標高330mのモノローグ

富士山の10分の1、東京23区最高峰の10倍の山間に暮らして20年。地域の自然や思いを綴ります。

ハチの巣退治

2017-06-18 19:21:04 | 日記
  白く見えるのが蜂の子


サツキの刈込はまだ1/3ほどしかやっていませんが、今日は休みです。昨日刈ったサツキを眺めながら家の周囲を探索していたら、あしながバチが低空で舞っていました。早速チェックすると、ウッドデッキを覆う屋根の軒下に、3センチほどの幅、長さの巣がありました。親バチが巣穴を一つひとつチェックしている様子。10分ほどして親バチが飛び去ったので殺虫剤をかけ駆除しました。でも拡大してみたら、何匹かの蜂の子がいて微かに動いていた。
ちょっぴり悲しい。親バチと蜂の子さんごめんなさい。


  ギンパイソウ(銀盃草)


いつの間にか玄関へのアプローチの際に咲きだした。毎年葉が出始めたころは雑草だと思い込み、抜いては妻にしかられます。「銀盃さん今後は歩く場所には咲かないようにね」

  ペチュニア


知り合いから頂いた苗から咲き始めました。朝顔に似ています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サツキの刈込み | トップ | 半世紀前のらせん人形 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL