goo

ザ・ペニンシュラ東京 ピーター。

 

 

銀座から程近い日比谷にある、ペニンシュラ東京。


私がもっとも良く利用するホテルのひとつ。


と言ってもその内訳は。。
通りがかりで良く菓子パンを買ったり、お手洗いをお借りしたり。。?

 


宿泊はしたことがないし、スパはだいぶ前に一度利用させて頂いたきり。

ホテルにとっては全くお客のうちに入ってない部類。

でも今回行くレストランは2度目。
最上階24階にあるグリルステーキバー、『ピーター』。


前回はランチでお世話になりましたが、今回は夜景も見てみたいと思い、
何の記念日でもないけど、ちょっと奮発してディナーコース。

たまにでも一流空間を体験して身にしみこませることは、
結構大事なことらしい。

ということで、一番安いディナーコースを体験してきました。

ホテルに入ると24階のレストラン直通のエレベーターがあり、一気に上昇。
セキュリティーの関係もあり、宿泊者とは別のエレベーターが今は主流。


まだ夏なので夕方6時はまだ明るい。

夕焼けがきれいに見えることを期待していましたが、
残念、この日はちょっと雲が多め。

でも夕景から夜景に変わっていく光景はとても綺麗でした。


ロゼのスパークリングワインで乾杯。
甘口でお酒の弱い私でも少し頂けました。


小前菜の。。『たこ焼き?』


に見せかけた全然違うお料理。
もう2つ3つ持って来てほしいくらい、小さいけどすっごく美味しい。

温かいオニオンブレッドに、塩バター。


ここのホテルのパンは基本しっかり歯ごたえがあります。
(良く下で菓子パン買ってますので。)


そして前菜は『鰹のタタキ 春菊 らっきょうのピクルスとビネグレット』


いきなりメインかと思うくらいの結構なボリューム。
見た目にも美しく身体にも良さそうな美味しさ。


一番安いディナーコースだから、あまり期待していなかったけど、
メインディッシュは、予想外に大きな『牛リブアイのグリル』


どう焼いたらこうなるのか、外側は香ばしく中は柔らか。
家では絶対焼けない絶妙な焼き加減。

身もだえするほど美味しかったです。

よく考えたらここはグリルステーキの専門店。
お肉は豊富な種類があります。

ちなみにお隣にいらしたお金持ち風のご夫婦は、
ン万円のA5ランクの和牛が運ばれていました。。

「居酒屋か?」と思うくらいにお高いお飲み物も次々に注文していて、
会話からするとおそらく従業員の多い会社経営者。

 


そしてもう片方のお隣さんは若いカップル。

彼女の誕生日にホールケーキをつけて、
記念に写真を撮ろうとしたらデジカメの電池の残量がないもよう。。


「もし良かったら、うちのカメラにフラッシュメモリー入れて使いますか?」

とうちのだんなが声をかけていました。

なるほど、そーゆー気の利かせ方があったのか。

「結構いいカメラなので、きっと綺麗に撮れますよ。」

余計なお世話かとも思ったけど、彼女の方はとても喜んでくれました。

せっかくの誕生日記念。
こんな素敵な場所で写真が取れないのはもったいない。

店内もキラキラでおしゃれなライティング。
一流のバーみたいな雰囲気です。

 


デザートが運ばれるころにはすっかり日も暮れて、
皇居周辺の夜景はとても綺麗でした。

 

 

 

記念日じゃなくてもたまにはいいですね。

とりあえず、『明日から一週間、夏休み頂きます☆』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 銀座で売って... 君の名は。 »