goo

アルマーニ リストランテ。


「いつもよく行く街はどこなの?」

突然そう聞かれて、思わずこう答えてしまった。

「最近は、銀座。。。ですかね。」



あ、まずい。
『よく行く街』と『よく知っている街』は全然違う。。

実は全然よく知らない。

「銀座かぁ、おしゃれだねぇ。
 僕は麻布十番あたりの美味しい店はいっぱい知っているんだけどね。」



いまだに休日の歩行者天国がある街銀座に
最近よく行くのは間違いない。

でもそれはダイナースの銀座ラウンジで、
毎回タダで飲み食いして休憩しているだけ。



ちゃんとしたお食事なんて、会社の忘年会で何軒か行ったくらい。
しかも自分で支払っていないから、料金設定すらよくわからないありさま。



という事もあり、1軒くらい行っておこうと思いついたのがここ。

いつも通っている銀座ラウンジが入っているビル。
アルマーニタワーの最上階にあるレストラン『アルマーニ リストランテ』。
(結局近場。。)



同じ建物のよしみか、ダイナースの会員だと優待料金で安くなり、
しかもウェルカムドリンクのスプマンテまでついてだいぶお得。







だんなにも私が良く寄り道する銀座のラウンジに、
一度は連れて行っておきたいというのもあった。



ダイナースラウンジのある5階の次がなぜか10階。
エレベーターの中には全部のフロアのボタンがあるのに不思議。



店内は思いのほか広々としていた。
日曜日のお昼1時の予約で行った時はほぼ満席。







カラトリーも金ピカ。洗練されたおしゃれな空間。
もちろん料理も美味しく、サービスも素晴らしい。

   


銀座レストランウィーク』では、ダイナース会員の先行予約だけで、
全日程が満席になり、一般予約はほぼ不可能というのも納得。

  

一度このアルマーニタワーの10階にあるお店に行ってみたかった。
またひとつ、良い体験ができた。

  

これで、最低1軒は銀座の名店を人に紹介できる。




銀座ラウンジにはすでに20回近く足を運び、
もう完全に年会費の元を取っている。



私がアルマーニタワーに入ると、スタッフが気を利かせて店の奥に行き、
エレベーターのボタンを押してくれるまでになってしまった。

「いらっしゃいませ」ではなく、「行ってらっしゃいませ。」
と言って深々とおじぎをしてくれる。



エレベーターに乗り上昇しながら店内がシースルーで見渡せる。

まるで一段一段人生のステージを上昇しているような。。
『錯覚』を覚えるのは私だけではないみたいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しいソファー。

写真は銀座アルマーニのソファー。

いつも銀座のラウンジに行く時に目にしている。

当然ながら一般庶民家庭の我が家には、およそ似つかわしくない高級品。。



そんなことはさておき。
本日、我が家に新しいソファーが届いた。

お正月明けの連休に買いに行って、2ヶ月半待ちの特注品。



日本橋三越の80万円のソファーから、お値段以上のニトリまで。
いろいろ見に行った結果、いつもの大塚家具に決定。



我が家の家具のほとんどが、大塚家具で買ったもの。



今日運んでくれた大塚家具の方も、我が家の家具を見てすぐに気が付くほど。

「あ、これもうちで買ったものですよね。昔よく運んでましたから。(^_^)」

そんなによく売れていたのか。
確かにオーディオの複雑怪奇な配線をすっきりを収納して使いやすい。

それがこれ↓



ビクター製で当時は30万以上もして、テレビ本体より高かったテレビ台。。

でも長く使えているので、当時がんばって奮発して良かったと思う。



今まで使っていたソファーは結婚して初めて購入したもの。
当時10万円くらいだったけど、20年近く愛用していた。

新しいソファーは17万8千円。
で、前のソファーを1万円で下取りしてくれた。
(粗大ごみでお金かかるかと思っていたので助かった。。)



新しいソファーは座り心地も、寝心地も素晴らしく良い!

結婚当初このソファーを買う前は、座椅子にコタツの生活だったから、
今ではインテリア的にちょっと考えられない。

(でも本当はコタツも好きでした。)


ソファーを代えることで、ついでになぜか家中を片付けることになり、
その勢いでなぜかアンプも買い換えることになった。

「このアンプを買うと、テレビの裏のコードの量が半分以下になるんだ。」

というだんなの言葉で即買い。



「いい音はヘッドフォンで聞けばいいんじゃない?」

くらいにしか思ってない私は、高音質に関しては貧しい感性しか持ち合わせていない。
大事なのはすっきり片付いたコード配線と見た目だけ。


アンプとソファーを買って、大量のケーブルコードと古い器材を捨てることに成功。

でもこうやっていろんなものを捨てていくと、家がすっきりして超快感。
総額いったいいくら分捨てているかしら?

それよりも手放すほどに、気持ちがどんどん豊かになっていくからちょっと不思議。

シューズクローゼットもすっきりして空間がたくさんできた。
これでまた新しい靴が買えて、足元にも春が来そう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダイナース 銀座ラウンジ。


ここ最近、私は仕事帰りに週2回ほど銀座に通いつめている。



目的はもちろん、銀座の会員制ラウンジ。

と言っても無料。(←ここ大事!)
いや正確にはダイナースクラブカードの年会費のみ。





銀座の中心地、駅から直結のアルマーニタワー。
ここの5階がその『銀座ラウンジ』。



銀座までは職場の最寄り駅から約10分ほど。
仕事帰りに途中下車して、コーヒーと高級菓子やアイスクリームを頂いて小休止。





柔らかい音が心地いい、落ち着ける空間。
なんて優雅なひと時なんだろう。

一般のダイナースカードではこの銀座ラウンジは使えない。
ダイナースプレミアムか銀座ダイナースの会員のみ。



仕事帰りにもし、無料のスタバがあったら毎日でも通いたくなりませんか?

コーヒーやジュースが飲み放題。
しかも高級菓子やアイスクリームが無料で提供されるなんて。

こんな夢のような話があったんですね。
私の知らない世界でした。



銀座のアルマーニのお店に入ると左右それぞれ3人ずつくらいのスタッフが、
「いらっしゃいませ。」と丁寧にお辞儀をしてくれる。

この中を堂々と歩いてお店の中ほどにあるエレベーターで5階へ。







だいたい銀座の高級店に買いもしないのに店に入るということ自体、
ちょっと臆するもの。



それも頻繁に通っていると、当たり前になってきて何とも思わなくなる。

もうそれだけで普通の庶民が普通じゃない庶民になる感じ。
(って、なんじゃそりゃ。。)




ここを利用している人は、一応そこそこ社会的に信用が高いと思われる人。
と、その家族。 か、その連れのみ。



まだ夜しか利用したことがありませんが男性はほとんどスーツ姿。
40代から50代が多く、何となく一流の雰囲気が流れています。



夜は8時までしかやっていないので、仕事が遅い時は間に合わないのが残念。

ちょっと早く終わりそうな時は、「今日は帰りに銀座に寄って行けるかな?(^^)☆」
なんて考えるだけで、仕事のモチベーションが上がるから不思議。

タダでご馳走になり、何も買わずに帰宅。
帰りはアルマーニのスタッフがドアを開けてお見送りしてくれます。




この感覚が当たり前になったら、行く末はどんな大人になるんだろう。

自分の人生にこんな世界が待っているなんて、予想もしなかった。

まさに『人生を彩るカード』ダイナースクラブ。

レストランが1名様無料になる特典を考えても、
年会費をすでに上回る価値がありそうです。

『ちょっとお客さん、銀座使いすぎだから。』
なんてクレームがくるんじゃないかと、心のどこかで思ったりしています。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ひな祭りミックスダブルス。

久しぶりのトミコシでのミックスダブルスに参加。

この日の私のスコア、191、214、204で609の203アベ。

どーにかやっとプラス出来た程度のスコアでしたが、
期待通り、相方にすっかり甘えて優勝することができました☆



三恵のダブルスはふた月か三月に1回ぐらい連れて行ってもらったりするけど、
トミコシでは、ここ半年で計7試合しか投げていない。 

練習もせず、たいして投げてないから筋力はすっかり落ちているはずなのに、
そこそこ普通のスコアになるのが不思議。

本人としては、まあまあかなと思っても、相方に言わせればきっと、
「なにテンピン3回もミスってんだよ!(ーー)」って話でしょうが。。



この日のミックスダブルスでは、ハンデの無い女性は一人もいない。
そもそも女性の私にハンデがない時点で大きなハンデ。

相方は期待通り、予定通りしっかり頑張ってくれて697で個人トップ。

先月の五大会で、さすが4回連続優勝をしているだけありとても頼りになる。

私が足をひっぱり、この時点ではおそらく3位。

そしてベーカー223でひとつ、最後スカッチの243でもうひとつ順位を上げ、
どうにかやっと優勝することができました。

ひな祭りのこの日、お雛さまは飾らないし、ひなあられも食べないけど、
大人になっても幸せな気分で過ごすことができました。

最後のスカッチのスコア↓



相方から始めてスタート5連発。
中ほど6、7、8フレの1投目は私です。。

相方に1投目を譲れば、ほぼストライク。
私がストライクを出せばそれをターキーにしてくれる。



相方が本気で頑張ってくれているのが良くわかるから、こちらも元気が出る。
やっぱりダブルスは一緒に投げて元気がでる人と組みたい。

「仕事早く上がらせてもらって来てるんだから、頑張ってもらわないとね。(・・)。」

なんてちょっと小生意気な口をたたいているけど、
こうやって楽しく投げられて、相方にはホントいつも感謝しています☆



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アマン東京スパ。


自分への誕生日プレゼントにお高いバックやコート。



っていうのも、それはそれですごく良い。

けどそういう物は毎年はいらないし、使い倒して捨てちゃったら終わり。

なのでここ数年、自分へのご褒美は『とっておきプレミアムな体験』が主流。







と言っても『一週間豪華絢爛体験な旅行』とかは、
普通の会社員やっている私の身分では到底ムリ。。

都心の一等地でほぼ貸切のホテルスパエリア。

ここで時間を忘れてゆったり過ごすのは、十分に贅沢な自分への贈り物。











心に残るような非日常体験は、いい思い出になりBGMのような形で、
常日頃その映像が頭の中で流れている。





と考えればたった一日の体験が、その後何日も頭の中で夢のように続く。



頭の中の記憶は誰かに取られることも、失くすこともなく、
クローゼットに場所をとらず、断捨離で捨てちゃうこともない。

ある意味一生ものになったりする。



ということで、この前の誕生日に行って来たのが『アマン東京』のホテルスパ。
ホテルスパ好きを自称する私としては、一度は行っておきたいところ。





この日は誕生日ということで特別にツインスイートを使わせて頂きました。





アマン東京スパ』のバースデー特別プランとしては、
90分のトリートメントにプラスして、通常は使えないプールも使えるということ。





都心のホテルとしては最大級の30mプール。
水深は1.4mと深く、身長165センチの私がつま先立ちでやっと顔が出る程度。





天井もどーんと8メートル以上あり高い!



「トリートメントは夕刻ですが、何時からいらしても構いません。
 お好きなだけプールやお風呂で寛いで下さいませ。(^_^)」とのこと。





ということでお昼に来て、夜までゆっくりこのホテルで過ごしました。





そして翌日からは普段通りに忙しい日常。。



でも頭の中だけはこのアマン東京のスパのプールサイドで、
のんびり昼寝をしていた映像を流していたりします。



見た目には誰にもわからない、仕事中の秘密の逃避行。





プレゼントは物より体験がある意味お得! かも知れません。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

休日の朝。


開放的な気分で向かえる、お休みの日の朝。

先日泊まった、マンダリンオリエンタル東京では、
早めに起きて、朝日を浴びながらスパのお風呂でゆったり。



そして朝食はオリエンタルラウンジで優雅なひと時。



ロブスターのエッグベネフィクト。
家では間違ってもありえない豪華な朝食。





たまにはそんな特別な日のお休みもいいです。



もちろん普段のお休みの日は、家族みんなで朝寝坊。

ふたりと一羽の家族3人で川の字になってすやすや。。

横を向くととこんな感じ↓



川の字と言っても真ん中はほぼ点。
球体のようになって可愛く寝てる。



たまに目を開けてあくびなんかしてる、そんな姿もまた可愛い。



家族が平和に寝ている、そんな姿に癒されながら、
もう一度眠りに付く休日の朝がたまらなく好きです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バレンタインデーのボウリング。

小林あゆみちゃんのバレンタインデーチャレンジ。

久々に一人で優勝しました。



今月初めて参加の公認ゲーム。夜の部は33名の参加。
スコアは225、265、200、207で897の224アベ。

奇跡的に全部200アップ。
ほぼ月いちボウラーでこのスコアなら、めちゃくちゃ上出来。


昨年末のイヤリーチャンピオン大会の雪辱を、
ここではらすことが出来た感じです。

あの時と同じ3ゲームまでは690でトップ。

『2度目のイヤリーチャンピオン』の文字が頭にちらついて、
最後に自分に負けて、あの時は160で終了でした。。



結局自分に制限をかけているのは自分なんですよね。
今回は最後までこけず、何とか持ちこたえました。

相方とダブルスでの優勝は何度かしていましたが、
ピンでの優勝&ハイゲームは、ホントに覚えていないくらい久しぶりです。



この日は相方と二人でワンツーフィニッシュ。

そんな二人で組んでの三恵ボウル、バレンタインスカッチダブルス。
さぞかし打ったのでは? いえいえ全然。。



二人揃って、おそろしくぱっとしないスコアで終了でした。




スカッチ1ゲーム目は私がなかなか1投目を譲れず、
2ゲーム目は相方がなかなか1本飛ばず。。

二人でこの日ぐらい打てたら良かったんですがね。



先日の新春プロアマダブルスであゆみちゃんと組んだ相方。
この日はどうしてもカッコよく優勝したかったところ。

それもよりによって月いちボウラーの私ごときに負けて、
2位に留まったのは相当悔しかったようで。。

「まあまあ、今日は私がコーヒーでもごちそうしますからっ!(^〇^)☆」

「当たり前だ。(ーー;)」

なぜかちょっと快感。


たまに投げて、たまたま打てたのはすごく嬉しい。

でもたまにしか投げないから、身体がりきむのか。
翌日あちこち身体がよれよれになるのがちょっとしんどい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダイナースクラブカード。

だんながダイナースクラブカードに入ることになった。



『平カードがプラチナカード』という、変わったクレジットカード。

ひと昔前は医者や弁護士などのハイクラスな人しか作れないと
言われていた時代もあったけど今は違う。

27歳以上で年収が500万以上。
クレヒスに問題がなければ誰でも入れるらしい。

だんなは一応会社経営者。でもまだ開業してたったの2年。

昔は10年以上とかの基準があったそうだけど、
今はだいぶ緩和されたもよう。



何年か前にうちに他社のプラチナカードのインビテーションが来た時、
「高い年会費払って見栄張ってもしょうがない。」と思い結局入らすゴールドのまま。

私にとって大事なのは、ステータスじゃなくて実利。

高い年会費の元を取って、さらにその上で得があるかどうか。
そこなんです。



だんなの仕事柄、業界ではこのダイナースに入っている方が多い。

通常、事業用決済ではクレジットカードが使えないことが多いのに、
なぜか 『ダイナースだけは可』 となっていることがある特殊な業界。



ダイナースもいろんな種類があるけど、この『銀座ダイナースカード』は
他のに比べもっともお得度が高い。





通常のものでも、レストラン1名様料金で2名分のお食事とか、
ホテルの部屋のアップグレードとかはある。



それ以外に銀座の高級ラウンジで、毎日無料でコーヒーと高級菓子を頂けるとか、
東京の大丸のラウンジでもゆったりコーヒーを頂けるなどの特典も大きい。

 

他にも資生堂パーラーのコーヒーとケーキのセットの券が年に2回もらえて、
ダイナースプレミアム(いわゆるブラックカード)並みのメリットもあったりする。

 

空港ラウンジも国内海外550ヶ所で利用できるそうだけど、
こちらは今のところあまり使わなそう。

でも銀座ならたまに行くし、仕事帰りに寄ることもできそう。

高い年会費の元はあっという間に取れる。
(らしい。。なにせ、まだ使ったことないので。)



今回私は家族カードとしてこのダイナースを使うことになったけど、
実際のところ私一人でも審査は通ったと思う。

ただ私一人では高い年会費の元を取るほどはきっと使いこなせない。

だんなの会社の事業用決済にもポイントが付くというのが大きい。

「ちなみにこんなのもありますが、ご参考までに。」
と営業の方が差し出したダイナースプレミアムの案内状。



年会費13万。。!?
当たり前ですが、インビ来ても入りません。。


そして今日、このダイナースカードがうちに届いた。



見た目はシンプルな普通のクレジットカード。

「いつかはダイナース」なんて言葉が流行った時もあったけど、
昔は絶対自分には縁のないカードだと思っていた。

この年になってまたひとつ、大人の階段を昇った気がしました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ふるさと納税 豊富町アイスクリーム。

12月におこなったふるさと納税の返礼品。

本日やっと北海道豊富町からアイスクリームが届きました☆
全体の3分の1の量でこれです↓



12個入りのプレミアムアイスが、3ヶ月連続でお届けのコースをひとつ選択。



3万ずつ全部で6万円寄付し、その分税金が安くなるので実質負担は2000円。
毎月のお給料から引かれる税金が少なくなり、手取りがちょっと増えた感じ。


もうひとつは前回と同じ近江牛の特選肉500グラム。



一昨年はふるさと納税自体が初体験。
勤務先の会社のおすすめでこれを2つ選びました。

でもでも、どうでしょう。
上等なお肉は一点豪華主義でせいぜい2回に分けて食べて終わり。

でもアイスクリームなら2,3日に1つずつ食べれば、
なんと3ヶ月間も楽しめるのです☆

さっそくひとつ、頂いてみました。

「むちゃくちゃ美味しいっ☆」

北海道特選の牛乳で作られたアイスクリームは、
まさにカラダに良い健康食品としか思えない美味しさ。



成分をみると乳脂肪分はなんと16%!
アイスクリームにさっぱり感は求めていません。

濃厚なミルクの味わいが口の中で溶けていきました。
まさに高級プレミアムアイスクリームの分類です。

お正月に泊まった日本橋のマンダリンオリエンタルホテル東京



その1階に『千疋屋総本店』があり、そこで買って部屋で食べた、
ひとつ432円の高級アイスクリームでも乳脂肪分は13%。



それでもすごく美味しいと思いましたが、正直それ以上でした。

この3ヶ月連続でお届けのアイスクリームは、
ふるさと納税の返礼品の中でも人気が高いのには納得です。

来年もこの企画があれば、もちろんリピ決定です。

だって、このプレミアムアイスクリームがひとつ、
実質負担たったの27円ですよ!

(ちなみに普通におとりよせをすると12個で5400円。
 ひとつ450円くらいですね。)

東京の市町村の税収が少なくなる懸念よりも、女は実利を選びます。

この納税制度、ちょっとおかしいんじゃないかと心配になるくらいに
こんなにお得なふるさと納税。

やらない手はないと思いませんか?

おやつの時間がいつもよりちょっと幸せになります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

傘寿のお祝いパーティー。

「えー、この歳で! 葬式以外のめでたい親族の集まりは本当に嬉しいことです!」

とお兄様の乾杯のごあいさつ。

お義父様の傘寿のお祝いで親族大集合。



先日私たち二人で新宿界隈をあちこち巡り、
やっとの思いで会場をおさえ、無事この日を迎えることができました。





50階からの景色は圧巻でした。



声をかけた親族が誰一人欠けることなく全員参加。
お義父様の弟家族と合わせ、20名。



本当に仲の良い一族です。

姪っ子たちやいとこがダンスやバレエを習っていることもあり、
両足180度開脚のできるひとが20名中4名も!



(もちろん私はカラダが固くて、せいぜい90度。。)

お義父様たちにとっては将来有望な孫たちがたくさんいます。

フルコースのお料理もボリュームがあって、
盛り付けも美しく本当に美味しかったです。



前菜にスープ、パン、魚料理に肉料理。デザートにコーヒー。
これにシャンパンやドリンクがついてお値段5500円。



しかもこの展望にホテルオークラ系列の満点なサービス。
コスパは最高でしたね。

おじ様家族から、お父様へ素敵な花束と
黄色い風呂敷に包まれたプレゼント。



開けてみると。。





お誕生日と名前の入った金箔入りの一升瓶!

材料は感謝の気持ちで愛情100%
隠し味は妻の愛。

世界に一つの特注品。
いとこのセンスの良さに脱帽です!

「どこでこんなのみつけたの!?」
「ネットで探したらいいのがあったの☆」

これはさすがに盛り上がりました。


楽しいひと時が終わりお店を後に。
最後にまた親族で集合写真を撮ることに。

だんなのいとこのご主人が持参した360度カメラで撮影。
20名で手をつないだ円陣がこちら↓



親族の集合写真でこれって、やっぱ珍しいですかね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年のお正月。

「今年はいろいろサクッとやるぞ。」と
予定いっぱいで始まった今年のお正月。



元旦は我が家で初日の出を拝んだあと、私の実家へ新年のご挨拶。



私がお嫁に行く前は、料理はすべて母任せだった父が、
今ではかなり凝った料理まで自分で作るようになったとか。

豚の角煮、筑前煮、カキフライまでお手製で。

お正月はお雑煮や、昆布巻き、マカロニサラダと、
美味しくご馳走して頂きました。

料理をしている父の姿を全く見たことなく育ったので、
良くぞここまでと驚きました。

ちなみに我が家では、おせちはいつも高島屋にお世話になっております。
特に今年は出かけっぱなしの予定。お雑煮くらいは作ります。



2日は毎年恒例でだんなの実家に家族10人が集まるのですが、
今年は海外赴任中の義兄夫婦がいないので、ちょっと少ない感じ。



恒例の海老とホタテときのこのマリネサラダは私のお手製。
お母様は今年もたくさんのご馳走を振舞って下さいました。

そして、我が家の新しい家族のぴかりちゃんも同行。



「あ。インコが肩に乗ってる!」
「触ってもいいですか?」「なでてもいいですか?」

と、初詣で行った神社ではたくさんの方に声をかけられました。
姪っ子たちも肩にの乗せて楽しそうでした。



こんな時いつもうちのぴかりちゃんは、おとなしくいい子にしています。

「三つ子の魂百まで」とは良く言ったもので、
まだヨチヨチのヒナのころから、手の上で挿し餌をして育てたので、
当時は毎朝5時起きで大変でしたが、おかげでよく人に懐いています。


先日うちに遊びに来ただんなの学生時代の後輩もオカメを飼っていて、
「こんなに触りまくったのは久しぶり。」
「こんなに慣れているオカメは珍しい。」とのこと。

親ばかですが、「やっぱりうちのコが一番可愛い!!」と確信したのでした。



3日4日は、一度泊まってみたかったホテル、
マンダリンオリエンタル東京』に宿泊。





スパやレストランには来たことがありましたが、宿泊は初めて。
この優美な空間のホテル、一度泊まってみたかったんです~。



お正月という事もあり、ロビーはいつもよりかなり賑わっていましたが、
念願叶ってとても優雅で贅沢な時間を過ごすことができました。





なんといっても圧倒されたのは、たまたま通されたマンダリンのバーの特等席。

入ろうと思っていたオリエンタルラウンジがいっぱいだったので、
宿泊者特典かどうか特別こちらへどうぞとのこと。



それなりに敷居の高いホテルのバーなのに、夜遅くまで賑わっていて満席でした。

ショーケースにディスプレイされたお酒がきらきらと本当に美しくて圧巻。



「これはお客様のボトルキープのお酒の一部でございます。」

この他にまだ400本以上あるとのこと。
ボトルの預かり料だって毎月発生するのに、しかもそんなにたくさん!?



なんとも言えない贅沢な空間に身をおき、
得たいの知れないパワーを吸収。

こんなに素敵な空間なのに、人がいっぱいで写真が撮れない!

なので明け方4時に部屋のベッドから抜け出して、
準備中のところを特別に撮影させて頂きました。
(これも宿泊者の特権!)



高級なお酒と磨き上げられた美しいグラスがずらりと並ぶ、
ホテルのバーの雰囲気は富の気をたくさん感じられて大好きです。



「私もこんなところにボトルチャージとかしてみたいわ。」

バーの雰囲気はとても好きだけど、
ただ残念ながら、私はお酒が飲めないのよね。。



今年のお正月は本当に貴重な体験ができました。
いい年になりそうです。

これからも、ちょっと背伸びしてやってみたいこと、
一歩踏み出していけたらと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年 明けました☆

明けましておめでとうございます☆

毎年恒例、我が家から撮った初日の出の写真です。

新しい一年の幕開けを、今年も寝癖あたまとパジャマにハイヒール姿で、
心穏やかな気持ちでみることができました。


人生で一度はやってみたいことをひとつずつ達成するために、
今年はもっと思い切って、一歩を踏み出してみようと思います。

自分に最大の制限をかけているのは自分だと、
最近身を持って感じました。

もっとゆるい気持ちで、時を積み重ねていけたらと思います。



新年早々、この日記に目を通して下さりありがとうございます。

皆さまにとって、2017年が素晴らしい一年になりますよう、
心から心から、お祈り申し上げます。

今年は酉年。



今年4回目の酉おんな。。じゃなかった、年女になります。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします☆



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年12月のまとめ。

人生で一度は体験してみたいこと。

と思っていた事を、今年はちょっと背伸びしてやってこられた年でした。



ただ年々仕事も忙しくなり、その上やることも多くなると、
日記にまとめる時間がホントないんですね~。。

お正月休みにはまとめてできるかなと思いきや、予定のない日は大晦日のみ。

唯一目覚ましをかけなくていい一日なのに、朝6時から活動開始。
年を重ねるごとに、体力を挽回する時間もかかるというのに。

来年には少しずつ、まとめていきたいところです。



今月に入ってから、あっちやこっちの実家の家族を連れて、
六本木ヒルズの展望台には3回ものぼりました。

ここ3ヶ月の間にヒルズの展望台にはなんと9回も。
(これももちろん人生初!)

いくら高いところが好きな私でもだんだん鈍感になってきました。
でもこの『鈍感になる感覚』というのは、昔からすると贅沢な感覚だなと思います。





28日に二人でやっと仕事納めをして、翌日29日に打ち上げ。

来年1月に親戚20名を招くパーティーの会場選びを兼ねて、新宿のホテルへ。



よく行く小田急ホテルサザンタワーのレストラン。
残念ながら、和洋中3件あるレストランとも1月29日は予約でいっぱい。。

下見のつもりがお食事だけして帰って来ました。



義兄が海外赴任から帰ってくる唯一の日曜日なので、日にちは変えられない。

そこそこの料金でそこそこちゃんとしたサービスをしてくれるホテル。
しかも親族が集まりやすい新宿となると早くから予約が埋まってしまうのか。



その後はタクシーを5回も乗ってあっちこっちと会場をあたってみました。

一日で5回もタクシーを拾ったのは人生初!?
ハイアットリージェンシー、プリンス、ヒルトン。

もちろん一人ン万円もするプランなら取れるけど、
6千円ぐらいで収めるとなるとどこもだめ。

途中ホテルのロビーでひとやすみしながら一休のプランで検索。



いいかなと思って足を運んでみると、ネットの写真では綺麗に見えても、
レストランは雑居ビルの中とか。。

とても人をお招きするのには向いてないレストランも数多く、
結局10件以上のお店を堂々巡りすることに。

「パーティーを予定しているので、一度お店の中を拝見したいのですが。」

という事で普段は足を踏み入れないようなお店の中も堂々と?
個室や大部屋なども見させて頂きました。

こういう機会も滅多にないので、これはこれで楽しかったです。



知らないお店をネットで予約するだけなら簡単だけど、
実際に行ってみないとわからないことがたくさんあるなと。

この日はとても勉強になりました。



最終的には駅から3分ほど離れた高層ビルの50階にあるレストランを予約。



新宿は高層ビルもたくさんあり、東京モード学園なみに変わった形のビルくらいでないと、
どれも似たような形なのでわかりづらいかとも思いましたが、ここに決定。



ホテルとは違い、ビジネスタワービルなので華やかさはありませんが、
50階なのでうっとりするほど展望の良いレストランです。



今月に入って同じハイヒールのかかとを3回も交換。
(ひと月で3回、これも人生初?)

10分歩くくらいならすぐタクシーを多用する私ですが、
建物の中とかは使えないので、今月は本当によく歩きました。

新宿は西口と東口ではまったく違う世界。
(個人的には西口方面が好きです。)

今年あった大きな変化といえば、ぴかりちゃんが我が家にやってきたことです。

甘えん坊で手がかかるけど、とても可愛くて癒されます。



何はともあれ、今年も無事に年が明けそうです。

この日記に目を通して下さった皆様、
どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月のふるさと納税。

昨年に引き続き、今年も暮れに来てぎりぎりふるさと納税を実施。

自己負担2000円のみで、自分にお歳暮を選んで贈るような感覚。



15万円のふるさと納税をした人も、1万円のふるさと納税をした人も、
自己負担額は2000円。で残りが見返りの返礼品になる。

ということは、高額所得者の方がお得な仕組み。
うらやましい。。

シュミレーションによると私なら8万円ぐらいなら大丈夫そうだけど、
それも結構な額なので今年も昨年と同じく6万円を納税。

昨年のふるさとポイントの残り半分で自分では滅多に買わない、
近江牛の特選肉をチョイスし、贅沢なすき焼きにして頂きました。



今年の返礼品はやっぱりこの高級なお肉に3万円分と、もうひとつ。
北海道の生乳アイスクリームをチョイス。

3ヶ月連続でいろんな種類のアイスクリームが届けられるそうです。

どんな感じで届けられるのか、今から楽しみ。



今年の12月は、仕事もプライベートも本当に忙しくて、
年末に来てやっと少し息がつける感じ。

おせちも注文し、来年のカレンダーの準備も万端。
もういつ年を越えても悔いはない。

年賀状も大掃除もとっくに終わらせて、クローゼットルームの断捨離も決行。



ボウリングのユニフォーム、ごっそり20着ほど処分しました。

確か2年前にも20着ほど処分した記憶があり、
それでもまだ着きれないほどたくさんある。


ネームも入れて1枚あたり結構な費用をかけたユニフォーム。
それぞれいろんな思い出も詰まっていてもったいないと思うものもある。

やっぱりそれなりに『流行りすたり』があるので、
いくら物持ちがいい私でも、「今この服はちょっとね。。」的なものも多く、
それらは思い切って処分。

ただ一人で作ったものはさっさと処分できても、
仲間やチームでそろえたものは、なかなか踏ん切りがつかずうーん。。

こういうのはお互いに申し合わせて決めるしかないですね。



引き出しの中がすっきりすると、家の中の見た目は変わらなくても心は気分爽快。

「今日は何か捨てるものはないかしら。」

本当に大事なお気に入りのものだけ、厳選してそばにおいておきたい。



六本木のけやき坂のイルミネーション。
今月は先月までと違い、うって変わってすごい人!





でもすごく綺麗でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クリスマスイブイブのボウリング。

最近は気楽な月いちボウラー化。
一応ボウリングは、ギリギリやめてはいないっていうところ。

それもそのほとんどが相方におんぶに抱っこで助けてもらってのダブルス戦。



トミコシではリーグ以外のダブルストーナメント自体が少なく、
二人の予定が合う時は相方に三恵ボウルに連れて行ってもらいます。

ボウリングに使う筋肉がごっそり落ちている私と、
よく組んで投げてくれるなぁ~と感謝しきりの次第です。。



ハンデも無しで、しかも筋力も無し。

プロチームには惜しくも9ピン及びませんでしたが、
それでも相方に引っ張られ、この日は3位入賞。



相方と一緒でないとこの順位はないので、申し訳ない気持ちになりながらも、
すっかり甘えきって助けられてのボウリングです。



そしてこの夜はトミコシに帰ってマンスリープロチャレンジに参加。
今月最初で最後の公認ゲーム。




スコアは198、233、193で624の208アベ。

同じボックスの神田プロの勝利者賞を獲得。
たまーにしか投げなくて4の字ならがっかりだけど、このスコアなら十分上出来。

翌日の筋肉痛も『楽しんだ証し』と思えば心地良いけど、
そうでなければ心も身体も痛いだけで救いようがなく、さらにボウリングから遠のきそう。

年内はあと、イヤリーチャンピオンの資格があるみたいだからそれで投げ納め。



ノルマでゲーム数を投げていた時より、気ままな今の方がボウリングが楽しい。

仕事もきっとそうなのかな。
気ままに好きな時に楽しめるくらいならちょうどいいのに。

今はただ、目覚まし時計のいらないお正月休みが、ただただ待ち遠しい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ