれ、将来の夢はhippieです。

2017年のGrammy Award

2017-02-12 21:31:20 | アメリカ生活



今日はグラミー賞で,夜はずっとテレビにくぎ付け。

なんなら1回目放送直後の再放送も観た。

adeleやBeyonceが圧巻のパフォーマンスを見せられたけれど、個人的にワクワクが止まらなかったのは、Bruno Mars。

本当、彼の新しいアルバムいい曲ばっかりだ。

ちょうど私が青春の頃に流行っていたR&Bっぽい音色で抜群の歌唱力とポップなダンスで聴かせるなぁー。

そして、Tribe Called Quest!!



Q tipかっこいいわぁ〜。 センスあるわぁ〜。色褪せんわ〜。

会場内に、現在オレンジ顏の標的にされているラティーノやモスリムの方々を歩かせ、ステージに上げる。

ステージ背景に政治的メッセージが出されてるっぽいけど、そこは全然テレビに映らない。

まぁ、トランプ支持者も居るから、それへの配慮だろうけど。

そういえばFuck Trumpと書かれたドレスを着ている方がいらっしゃった。

プレゼンターも反トランプのメッセージを織り込んでくる。

そしてそして、これまた感動したAdeleのGeorge Michaelへのtribute。

納得いかなかった彼女は1回演奏を止めて、また最初から歌い直した。

ジョージへの歌を半端にしたくなかったって。

そしてそして!我らがPrinceのtributeは、Purple Rainの映画に出ていたモーリスさんらと、これまた我らがBruno Mars!



彼に任せとけば、間違いない。



もう、最高!笑顔になっちゃう!!!

ちなみにDaft PunkとWeekendの曲、最近までMichael Jacksonの曲だと勘違いしていた。。。

渡米直後に、ただ憧れていたアーティスト達ががここにいるんだ!と近くにいるといことだけ、アメリカに居るんだ!ということを感じるため、会場のStaples Center近くに行き、渋滞を味わい、「Grammy's award」と書かれた看板を見てあがり、そして遠くから会場まで歩いて行って、入り口からかなり遠いところで警備員に入るなと言われ、でも遠くに見えるリムジンだらけの駐車場にアドレナリン出まくったのを思い出す。。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トムヤムヌードルを食べに… | トップ | Best treats for Valentine's... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL