標高330mのモノローグ

富士山の10分の1、東京23区最高峰の10倍の山間に暮らして20年。地域の自然や思いを綴ります。

ブログのマナーはどう判断したらよいのか

2017-07-06 20:08:25 | 日記
私はブログを書き始めて間もないのですが。今日のテレビを観ていて、ブログを書くマナーについて考えさせられました。

というのは

最近テレビでブログ、ツイッターやユーチューブなどの記事が話題なります。今日のテレビでも芸能界のことですが、週刊誌の報道と相まって大いに話題になっています。

今日の内容は、自己主張が強く、相手(個人、会社)を実名入りで非難しているブログとユーチューブの内容です。でも、テレビでは非難などマナーのことはほとんど触れられず、ブログとユーチューブに一方的な主張をアップした人と非難された人の言い分が違うということで、論じられています。マナー違反だという発言は、聞き逃しがしていなければ、なかったと思う。

しかし、かくいう私も昨日川柳として、風刺的な句をつぶやきました。これもマナー違反なのでしょうか?心配です。

実名入りでないのでいいではないか?とか、風刺なのでよいのではないか?というのは、独りよがりの言い訳なのでしょうか。

ペットボトルやプラスチックは捨てないで持ち帰るが、食べようとしてこぼしたクッキーのかけらは、土に還るからいいやとそのままにする。風刺もこれと一緒でしょうか。

TPOをわきまえるという言葉があります。この語源は日本人が発想し、時(Time)、場所(Place)、場合(Occasion)という英語の頭文字で、時、場所、場合に応じた服装等の使い分けという意味だそうです。服装、特にフォーマルな場合は、万人が知る明確なマナーがあります。しかし、コミュニケーションは相手との関係もあり、定まったものはないのではないでしょうか。自分で考え、判断して対応することが必要となりそうです。

能面

喜怒哀楽のすべてを現すという。ひるがえって,見ている私の有様を映しているようです。マナーについてもその良し悪しを見られているような気がします。

明快な正答が出そうもありません。気を取り直して、明日からもつぶやきを続けよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドビートのスムージーを飲む | トップ | 今シーズン初めての朝顔が咲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL